« April 2005 | Main | June 2005 »

May 31, 2005

Z分が足りません。

今日は3時から所用で早退の予定で、でも用事自体は1時間もかからずに済むのでせっかくだから映画でも観に行こうかと思ったら静岡ではやってなかった(笑

清水まで観に行くか他の映画でも観てくるか…むぅ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

せかいはつのろけっと

7世紀に「ロケット」開発? 北朝鮮、世界最初と主張〔Sankei Web/2005.05.31.〕

"…高句麗期に製造されたとされるのは噴射推進式の「クァンフィ」。7世紀の唐との合戦で威力を発揮、…"
"同通信は「ロケットのすべての属性を備えた世界最初の『ロケット』は、朝鮮民族の知恵と創造、愛国心を示す貴重な歴史遺物である」としている。"

…どこからツッこんだらいいのか悩みますが、はみ出んばかりの半島イズムに敬礼。今日もネタをありがとう。そのうち戦車や潜水艦や大麻密輸も半島起源で民族の象徴であるニダとか言い出すんだろうなぁ(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2005

タイムボカンBGM集発売

幻の音源を大発掘!『タイムボカン』サントラ、ついに登場!〔CDJournal.com/2005.5.27.〕

"今年で1975年の放映から30周年を迎えたことを記念してリリースされる生誕30周年記念作。今までレコードやCD化されないまま所在不明となっていた劇中BGMのマスターテープを今回新たに発掘し、数々の貴重な音源を約100曲収録予定"

音源を"発掘"というのが当時の楽曲データの扱いを伺わせて泣けます。きっとマスターテープもスコアも未分類のまま十把一絡げに倉庫の片隅に捨て置かれてたりするんだろうなぁ。

楽曲的には主題歌や挿入歌の方がはるかにインパクトが強いので、むしろ歴史的資料としての価値の方が高いのかも。歌モノだけでいいという方には「TWIN BEST タイムボカン 名曲の夕べ」がお薦め。

タイムボカンファンや山本正之ファンの方のみならず全国の女子高生の皆さんも是非(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2005

湯茶式ピンキー改造計画(その2)

その1で造型作業の終わった素体に今度は塗装を施します。
元絵の衣装が白黒のモノトーンなのでそれに準じて塗装。

utd050528_1
塗装と造型がしやすいように腕と脚は切断して別パーツにしてあります。切断面には0.5mmの真鍮線を刺してあらかじめ位置決めをしておくと後で固定位置がずれなくて済みます。

utd050528_2
頭。
その1では適当なパーツを付けておきましたが、元絵のイメージに合うパーツを見繕ってきたのがコレ。前髪と後ろ髪の色が違ってしまっているので色を塗り直します。元絵は黒髪でしたが他のピンキーと互換性を残しておきたいのでチョコレートブラウンっぽい色で塗り直し。顔はPK-010の子が一番男前なのでこれにしてみました。

utd050528_3
塗り終わった状態。
服の模様は面相筆で一発描き。

utd050528_4
この辺がベストアングルか?
「可愛い」ピンキーではなくて「凛々しい」ピンキーを狙ってみましたがどんなモンでしょう?

utd050528_5
後ろ姿。
服とブーツの模様で遊んでみました。
こういうヘンな模様をちまちま描くのは楽しいです。

さて、二回にわたって極々大雑把にピンキー改造の過程を紹介してきましたが、今回の改造にあたって購入した資材は以下のような感じ。

・エポキシパテ 1箱 360円
・コンパウンド 1個 230円
・紙ヤスリ 400番~1,000番 5枚セット 240円
・塗料 5色 110円*5=550円
・筆 平筆から面相筆まで5本くらい 約1,000円
・塗料皿 6枚セット 100円

他にはニッパーやらデザインナイフやら瞬間接着剤やら元々持っていた物もありますが、それを含めても7,000円くらい。もちろん余った資材は次にまた使えるし、造型も塗装も少しくらい失敗したからといってやり直しの効かないモノでもないしむしろ試行錯誤するのが楽しいので、これくらいの出費でまるまる一週間くらい楽しめてブログのネタにもなる(重要)ピンキー改造というのは結構リーズナブルな趣味なのではないかなぁと。

ピンキーをお持ちで余っているパーツをどうしようか思い悩んでいる方はとりあえず色を塗ったりパテ盛ったりして遊んでみましょう。より深い泥沼があなたをお待ちしております(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

