« August 2004 | Main | October 2004 »

September 30, 2004

バイキング

・バイキング-りょうり【―料理】

多種類の料理を食卓に並べ、客が自分で好みのものを皿に取り分けて好きなだけ食べる形式の料理。スウェーデンのパーティー料理の形式を取り入れ、日本で命名したもの。

ばいきんぐ

お好みの品をお好きなだけお取り下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ATOK for Linux

[新製品]ジャストシステム、Linux対応の「一太郎」と「ATOK」を発売〔asahi.com〕

職場の総務課のサーバマシンがLinuxなんですけど、FEPに妙な癖があるようなのでこっそり導入してみようかな?財務関係の処理に使っているだけなので、業務課で測量設計技師でなんちゃってネットワーク管理者の私はあまり触れる機会が無いんですが。

家の半自作機にもTurboLinuxをいれてあって時々触ってみたりもしてますが、パーソナルユースに使うOSとしては遊べるソフトが少ないというのが難点で、AdobeファルコムアリスソフトがLinux対応のソフトを出してくれればすぐにでもメインPCに導入するんだけどなぁ(笑

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 29, 2004

a la carte

・アラカルト 【(フランス) a la carte】

〔献立表によって,の意〕
メニューから好みの物を選んで注文する料理。一品料理。

ア・ラ・カルト

ご注文はお決まりですか?


| | Comments (4) | TrackBack (1)

September 28, 2004

メイドさん占い

メイドさん占い〔ネタ元:あちこち〕

早速やってみました。

UTさんは めがねメイドさん です!

● めがねメイドさんさんのあなたは、着実に一歩一歩進む、努力型の人です。根気よく物事をこなしてゆけるので、周囲からの信頼はかなりのもの。そんなあなたなので、時にはたくさんの頼みごとがかかえがちでもあります。たまには断ることを練習してみてもいいかも。
自分は努力型なのですが、他人に対しては寛容で、だらしない相手などにも、厳しい顔を見せられない面があります。そのせいで他人の尻ぬぐいを引き受けることも多いことが特徴です。物事に集中しすぎて、自分から視野を狭めてしまうこともあります。たまには少し遠くから、自分を客観的に見てみるといいでしょう。

● UTさんの心のふるさとは、地中海です。

………これか?(笑

『あなたのメイドさん傾向を占います』と言うのが趣旨の占いのようですが、属性値を暴露する占いなのかと思ってビックリしましたにょ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オリジナルサイズ

以前、本家の方で展示した眼鏡っ娘ウェイトレスのトップ絵〔本家ギャラリー〕壁紙〔Archives壁紙ページ〕にしてみた事があるのですが、一応サイズとしては800*600から1600*1200まで4種類用意させてもらったものの、実はオリジナルのサイズは2800*2100という中途半端かつ無駄に大きなシロモノで、こんな中途半端で無駄に大きな画像を必要な方っているのかなと本家の方で書いてみたところ、印刷用データとして使ってみたいという方がいらっしゃったので公開してみる事に。

本来本家の方で扱うべき更新内容なのですが、なんでまたこちらで公開しているかというと、公開用にJPEGとBMPの画像を用意してみたらBMPの方がLZHに圧縮しても9MB近くあるというファイルサイズになってしまい、本家のHPスペースにはそんなふざけたシロモノを置く余裕は無いため、比較的容量に余裕のあるこちらで公開してみる事になりました。

以下、JPEGとBMP(を圧縮したもの)の画像ファイル。

utwall17_l.jpg(1654KB)

utwall17_bmp.lzh(7836KB)

たいがいのモニタでは一画面で表示できないであろう十分にデカい画像ではありますが、商業的印刷を前提に描かれる絵というのはおそらくもっとデカいのでしょう。『まこみし文庫SP版』でカラー口絵を描かせてもらいましたが、印刷解像度が600dpiとので2669*4276のサイズで描いた絵が新書版の大きさでした。上の壁紙を同じように600dpiで印刷すると118*89mm、官製はがきより一回り小さいサイズになります。

元々、紙メディアへの出力を考えずに絵を描いていて、PC上での作業性の都合で上のファイルのようなサイズになるのですが、実際にWEB上に展示する際には50~20%くらいのサイズに縮小して展示する場合がほとんどです。細かな描き込みが潰れてしまう事も多く、絵を描いた人間としてはオリジナルサイズの画像も見てもらいたいなぁという欲求もありました。が、如何せんJPEGにしても1MB超えるようなファイルを本家のスペースに置くと、あっという間に容量が足りなくなるし、閲覧側の環境を考えればあまり意味が無いようにも思えます。

『印刷用』というのは半分冗談なので、普段私がどれくらいのサイズというか解像度というか密度で絵を描いているか興味があると言う方にしか用の無いデータなのかもしれません。

*追記(2005年2月8日)
サーバスペース節約のため、BMPファイルは削除いたしました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 24, 2004

レス>おりたさん

おりたさん書くところの『強制終了三姉妹』SSへ反応。

人の噂は七十五日。/latest AFTERWORDS.2664.09.22.

