« いろいろ設定変更 | Main | もしも、アリスソフトが、韓国のゲームメーカーだったら。 »

February 04, 2005

グイン・サーガ通読

年が明けてから一ヶ月以上経ってから今年の目標もないと思いますが、一応、今年の個人的な目標の一つとして

「グイン・サーガ百巻通読」

というのを掲げています。
実は正月明けからちまちま読み始めているので現在十四巻目。既刊は外伝含め全巻揃っているのだけど、ちょっとブランクがあって読んでない巻とか、読み進めるのに忍びない巻とかもあるので途中ペースは落ちるかもしれませんが、多分年末ぐらいには百巻目が出ているのではないかと予想しているので、ちょうど一年かけて百巻読めるくらいのペースではないかと思う。

読み始めるにあたって既刊を全部揃えて本棚に並べて見たのですが、一~三十巻くらいまではずっと初版で買ってたんだなぁ。姉と交替で買って回し読みしていて、自分の番で表紙の絵がちょっと気に入らなかったりすると物凄い悔しかったり。表紙絵の変遷を眺めているだけでも、いろんな人の思い出が走馬燈のようにバッタバッタと脳裡をよぎります。

物語そのものは、百巻で第一部だとか二百巻構成だとか作者自身がいろいろ言っているみたいですが、とりあえずの区切りの百巻まで一年かけて一気に読んでみようと思います。

………ま、機会があれば、「ペ○ー・○ーダン」通読とかも興味がないでもないですが、流石にネタでやるには無謀な試みだと思うので、来世になったら一生かけて挑んでみようかと(笑

|

« いろいろ設定変更 | Main | もしも、アリスソフトが、韓国のゲームメーカーだったら。 »

Comments

最近は「銀河乞食軍団」までしか読んでいない魚屋です。

>「ペリー・ロー団・シリーズ」
>「グイン・サーガ」

グイン・サーガはいとこのお姉さんから受け継ぎ、近々年下の従兄弟に「伝承する」予定です。
ついでに…ということではありませんが
「こ●亀」「あぶ◎ん」「ゴ●ゴ13」も相伝する予定。

長い年月に渡り継続する作品は伝統と格式によって次の世代に受け継がれるものだと思います。

…しかしながいですねぇ
松本零●先生の作品もかなり長いな

Posted by: 魚屋海乃輔 | February 05, 2005 12:22 PM

巻数が多いと通読するだけで大仕事ですな。

しかしだからといって新井素子とか田中芳樹とか佐藤大輔とか読者を何年も待たせる人の本ばかり読んでると何度も何度も何度も通読してしまったりorz

Posted by: take | February 06, 2005 02:37 AM

あ○さんは球団がソ○ト○ンクになっても続くらしい…いい加減休ませてやってもいいのではないかと思うのですが。

それはともかく。

大仕事というか一大事業ですね(笑
しっかりとした施行計画と工程管理表でも作っておかないとあっさり頓挫しそう。

「銀英伝」くらい何度も読み返していると、主要人物が何巻のどのあたりで出てくるか大概把握しているので、特定の人物だけ追いかけて「カール・グスタフ・ケンプ読み」とか「ルビンスキー読み」とか出来て違う楽しさもありますが(笑

Posted by: UT | February 08, 2005 12:13 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference グイン・サーガ通読:

» http://azulog.cocolog-nifty.com/azu/2005/02/post_18.html [ゼンマイ式_azulog]
早いもので、もう99巻よ。 「グイン・サーガ」の存在を知ったのは中学生の頃。 友 [Read More]

Tracked on February 20, 2005 11:53 PM

« いろいろ設定変更 | Main | もしも、アリスソフトが、韓国のゲームメーカーだったら。 »