DEPAPEPE大人買い

DEPAPEPEのCDを買ってきました。

実を言えば昨日まで彼らの事は全く知らなかったのですが、昨日CD屋に立ち寄ったときに店頭で流していた『Let’s Go!!!』の音に一耳惚れ(?)して速攻でレジへ。そしたら顔馴染みの店員さんが「あ、デパペペ買うんですね。インディーズ盤も出ているけど持ってます?」とニコニコしながら聞いてくるのでええいこのやろーインディーズ盤でも海賊版でも持って来やがれ!とインディーズ・レーベルから出ている3枚のCDも同時購入。インディーズ盤は価格も1200円~1600円くらいなので大人買いしてもそれほど痛い出費ではなかったけど、趣味を読まれてるなぁ(笑

utd050527

アコースティックギターがまるで歌うように奏でるポップ・ロックチューンなナンバーがずらりと並んでいて、PCのスピーカや携帯音楽プレイヤのイヤホンなんかじゃなくて、カーステレオでかき鳴らしながら聞くのが気持ちよさそう。オフィシャルサイトには視聴曲もあるので是非お試しを。

メジャーデビューの『Let’s Go!!!』も先日発売されたばかりでこれからジワジワと人気が拡がりそうで密かに注目してます。興味のある方は是非。

B0001924RWACOUSTIC FRIENDS

B0002LHWN0Sky!Sky!Sky!

B0006FGXDCPassion Of Gradation

thumb-no-imageLet’s Go!!!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2005

今日のスパム

朝から連発でこんなスパムが来てました。
ヘッダからFromとSubjectのみ紹介。

> From: info@not-spam.com
> Subject: ノゾミの望みです。

> From: info@tanin-dong.net
> Subject: 貧乏さん必見”不思議と逆援系が多

> From: info@ocya-do-zo.net
> Subject: 迷惑でなく、誘惑です!!!


内容は割とありがちな出会い系(を装ったフィッシング)スパムで、ヘッダから判断すると同一のISPから送信されている模様。この手のスパムに引っかかる人がどれくらいいて、スパマーの人の収益がどれくらいあるのか分からないけど、ブログのネタ向けとしか思えないような件名やらアドレスやら文面を毎度毎度考え出して楽しませてくれるスパマーの中の人も大変だなぁ。これからも頑張ってください。人の迷惑にならない程度に(笑

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 25, 2005

今日のラクガキ

ラフ絵ノートから。

utd050525
二倍量。

ところで私の絵にいわゆる眼鏡っ娘が多いのは、顔の直近に眼鏡という左右対称で形の整ったオブジェクトを置いて見ることで顔自体のデッサンやバランスの狂いを見出しそれを正す一助とするためであり、今イチ面白味に欠ける絵なんでとりあえず眼鏡かけとけと安易に考えているわけではなく、ましてや眼鏡かけてないと萌えないとか眼鏡かけてないと燃えないとか思っているわけでもない。あくまで理想の絵を追求する過程における必然であるのだがやっぱ眼鏡かけてる方が可愛いよなぁふふふふふとの意想を禁じ得ない胸中を憚りながらも事実であると認めるに吝かでない<ダメな人

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2005

らっぷ・DA・みっしー

ミッシー・E、ニュー・アルバム収録曲の試聴スタート!〔Listen Japan 音楽ニュース/2005.5.23.〕

"…ミッシー本人が制作したトラックをバックに…"

黒人女性ラッパーの人のニュースだっつーのは分かっているけどつい「みっしー」の文字列に反応してしまうのが人の業。だって、みっしー本人制作ですよ?ちなみにリアルみっしーはこんな人

"ディープでインパクトのある顔立ちとキュートな巨体は、一度見たら脳裏に焼きついてイヤでも離れない"

仮にも女性の外見的特徴を形容するにはいささか微妙な表現が並んでますが、言い換えると「女ジャイアン」?ジャイアンボイスでボエボエとラップを歌うみっしーを想像してちょっと萌え。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 19, 2005

orzなコマンド

「orz」、どんなコマンドとして実装しますか? 〔Slashdotに聞け!/2005.05.19.〕

オフィスアプリケーション使っててうっかりF1キー押してしまってHDDをガリガリ言わせて屁の役にも立たないヘルプが立ち上がり始めてガックリな時に「o+r+z」同時押しで問答無用にヘルプのシャットダウンしてくれるソースコード実装を希望>ビル

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2005

だんじょうび

本日、私めの三十六回目誕生日。

三十路の半ばを華麗に飛び魚ターン。


5月18日生まれの有名人にどんな人がいるのかちょっと調べてみたところ、

・槙原 敬之(1969年)