>んっとにもー手癖の悪い人でさー、しかもなんかタイプミス多いのよこっち。
>あたしその度ばんばか叩かれちゃって、そうそうそれで聞いてよ本当にもう! 
>八つ当たりっていうか、キーボード壊すんじゃないのって勢いであたしのこと叩くのよ。
>間違えてんのはあんたであってキーボードのせいじゃないでしょって、
>いっぺん問い詰めてやりたいわ小一時間くらい

なんか聞きようによっては微妙にエロい台詞ですが、キータッチの手癖の悪い人というのは確かにいる。
私自身、スペースキーを左手の親指で探るように押すので幅広のキーの左側だけ手垢が付いているし、職場で使っていたキュッパチはテンキーの「1」と「3」がヘタってしまい自腹で買い換えたという経歴も持つ。さらには私の職場に全部のキータッチがむやみやたらと力一杯な人がいて、その振動が隣に位置する私の机にまで伝わって来るくらいなのですが、どういうワケかその人のPCは作業途中に『原因不明』のエラーで固まることが多くて、それは決してそのPCのOSが『Windows me』だからだけではないはずだと思うのだが。

それから通信プロトコルで遠く離れたPCのコントロールさんとデリートさんが会話しているという発想が面白いです。
『強制終了三姉妹』がキーボードの個々のキーとそのファンクションの萌え擬人化だと考えると、擬人化されたキャラの具現化はそれだけの萌え妄想力を備えたユーザー個々の環境で起こりうる現象であり、ネットワーク環境化にあるPC(とそこから具現化したキャラ)であれば相互に交信を図る事もあり得るのかも。

もう一つ興味深いのは、おりはさんの書いた『こまんど・おるたねいしょん』

>あのね、どんなマシンだって個性があるの。どれもこれも同じじゃないの。解る?
>そもそもフォルダの奥にあれやこれやの萌え萌え画像ファイルが総計5G超えてるよーな
>ダメ人間ロリオタプー(未定)のハードディスクから具現化したわたしが
>こうならないという道理があろうか!!

という記述があるように、具現化される際の姿というのは個々のユーザーの趣味嗜好やHDの中身に左右されるであろう事ではないだろうか?先日描いたアイコン等はフォルダの奥のあれやこれやの画像ファイルが10GB超えてるよーな私の趣味嗜好に応じてああなったのだけど、環境によっては違う姿で具現化してくる三姉妹もいる事であろう。全員眼鏡っ娘とか全員ニーソ着用とか全員こっとんぱんつとか。


ふぁむ・ふぁたる?/latest AFTERWORDS.2664.09.22.

眼鏡2Kたん(・∀・)イイ!!

…というか19インチで1920*1440の解像度は流石に見づらいのでは?
私も職場のデスクトップを17インチで1600*1200で使っていて、他の人間から散々文句を言われてますが。でもそれだけないと作業領域確保できないんだから仕方ないじゃないかーっ、文句が有るんだったら21インチのモニタ買ってよー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

HD増設

お絵描き用メインマシンのHDを増設しました。

既に3年程使っている機体で元々のHD容量が40GB。絵描き専用で使う事を前提に買ったのでそんなにむやみやたらとファイルが貯まる事はなかろうと思っていたら、年間に制作するCG関連のファイルがここ数年は10GB近くあったり、資料用にあちこちから集めてきた画像も同じくらいあったりして、ここ半年くらいHDが慢性的な飽和状態にあり、時々古いファイルからCD-Rにバックアップして削除しては空き容量を確保していたのですが、どうかして100MB超えるような新規ファイルを保存しようとして容量が足りないという事が何度かあったので、思い切ってHDを増設してみました。

今回増設したのはSeagate社の『ST3120022A』
120GBで7200rpmでバッファ2MB。
決して最新機種ではないけど、CG制作過程のデータ置き場として使うには妥当なところか。どうせならシリアルATAとか考えたりもしましたが、値段と性能の折り合いのついたのがこの辺でした。

仕事帰りにPC屋に寄ってHDを買い、晩飯を食べてから8時頃から増設作業に入ったのですが………なんだか恐ろしくあっさり作業完了。実質作業時間35分。そのうち25分は論理ドライブのフォーマットにかかった時間なので画面見てただけ。
最近はゲーム用に使っている自作マシンを弄らなくなっていたし、買ってきたPCもデフォルト装備のHDが十分に大容量だったので増設する機会もあまりなく、実はOSがXPになってからHD増設をするのは初めてでした。HD増設の作業自体もここ2年くらいやった事が無く、久し振りだからちょっと手こずるかなと思っていたら、一度の再起動をかける手間すら要らず、ましてやコマンドプロンプトなんてモノを呼び出す必要も無く、ウィザード化された手順でただもう淡々と作業が進んでしまい、むしろ拍子抜け。機械いじりが好きなハードオタにとってはいささか達成感というかカタルシスに欠けると云うか………まぁ、そんなモノ有り過ぎても困るのですが。

今回の増設作業で一番手間だったのは、『机の上にPCをバラすスペースを確保する』事でした。

取りあえずCG関連のファイルを、ついでにバックアップを取ったりしながら増設したHDに移動作業中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2004

何を分かっていると云うのでしょう?

