« 大人の女性と少女の共時性 | Main | 今日のラクガキ »

April 24, 2005

たけのこがひぐちいちようにばけた

筍が樋口一葉に化けた。

今日は朝から家の竹林のタケノコ掘りをしたのですが、昼前に午前中に掘った分を背負子に入れてえっちらおっちらと竹林から自宅までの道を歩いて戻る途中、後ろから私を追い越していった一台の車が、追い越してすぐのところで停まりました。運転していた五十絡みのオジサンがこちらを見ています。私が車の停まったところまで行くとオジサンが声をかけてきます。

オジサン「それは、タケノコかね?」
私「そうですよ」
オジサン「珍しいねぇ、悪いけど1,2個分けてもらえるかな?」

幸い今日の収穫は充分に、というかどう見てもご近所に分けて回らないと捌ききれないくらいに掘れたので1,2個と言わず持っていた肥料袋に入るだけ入れて持たせてやりました。

オジサン「いやぁ、悪いねぇ。最近は掘ったばっかりのタケノコなんて珍しいからねぇ」

そんな事はありません。我が家では毎日タケノコづくしです。

オジサン「ありがとうね。これ、少ないけど取っておいて」

と言ってオジサンは財布から一枚お札を出すと私に手渡します。
いかに珍しいとはいえ、加工前のタケノコ肥料袋一杯分約15㎏。
漱石さんが相場かなと内心思いつつ遠慮するのも悪いので「すみませんねぇ」と愛想笑いを浮かべながら受け取ろうとすると、色が違います。よく見ると樋口さんでした。

私「えっ」

流石に焦ります。
今までも家で食べきれないタケノコをご近所にお裾分けすると、肉や魚や缶ビールの6本パックに化けて戻って来たことは時々ありましたが、まさか樋口一葉に化けようとは!

流石にそのまま受け取るのは悪い気がするので、急いで家に戻ってアク抜き用の米糠を取ってきて一緒に渡してやります。(それまで気がつかなかったけど)助手席に乗っていた奥さん(と思しきオバサン)もありがとうと深々とお辞儀をします。

う~ん、そんなに珍しいモノなのか、タケノコ(皮付き、土付き)

タケノコ(皮付き、土付き)

本日の収穫(一部)

皮むき後

皮を剥いて、この後水煮してアク抜き。
晩ご飯のメニューに早速使いました。

タケノコご飯。
タケノコとアラメの煮付け。
タケノコの甘皮とキュウリの酢の物。
タケノコのお吸い物。

季節感溢れる、と言うと聞こえは良いですが、我が家では掘ってきたタケノコが無くなるまでこんな感じの献立が続きます。明日はいただいた樋口さんで鰻でも買ってこようかと思います。

|

« 大人の女性と少女の共時性 | Main | 今日のラクガキ »

Comments

タケノコを皮付きで売ってることなんて、農協の朝市以外ではまず見ないですよね。
スーパーで売ってるのは大体パック詰めされた水煮ですし。

皮付きのタケノコを都会のちみっこに見せたらどんな答えが返ってくるか興味深い今日この頃。(ぇ

Posted by: おざきたくや@美汐.JP | April 25, 2005 06:57 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference たけのこがひぐちいちようにばけた:

« 大人の女性と少女の共時性 | Main | 今日のラクガキ »