・リック=ウェイクマン(1949年)

・東尾 修(1950年)

・レジー=ジャクソン(1946年)

・故ヨハネ=パウロ2世(1920年)

・寺尾 聰 (1947年)

・飯島 真理(1963年)

・二代目 中村 七之助(1983年)

こんな方達がいました(敬称略)
マッキー、同い年だったのか。
飯島真理さんが誕生日同じというのは以前から知ってましたが、ギャル絵描き人生のフリダシがリン・ミンメイだった身としては微妙に嬉しかったり。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

May 16, 2005

ハイタッチ

ダメな人その4〔みしお日記/2005.5.15.〕から。

一緒に収録されている「ハイタッチ」をフリル付きのロリータっぽい服着て一生懸命歌ってる姿を想像してしm(ガッ

こんな感じ↓か?

mishio_hightouch3

…ありえねぇ(笑

| | Comments (5) | TrackBack (0)

May 14, 2005

ループ

坂本真綾さんのマキシシングル、『ループ』を買ってきました。

タイトル曲の「ループ」はNHKでやっている「ツバサ・クロニクル」のEDだから、というわけでもないのでしょうが、真綾さんにしては珍しい王道(?)なポップナンバーで、よく見たら菅野よう子さんのプロデュースではないのに驚きました。

買って早速車の中で聴いて、家に帰ってから延々聴いてますがちょっと切なげな曲調と歌詞がステキ。特にファンでない人にもお薦め。

B0007WZXZI

ところで、私は「歌手」の坂本真綾さんが好きなのはもちろん、「美汐さんの中の人」としても大好きなので、真綾さんの歌を聴くときに「美汐さんがカラオケかどこかで真綾さんの歌を歌っている」と思って聴きながら一人でニヤニヤしてみたりしています<ダメな人

utd050513

美汐さんは演歌歌っているのも似合いそうですが、「ループ」みたいなちょっと切ないけど決して希望を失わない歌も良いかも。勝手に想像してちょっとホロリ。

| | Comments (5)

May 12, 2005

かみがなくなった

紙がなくなった。

と言ってもトイレの話ではない。
普段ラフ絵描きに使っているノートを使い切ってしまいました。

私はラフ絵を描くのにA4サイズ無地のコクヨのキャンパスノートを使っていて、いつも2,3冊ずつ買って来ては最後の一冊が残り少なくなるとまた買いに行くのですが、先日そろそろ無くなるかなと思っていつも行く文具屋に買いに行ったらたまたま在庫が一冊も無くて、まぁ、またそのうちで良いだろうと思ってたら今日最後のページまで描ききってしまいました。

utd050512_1

コクヨの無地のノートを使い始めたのは本家のサイト用に絵を描き始めてからで、一番古いノートの日付を見たら「2000/06/04~」となってましたのでだいたい5年くらい使っている事になります。ちなみに一番新しい、今日使い切ってしまったノートは20冊目。試しに全部積んでみました。

utd050512_2

utd050512_3

5年間で20冊というのは決して多い数ではなく、ラフ絵をたくさん描く人はもっとたくさん描くだろうし、逆にもっと少ない描画枚数から高確率で作品をモノにする絵描きさんもいるのでしょう。最近では最初っから全部PC上で作業してしまう絵描きさんも少なくないのだろうと思います。

私の場合は、紙の上に筆を滑らせる感覚そのものが好きで、毎日少しずつでも筆を動かして手先の感覚を維持してそのうちなんとなく自分で納得のいく絵が描ける事があってそれをHP用に仕上げる、というパターンが多いのでこれくらいの量になります。

ノートに描いていくと、後で自分の絵を見返したりするのにも便利なのですが、ある程度以上昔の絵になると正視に耐えないモノもあったりして、そんな風に昔の絵が下手に見えるのはそれだけ自分が上達したからなのだと思って自分を慰めています。今描いている絵も、後2,3年もすると見るに堪えなくなるのかなぁ。なっていると良いのだけど。

とりあえず明日時間があればノートを買ってきて更に絵描きに励んでみようと思います。ダラダラと。思いつくまま。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2005

スローミュージック

「スローミュージック」と言っても、45rpmのEPを33+1/3rpmでゆっくり聞く、という事ではない。例えが古いが。

以前、本家の日記に「MP3で音楽を聴くことに対する違和感」について書いた事があって、その時の元テキストがHDDの隅から出てきたので多少加筆訂正してこちらに掲載してみました。