先日のコミックマーケット66に参加した際の事である。

会場入りしてまずはせいるさんのところに挨拶に伺って『SP版』を受け取り、しばらく立ち話や立ち読みをさせてもらっていたのですが、不意に隣りに気配を感じ『あ、お客さんかな?』と思ってスペース前を空けて改めて気配のあった方を見ると、そこには美汐さんのコスプレらしき格好をした怪しい人物が立っていた。

『らしき格好』というのにはワケがあって、最初に目に飛び込んできたのがやけにてかてかしたピンク色のカツラで、それがまた脱色してどピンクに染めた髪にオバサンパーマをあてたような髪型で、次に服装に目を向けると確かに全体の印象としては『Kanon』の制服っぽいのだけど私の脳内RGB値より紫がかった色合いで、その制服を着ている人物が私と同じくらい身長(170cm前後)がありそうで痩せ型だけど肩幅はがっちりしていて腰から尻にかけてのラインもずどんとした直線でややがに股で有り体に言えば男の方で制服の丈が短すぎて下に穿いているショートパンツ(あるいはトランクス)が見えてしまっていて、『違うだろ、漢だったら女の子用のしまぱんを穿けよ』とか思ったりもして、実のところすぐには美汐さんのコスプレだとは認識できなかったのである。

が、よくよく見るとその人物は膝上10cmくらいのニーソックスを着用しており、その他の構成要素と併せて考えるとどうやらソレは美汐さんのコスプレのようであると結論づけたのある。

美汐さん=ニーソックス。ニーソックス=美汐さん。

他の構成要素が多少アレでもそれが美汐さんである事を視覚的に印象づける最大の要素というかむしろ必須条件。他の構成要素が多少アレだったけどかのコスプレの方もよく分かっている方だったのだなぁと目を合わせないように横目で見ながら頷くのであった。

いったいこのかたたちはわたしのなにをわかっているというのでしょう?

いや、少なくともニーソックスのえらい人はそう考えていると思うのだが。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

続レス>アイコン化

さらに反応。

ファーストインプレッションは貞子。〔柊屋敷/2004.09.22.〕

柊さんのSSというのは初めて読んだような気がしますが、ほのかにせいるさんの毒素が(笑
主人公が男性で無いのが新鮮な感じ。それでもダメオタなお兄ちゃんは出てくるのですね。

…ところで、後書きの方で私に対するイメージが語られていますが、私はその辺によくいる中肉中背で髭面眼鏡でちょっと心臓が頻発性規外収縮してるだけのナイスガイ(笑)なんですけどねぇ。


某・網走る人(←和訳)に食い物にされないウチに、特許を!〔陰陽龍/2004.09.21.〕

万が一そういう事態になったら………『コマンド+オプション+エスケープ』に改名する予定です(笑

それ以前に、特許権を持っているのってデビッド・ブラッドレイ氏だと思うし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2004

レス>アイコン化

反応してみる。

i 罠 B wiθ U。/latest AFTERWORDS.2664.09.20.

>もちろんおりたくんの思惑としては、
>このHTMLファイルをブラウザで表示した誰かのWindowsが停止するように、
>要は他人に対して罠を仕掛けてるつもりだったワケですが、
>ちょうど画像を3枚全部貼り込み終えた絶妙のタイミングで、
>おーじぇ(おりたさんのPC)が例の画面再描画失敗から死に至る病の発作を起こして沈黙(爆)。
>随分長いこと発作起こしてなかったのに。

ああ、よくありますよね、そういう事。いわゆる身から出たさb(ry


>そんなこんなでいろいろ霊験あらたかなお三方のアイコン画像は
>UTさんとこにて絶惨絶賛公開中。

アイコンをシールにしてキートップに貼ると御利益が増すとか(笑


ちょっとだけフォロー/みしおにっき.2004.09.21.

>わたしはそういうネタだとは分かってますが、
>そういう書き方をすると誤解される方が絶対出るのでフォローを。

>問題が発生するのはあくまで不具合を突く不正なデータを含むJPEGファイルであって、
>そういうものを含まない正常なJPEG画像ファイルは読み込んでも大丈夫です。

フォローありがとうございます>おざきさん
もちろんあの一文は分かっている人向けのネタだったのですけど、『JPEG 強制終了』とかで検索して来た方もいるようなので、やはりフォローはしておいた方が良かったもよう。

それ以前に、今回のアイコン化の記事を扱ってくださったニュースサイトの方が何ヶ所かあって、そちらから流れてきた訪問者の方も結構いらしたのですが、ネタの流れが分からない方にはさぞかしわけの分からないアイコンだったに違いないよなぁ。おそらく、『Ctrl+Alt+Delって何ですか?』っていう、ある意味とてもシヤワセな疑問を持った方もいるのでは。もちろん、知らない方がシヤワセな事ってのも世の中にはたくさんあって、『強制終了三姉妹』のお世話にならずにすむのが一番シヤワセにちが…うわなにをするやm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アイコン化

ふと思いついてアイコン化してみました。

・Ctrl
ctrl_icon.gif

・Alt
alt_icon.gif

・Del
del_icon.gif

一応、本家掲示板の企画に準拠して90*90ピクセルのGIFで作成しましたが、政治的理由でGIFを使えない方やもっと大きい/小さいサイズのアイコンが欲しいという方は、下にあるJPEG画像を加工して利用するのも可。

『ICON』というコンテンツが本家にあるので、本来はそちらで展示公開すべき内容であるようにも思うが、あっちのサイトの訪問者層の大部分はこの手のネタは興味無さそうなのでこちらで公開してみる。一応、本家掲示板には『管理者用アイコン』として登録してありますが、もし利用されたい方はこちらから持っていかれるのが望ましい。

利用規程を示しておくと、

・アイコン式掲示板等の顔アイコンとして利用可。
・使用報告不要。してくだされば嬉しいですが。
・特別不都合が無い限りファイル名はそのままで。
・90*90以外のサイズを希望する方はJPEG画像からリサイズして使用可。
・その際にリサイズ以外の加工を行わない。
・GIF画像はともかくJPEG画像を利用する際は、ネタがネタだけに万が一の事態が起こっても当方は一切関知しない。

こちらが大きいサイズのJPEG画像。

ctrl_icon.jpg
alt_icon.jpg
del_icon.jpg

それから、こちらの捕捉力が足りなくて気がつかなかったのですが、『強制終了三姉妹』ネタでSSを書かれている方が他にもいるよと教えていただいたので、遅まきながらご紹介。

おりはさんのSS『こまんど・おるたねいしょん』双曲線天使(仮題)2004/9/15

やまぐうさんのSS『三戸物語』やまぐうのページ2004/9/14

『ヴァーチャルネット天使ちゃんアルト100,000,014才』を含む『強制終了三姉妹』は過去何度か絵を描いたりはしていたものの、ネタ自体は一発ネタなので、実のところ私自身の中では『もう終わったネタ』として扱われていたのですが、せいるさんSSを書かれた事で『強制終了三姉妹』という文字列のイメージが一人歩きしていろんな方に伝播してカタチを為して行くのを見るのはとても興味深い現象でした。

Ctrl+Alt+Delというキーボード操作を開発したデビッド・ブラッドレイ氏の言葉に、

『Ctrl+Alt+Delを考えたのは私だが、有名にしたのはビル・ゲイツ氏だ』

というのがありますが、差詰め、

『強制終了三姉妹をを考えたのは私だが、萌え擬人化したのはせいる氏だ』

と言ったところか。なにしろ数枚のラクガキがあっただけの『強制終了三姉妹』にぱんつ描写まで組み込んでしまったくらいだし。

もう終わったネタだと思ってた『強制終了三姉妹』でしたが、思わぬところでウケたりしているようで、もうこうなったら『萌え擬人化』キャラとして目指すのは○ッ○○○○ーに無許可で使用されるくらいメジャーになる事だろうか?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 20, 2004

メガネスキーオデコスキー

今日もラクガキから一枚。

めがねすきーおでこすきー

メガネスキーオデコスキー。
こういうダメな絵を描いている時が一番楽しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

設定変更とか

先週は『萌えヒットゾーン』関連と『強制終了三姉妹』関連とネタ色の強い更新が多かったのでアクセス数も妙に多いような気がしました。普通に更新していた本家よりアクセス多いってどういう事だよ(笑

さて。

以前から常日頃そうではないかと思ってましたが、トップページに表示される記事数が5件だと古い記事が読みにくいというご指摘をいただいたので、表示件数を10件にしてみる。
ブログの特徴として動的で自由度の高い過去記事のカテゴライズ機能が上げられると思うのですが、『ココログ』のカテゴリー分けは最低限の機能はあるものの、『Movable Type』に見られるようなプラグイン等を利用して徹底してカスタマイズ可能なカテゴライズ機能は備えていない。そのためトップページに表示されなくなった記事が非常に探しづらいように思えるのだけど、まぁ、ホスティング・サービス型のブログでは致し方無いところか。

ついでにリンクをいろいろ追加してみる。
絵描きの人のサイトもテキストの人のサイトもごっちゃに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2004

ばりゅ子ちゃん

わくさんのニューマシン 「VALUESTAR G タイプTX」擬人化

「水冷」ってそういう意味だったのか(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2004

今日のらくがき

今日は一日絵描きして過ごしました。
頼まれている絵とか、急いで描く必要のある絵があるわけでもないので、
筆の赴くまままざくざくと。

utd040918.png

カタログの写真を見ながら描くのも好きですけど、
脳味噌からにじみ出してくるモノを描き留めてみただけみたいに描くのも好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2004

Tシャツ&ジーンズ

引き続き通販カタログを見ながらラクガキ。

てぃーしゃつとじーんず

カタログの写真だとどうしても『モデル立ち』のありきたりなポーズが多いのでちょっとアングルをつけて描いてみる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feel on the wind.

ついでに。

「月は東に日は西に」第十話「もう一人の自分」/latest AFTERWORDS.2664.09.16.

の下の方、

>この枠の何が楽しみって「WindのOPがヴォーカル笠原弘子」ってトコだけと
>言ってしまっても今やまったく過言ではないワケで、

まったくもって同意。
アニメの方は観てない(というか静岡でやってたかな?)ですけど、CDで激しく聴いてます。

笠原弘子さんといえばずいぶん長いこと私内部で一番の女性声優さんで、ここ数年で坂本真綾さんにその座を奪われましたが、それはともかく、歌手としても大好きで、特に初期の松宮恭子さんプロデュースのコンセプチュアルなアルバムは○○○○(事情により検閲)のCDを質に入れてでも買え、と思ってます。『カフェ・パラダイス』とか『MADRIGAL』とか。

「Feel on the wind.」は久しぶりに笠原弘子さんの声の可愛さが押し出されている楽曲で和まされます。
「Wind」のアニメに興味が無い人も是非。


ところで、笠原弘子さんが演じた役で真っ先に思い出すのが、『究極超人あ~る』の『大戸島さんご』役という人は私を含めて結構いそうな気がするのですが、どうなんだろう?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ぁぉうと

更に反応してみる。

「Alt」の続き。/latest AFTERWORDS.2664.09.16.

「Alt」の続きの続き。/latest AFTERWORDS.2664.09.16.

トピックが『Alt』キーの呼び方に関する話題から瀬戸内海地方における英語発音の特徴にシフトしつつあります(笑

それはともかく、各所での『Alt』キーの呼び方の違いの話題を見ていて思うのは、英語発音の代替表記としてカタカナを使う事の問題性です。

「Alt」の続きの続き。の中に『Alt』の発音を

>{「あ」と「お」の中間音}ると。

>「ぁぉると」?(笑)

と表記して笑いを取っている一節があります。
上の例の場合はひらがなを用いていますが、私たちが日本語の文章を記述する際に、日本語の中に取り入れられた英語(をはじめとする全ての外国語)の単語をカタカナで表記するのが当たり前になっています。これは文章の中で用いられる外来語が外来語であることを明確に示すために取られるようになった手法で、記述言語としての日本語の柔軟性を示す証拠でもありますが、日本人が外国語を、特に発音を学ぶ上での阻害要因の一つになっていると私は考えます。

例えば英語の「a」の発音は、実際の音に近いカタカナ表記をすると

「ェア」

であったり、

「ェヤ」

であったりするのですが、日本語の中でカタカナ表記される場合は単純に「ア」と表記されるのが一般的です。さらには日本語の中で「ア」と表記される発音には「o」や「u」も含まれる事ありますが、これを実際の音に近いカタカナ表記をすると、

「ォゥア」

であったり、

口と鼻から同時に息を吐きながら「ア」(表記不能)

であったりします。
また英語の「th」の子音は日本語にはありませんし、「r」と「l」の発音の違いもカタカナでは表記できません。他の外国語に目を向けると、スペイン語の巻き舌で音を転がすように発音する「r」の子音や、フランス語の唇を突き出して発音する一連の母音など、カタカナ表記の不可能な音は数多くあります。中国語の「シ」の発音など4種類か5種類あるとも言われています。

このように日本語には無い様々な母音や子音を持つ全ての外国語を、十把一絡げにカタカナで表記してしまう、してしまえるというのは、記述言語としての日本語の優れた特徴の一つではありますが、物心ついた時からカタカナ表記された英語をはじめとする様々な外国語に触れて育ち、中学生くらいから義務教育で英語を習い始めた頃にはテキストブックにカタカナでルビ振って「ジス イズ ア ペン」と発音するのが当たり前になっている日本人には、なるほど正しい英語発音が身に付くはずはないよなぁ、と思う次第です。

正しい(というか最も近しい)発音の表記としては『発音記号』というモノもあって、英和辞書などを見ればちゃんと単語毎に音節の区切りまで分かるように記載してあるのですが、実際の教育の現場における『発音記号』のないがしろにされっ振りは目に余るモノがあります。おそらくは中高6年間英語を学んでも「発音記号ってナニ?」という学生サンも多かろうと思われます。

外国語をカタカナ表記するという手法は大変合理的な一面もあるし、今更変えようとしても変えようがないのでしょうけど、せめて『Alt』キーの呼び方についての微妙な祖語が無くなる程度には、発音中心とする外国語教育の重視と外来語のカタカナ表記の見直しをしても良いのではないかと、一連のトピックを通じて感じました。

………もっとも、瀬戸内海地方の方やせいる読みをされる方の事までは文部科学省でも面倒見きれないと思いますが(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2004

ストライプシャツ

昨日に引き続き、今日も通販カタログ眺めながらラクガキ。

すとらいぷしゃつ

真正面からの顔はどうにも上手く描けないので、ちょっと首を傾けてたりして逃げてみたり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

萌え擬人化キーボード

もう少しだけ『強制終了三姉妹』ネタを引っ張ってみる。

独り言以外の何か(仮)/2004-09-14 から、

>もはや萌え擬人化は一つ一つのキーにまで及んでいる!という話。
>擬人化というのは日本人ならではの文化なのかな。万物に神は宿るとか。

我々の属するオタ・カルチャーにおいて、無生物である『物』を萌えの対象とするために『女の子』に擬人化して『○○たん』などと呼称する事を『萌え擬人化』と言うそうですが、なるほど『強制終了三姉妹』も確かに『萌え擬人化』に含まれるのかもしれない。
ネタを思いついた当初は、『Ctrl+Alt+Del』のキーボード操作によって実行される任意のタスクを強制終了させるソースコードの擬人化、のつもりでいたのだけど、せいるさんのSSおりたさんのSSから受ける印象は紛れもなく一つ一つのキーとそのファンクションの擬人化であるように思う。ぱんつ描写まであるくらいだし。

だとすれば他のキーの萌え擬人化というのも可能なのだろうか?
日本には古くから『万物には八百万の神が宿る』という考え方がありますが、キーボードの場合はさしずめ『百八の神』だろうか?いや『百九』だっけ?

全てのキーを萌え擬人化してキートップに顔アイコンを貼り付けたキーボードとか作ったら………無刻印のHappy Hacking Keyboardより使いづらいだろうなぁ、きっと(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2004

ストラップレス

昨日仕事帰りに書店に立ち寄って結局何も買わずに店頭の通販カタログをもらってきてつらつらと眺めていたら下着のカタログのモデルの子と下着がとても可愛かったので描いてみるー。

すとらっぷれす

でも描いてみたらなんだか別人だったので別人のまま描いてみるー。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

おるたねーしょんきー

「ところで」latest AFTERWORDS.2664.09.13.

>「Alt」を「おるた」と読んでるのはもしかして僕だけでしょうか?(^^;;;

反応してみる。

実は私も学生の頃までは「alternation」の英語の発音「おるたねーしょん」に準じて、「おるたキー」または「おーるとキー」と呼んでいたのですけど、就職して職場にPCが普及してうやむやのうちにネットワーク管理者兼PC全般トラブルバスターになってたりして職場のあまりPCに詳しくない人間に「Alt」を絡めたキーボードショートカットを説明したりするのに、「おるた」とか「おーると」と言ってもすぐにはそれが「Alt」の英語発音だと理解してもらえず、仕方なく「あると」とか「えーえるてぃーって緑色で印字されている一番下の段のキー」と呼んでいたら、総務課のS女史が「そんなキーどこにも無いです」と言うので無理矢理なキー配置のノートPCでも使っているのかなと思ってS女史のPCを見たら標準的なキー配置だったけど「Alt」の印字色が水色でこれだから富○○のPCは嫌いなんだとかいう事が何度かあって、職場内統一呼称としては「あるとキー」または「えーえるてぃーって緑色か水色で印字されている一番下の段のキー」というのが定着してます。

「ヴァーチャルネット天使ちゃんアルト100,000,014歳」のネタを思いついた時にも発音をどうするべきかちょっとだけ悩みましたが、女性名としては「あると」というのが一番きれいだと思ったのでそのまま「あると」と呼んでます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 14, 2004

強制終了三姉妹

奇しくもせいるさんおりたさんが『強制終了三姉妹』をネタにしたSSを書いて下さったのでご紹介。

せいるさんのSS「例外エラーが発生しました」
おりたさんのSS「Wと悲劇。」

もともとは本家サイトのトップを入れ替える『一日HP』の企画として『ヴァーチャルネット天使ちゃんアルト100,000,014歳』というネタを思いついて一日だけ某ヴァーチャルネットアイドルサイトの真似事をしてみた事があったのですが、その時に描いたアルトの絵が自分でも割と気に入っていて、企画終了後も何度かラクガキを描いてみたりしているうちに、キーボードの『Alt』キーからとった名前だからついでに『Ctrl』という姉と『Del』という妹がいる事にして三人揃って『強制終了三姉妹』というネタにすれば、Windows使いにとっては身につまされるネタだけに一部の人の痛くて乾いた笑いが得られるに違いない、と考えて作ってみたキャラでした。

ただ、各キャラの人格付け等を考えていたら、『Alt』は元ネタのVNIを踏襲して天真爛漫で毒舌家、『Ctrl』はおっとりしていて包容力があって毒舌家、『Del』は世間知らずで恐いモノ知らずで毒舌家と、ボケ役のいない漫才トリオみたいになりそうだったので、ネタとしては保留しておいて時々描いているラクガキを本家サイトやこちらのブログで公開するに留めておきました。

お二方の書かれたSSを読ませていただくと、元ネタを考えた私以上に人格付け等を考えられていて、公開されている数少ない絵からあれだけの発想ができるSS書きさんていうのは流石だなぁと思います。それともよほど身につまされた経験があるのか。

お二方のSSを読み比べてみると、どちらも『モニタの中から女の子が出てくる』という描写があるのが興味深いです。

漫画の分類において『ドラえもん』等を原典とする、平凡な主人公のところに、異世界からトラブルメーカー的なキャラが現れ、居候なり同居生活をすることにより主人公の日常に非日常が持ち込まれ、それによって巻き起こるドタバタを描く『居候漫画』と呼ばれるモノがありますが、これはライトノベルやPCゲームなどにもよく使われるテンプレートとして捉えることができます。お二方ともそちらの方面には深い造詣をお持ちでしょうし、『Ctrl』『Alt』『Del』というPCに関わるネーミングからも『PC或いは電脳世界にいるキャラ』という連想もしやすかったのだと思いますが、正直私自身は彼女達が『外に出てくる瞬間』というのは考えた事が無かったので、二人のSS書きの方が、主人公のキーボード操作を通じて彼女達が具現化する過程を書かれているのがとても印象に残りました。

せいるさんは『Alt』に『ボク属性』を付加して書かれてますが………やられました。盲点でした。今後の『Alt』の人格(?)形成に影響がありそうです。ヘンな口癖とかついてたり特定の食べ物に異様に執着するようになってたり。

それから、どんな時にもぱんつ描写を忘れないせいるさんの姿勢はある意味立派だと思います。

おりたさんはコントちゃ…『Ctrl』姉さんを書いて下さって、私は『Ctrl』姉さんの事を『おっとりとした上品な口調でサックリ黒い発言を撒き散らす○ル○○○○』だと考えていて、脳内ではCVに○○喜○○さんのお声をあてているのだけど、でもそれだといろんな意味で恐いので、CVは長崎みなみお姉さんにしておこうかなと思っているのですが、おりたさんの書く『Ctrl』姉さんもいろいろ鬱屈したモノがありそうで楽しげです。こういう人は普段めったに怒ったりしないけど怒り出すと怒りのあまり自分の怒りの指向性すら見失ってしまって、はたから見てればそこが可愛かったりするのだろうけど、怒られている本人にとってはなすすべもなく怒られるしかない天災みたいなモノなのだろう、きっと。でもCVが○○喜○○さんだったら怒られるのもいいかもしれない(爆

元々「どうせ一日しか使わないネタだから」と、あまり細かい事を考えず筆任せに描いたところのあるキャラ達で、後から細かい部分を考えてもテキスト化したりせず「こんな感じかな」と時々ラクガキを描いてみたりするだけで、考えている事の全部が絵で表現できているわけでもなく、そんな中途半端なイメージの羅列とおそらくは『強制終了三姉妹』という文字列のインパクトだけでSSを書いて下さるのは絵描き冥利につきます。
改めて、せいるさん、おりたさん、ありがとうございました。

きょうせいしゅうりょうさんしまい

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 13, 2004

アナフィラキー症状とメガネスキー症状

金曜(10日)の話なのですが、仕事で市内の山林を調査測量して歩いていた時に、一緒に歩いていた職場の同僚のK谷(仮名)が地面にクロスズメバチの巣があるのに気が付かず、うっかりと巣を踏み抜き数十匹のクロスズメバチに刺されるという事故がありました。
蜂に刺された時に一番怖いのは「アナフィラキーショック」です。
これは一種の抗原抗体(アレルギー)反応で、蜂に一度刺された時に体に入った蜂のタンパク質系の毒(抗原)に対する抗体ができ、次に刺された時に毒(抗原)に対して抗体が激しく反応してショック症状を起こす事を言います。
このアナフィラキーショックの程度は人によってまちまちで、一匹の蜂に刺されただけで重度のショックに陥り死んでしまう方もいれば、まったく症状の出ない体質の方もいます。
K谷(仮名)はかなり重度の「アナフィラキーショック」を起こしやすい体質でした。脚や腕など十数ヶ所を刺されており、刺された場所を強くつまんで毒を吸い出す、洗い流す等の処置をしたものの、5分ほどで腕や顔を中心に発疹が出始め、目眩、頭痛を訴え出しました。幸い、意識がなくなるまでは行かなかったので、歩いて5分ほどのところに停めてあった車に戻り、ただちに病院に向かいました。
車の無線で事務所に連絡し、職場の指定医に症状を説明したところ、緊急病院に運んだ方が良いとの判断で、赤十字病院の緊急救命センターに搬送することに。現場から緊急救命センターまで約30分。助手席に横たわったK谷(仮名)は、意識こそはっきりとしているものの、発疹は全身に拡がり、息苦しさや発熱から来る喉の渇きを訴えたりとかなり症状が悪化して来ており、正直運転していて気が気ではありませんでした。
可能な限り交通法規に目をつぶって緊急救命センターに駆けつけ、待機してくれていた医師に連れられ同僚は治療室へ。とりあえず後は医者のお仕事なので、ふっと気が抜けて待合室のソファに座り込んだら、なにやら右腕が痛い。作業着をめくってみると上腕部に2箇所ゴルフボールくらいの大きさに腫れ上がっているところがありました。ああ、そう言えば追い払っている時にそのあたりを刺されたっけなぁ、と思い出して遅まきながら傷口から毒を吸い出してみたり、洗面所で洗ってみたり。どうも私はクロスズメバチに刺されてもクロスズメバチに刺された程度にしか感じない体質らしいです。
15分ほどすると緊急処置が終わったというので治療室に呼ばれます。治療室に入るとストレッチャーに横たわり毛布にくるまれているK谷(仮名)と、担当らしい医師と二人の看護婦が目に入ります。K谷(仮名)の様子を見ると発疹も幾分治まり、呼吸も安定しています。医師の話では、やはりK谷(仮名)は「アナフィラキーショック」を起こしやすい体質だそうで、刺された箇所も多くすぐに応急処置をして病院に連れてきてくれて良かったとの事。今は抗ヒスタミン剤(抗原抗体反応を抑える薬)の投与で症状は安定しているが、今後急に症状が悪化する事も考えられるのでしばらく安静にしているようにとの指示を受けます。K谷(仮名)本人も意識ははっきりしており、刺されたのがちょうどお昼前で2人とも食事前だったので「そう言えば腹が減りましたねぇ」などと笑って見せる余裕もあり、私もどうにか一安心して周りを見る余裕が出てきます。
看護婦さんが2人いて、K谷(仮名)に点滴の針を打っているところだったのですが、2人の着ている制服が違います。1人はちょっと年配の看護婦でもう1人はかなり若い、というか胸元を見たら『研修生』の名札が付いてました。看護学校の研修生のようです。更に重要な事に、彼女は、眼鏡をかけていました。今度は私の方に「メガネスキー症状」が発症し始めます。彼女はもう1人の年配の看護婦に指導を受けているようで、K谷(仮名)の腕にたどたどしい手つきで点滴の針を突き立てています。

一瞬、

『こいつ(K谷)、いっその事このまま長期入院でもしねぇかな?そしたら看護婦さんを観察するついでに毎日見舞いに来てやるのに』

ピンク黒い考えが頭をよぎります。
残念ながら幸い、K谷(仮名)は2時間程ストレッチャーで休んだら体調が回復したのでそのまま退院となりましたが、休んでいる間他の緊急患者を看て回る看護婦さんをじっくりと観察して過ごしました。一度K谷(仮名)の様子を見に研修生の子が戻って来た時に、刺されて腫れていた右腕を見せたところ、「うわ~、痛くないんですか?」「いや、見ての通り痛いって」「平気なんですか?」「痛いだけだし。別に何ともない」「へ~、刺されても平気な人は平気なんですね」と微妙な会話の後「一応、お薬塗っておきます?」と言うので、まぁ今から塗っても大差ないよなぁと思いつつも、眼鏡っ娘看護婦に薬を塗ってもらえればクロスズメバチに刺された甲斐もあろうというもの。右腕と、待っている間に刺されているのに気が付いた背中にも膏薬を塗ってもらいました。なんか凄い得した気分でした。

utd040913.png

………とまぁ、笑い話にできるのもK谷(仮名)がとりあえず無事だったからで、下手をすると昨日か今日あたりがK谷(仮名)の葬儀で、職場を代表して別れの挨拶をする立場になっていたかもしれない事を考えると今でも肝が冷えます。今年は7月8月に好天続きで蜂の繁殖も盛んで山間部の現場で蜂を見る機会も多いです。一匹の蜂に刺されただけでアナフィラキーショックを起こして死んでしまう方もいるそうですので、皆さんも蜂にはお気をつけて。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 12, 2004

あんよさんの日記

昨日の萌えヒットゾーンのネタ元であるあんよさんの日記で、反応のあった各所の萌えヒットゾーンを列挙されているのでご紹介。

あんよさんの日記:2004年9月11日『ぐわらぐわきーん』

皆さん割と正直にご自分の萌えヒットゾーンを書いて披露されているようで、私みたいに『ネタ』として瞬間的な笑いを優先してしまったシロモノまで一緒に紹介されているのが申し訳なく。
正直すぎるのも人としてどうかとは思いますが(笑

捕捉ありがとうございました、あんよさん。

ちなみに、私の萌えヒットゾーンに使った絵は本家で展示している絵の下描きの絵でした。見比べてみるのも一興。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2004

萌えヒットゾーン

萌えヒットゾーン〔ページの終わりまで〕

Stressful Angelさん経由→みしおにっきさんからのネタ。
とりあえず塗ってみました。

みしおぞーん

ヒットゾーンは広いです。
ただし球種は選びます。
眼鏡をかけていれば言うことはありません。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 09, 2004

飛火野耀の本

カトゆー家断絶さんの9月7日のログに『消えたライトノベル作家 飛火野耀』(Editide Slash Blog)という記事を見つけて、本棚から飛火野耀さんの『もうひとつの夏へ』(角川スニーカー文庫)を引っ張り出して読んでます。

飛火野耀さんの作品で私が唯一持っているのが『もうひとつの夏へ』で、表紙絵が岡崎武史さんだったからというライトノベルを選ぶ理由としてはごくごくな真っ当な理由で買ったのですが、読み終わった後でもなんだかそのまま読み捨ててしまうには忍びず、かと言ってどこがどう素晴らしいという適切な表現も見つけられず、どう評価していいのか分からないまま本棚の隅に置かれて数年に一度読み返してみるのだけど、やっぱり評価の言葉が見つからず、売り払う気にもなれず捨てる事もできず、手汗でカバーがボロボロになるくらい何度も読んだのに、ちっとも『読み切った』気になれない。だからまた後で読もうと本棚に戻される。

自分の表現力が足りないだけなのかもしれないけど、他に類を見ないが故にどうにも評価しにくいのだけどどこか引っかかるモノを感じる、というのが案外適切な評価なのではないかとこの頃は思ったりもする。

とりあえず、もう一度読み返して何が何処に引っかかっているのかもう一度考えてみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 08, 2004

過去の遺物

「過去の遺物」になるフロッピー〔ITmediaニュース〕

完全になくなっちゃたらそれなりに寂しさというか感慨もあるかもしれないけど、実際私のノートPCにもFDD付いてないけど全く不都合無く使っているのだよなぁ(^^;
おそらく緊急用メディアとしてはまだまだ需要があるのだろうけど。特にWindows環境では(爆

そう言えば、ウチの職場の別部署で使っているオラクル・ベースのデータ管理ソフトは、役所提出用書式の保存先が何故か「A:¥」にデフォルトで固定されていて関係者に大不評なのだけど、なんでそんなバカチンな仕様にしたの?と開発者に聞いてみたところ、書式提出先でクライアントである役所の要望だったそうな。

お役所仕事もフロッピーディスクもなかなか無くなりそうにありませんねぇ(笑

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 05, 2004

「まこみし文庫・SP版」通販のお知らせ

「まこみし文庫・SP版」のカラー口絵のネームというかラフみたいなモノ。

utd040905.png

先日のコミックマーケット66において頒布された「まこみし文庫・SP版」では、村人。さんのSSに挿絵を描かせてもらうと共に、4Pのカラー口絵を描かせていただきました。
一応、漫画のような感じで描いてはいるものの、もともと漫画形式の絵を描いた経験が皆無だったため、ネーム(のようなモノ)を描く段階から難産で、最初に描いたネームはちゃんとストーリーモノにしようとしたものの4Pに収めるのは無理と悟って没、次に描いたのは浴衣とぱんつネタでしたがこれもごちゃごちゃと詰め込みすぎて没、収録されている絵のネームが出来上がって線画のクリンナップが終わったのが本文の入稿日当日という体たらくでした。その節は大変ご迷惑をおかけしました、せいるさん。
本文の入稿からカラー原稿の入稿までは多少余裕があると伺っていたのですが、正直「多少の余裕」でカラー4Pは自業自得ながらキツいところ。まぁ、最悪の場合は無理矢理「夏休み休暇」を入れて作業に充てようかと思っていましたが、色塗りの作業は2日間、実質8時間程度しかかかりませんでした。普段描く絵に比べれば色塗りの手数も簡略化しているとはいえ、色塗り2日目の深夜など体はへろへろに疲れていて気を抜くと寝落ちしそうだったのに、絵描き人格が全開で励起してしまっていて、ほとんど自動筆記な状態でした。実のところ、完成した絵を見ても自分で描いた絵には間違いないのですが、自分がどういう筆の運びをして描いたものなのか記憶が定かでない部分もあったりして、見るたびに不思議な感覚に襲われます。

そんなUTの人がチャクラ全開で描いたカラー口絵も収録された「まこみし文庫・SP版」は現在メロンブックにて販売中(直通リンク
コミケに参加出来なかった方も是非。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« August 2004 | Main | October 2004 »