以下本文。


"ここ2,3年、買ってきたCDをMP3に変換してMP3ジュークボックスと化しているゲーム用PCから垂れ流しで聞くことが多くて、それはとても現代的で便利な音楽の聞き方だとは思うのですが、最近は少し思うところあってCDを直接再生して聴くようにしています。

いくつか理由はあるのですが、まずひとつは音質の問題。
CD-DAからMP3にエンコードされた音は、いかに優れたエンコーダを使っていようとも『圧縮された音』という印象が否めず、携帯MP3プレイヤのイヤホンで聞くのには支障は無いかもしれないけど、ちゃんとしたスピーカで音を出して聴くのには向いていない、ように思える。PCに接続しているスピーカが間に合わせのチャチなモノを使っているのも大いに影響があると思いますし、実際には環境次第でそんな事はないのかもしれないけど、総じてMP3の音はオリジナルの音源と比べて『貧しい』ように思える。

自分でお金を出して買ってきた音楽を、わざわざ『貧しい』音に変換して聞くのは、なんだか気持ちまで貧しくなる気がするのだ。

そしてもう一つの問題として、音楽に向き合う『姿勢』の問題。
HDDの中に存在する何千もの音楽ファイルから好きなモノを選んでワンクリックで再生出来るのは、とても便利な事だとは思う。先にPCがジュークボックスと化していると書きましたが、手持ちのCDが現在1,500枚くらいあって置き場にも困っているくらいなので、MP3に変換してCDの出し入れの手間を無くして聴きたい曲をワンクリックで選べるようにしてしたい、というのが私がCD-DA→MP3変換に興味を持ったきっかけだったように思う。

ところがそれが実現されて、好きな曲を椅子から立ち上がる動作すら無しに選べるようになったり、何百何千という楽曲をランダムに何時間もぶっ続けに再生できるようになってみると、『なんかこれは違うんではないか感』が否めなかったりする。

最近とみに何かをしながら、本を読みながらとか絵を描きながら音楽を聴くことが多くなって、音源に気持ちを正対させる機会が少なくなってきていて、MP3をランダム再生なんかしていると特にそれが顕著で、実際のところ今流れている曲が誰の歌で何という曲でどのアルバムに収録されているのかすら気にすることなく聞き流してしまっているように思う。例えば、絵描きの作業を効率よく進めるためのBGMとして音楽を垂れ流すという聴き方はアリだとは思うが、そればっかりというのは真面目に音楽を作っている方達になんだか申し訳ない。もっとちゃんと歌詞を噛み砕いて聴いたり、音と音の間にまで耳を傾ける機会があっても良いと思う。

かつてレコードというメディアで音楽を聴く際には、レコードをジャケットから出して、ターンテーブルに乗せて、レコードを痛めないように優しく針を落とす、という一種儀式めいた手順が必要だったが、その分音楽を聴くことに対して真摯であったように思う。
音楽を再生するメディアがどんどん多様化して便利になって来ている今だからこそあえて、CDをケースから出して、トレイに乗せて、再生ボタンを押すという、あと何年かすると旧式な音楽の聴き方になってしまうかもしれない作業をすることで、真っ正面から音楽を聴く機会が持てるのではないだろうか。

『スローフード』『スローライフ』と同様に『スローミュージック』という音楽の聴き方のスタイルがあっても良いのではないかと思うのだが。"

EOF


…PSPも含めると手元に携帯MP3プレイヤが3つもあったり、持っているCDのうち特によく聴く機会の多い300枚くらいはMP3に変換してPCで聴いたりもしてますが、絵描きのBGMとしてランダム再生してたりすると、以前は本当にその曲が好きだと思って歌詞カードを見ながら何度も繰り返し聴いた歌がかかった時に、一瞬、誰の、何て言う曲だったかすら思い出せない事すらあって、『なんかこれは違うんではないか感』をますます強く感じたりします。

私は家にいる時はほとんど音楽を流しっぱなしにしていますが、一枚のCDが終わった時に次は何を聴こうかとCDラックを眺め回してみたり、そこでちょっと息抜きしてコーヒーを淹れたりするのも音楽を聴く上で大事な儀式なのではないかと、この頃は感じます。

これからもメディアの変遷につれて音楽の聴き方楽しみ方も変わって行くのだろうけど、そんな「スロー」な音楽の聴き方を忘れないで行こうと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2005

Re:Leftover

Leftover〔主砲射撃指揮所/2005.05.03.〕

"…それでいてしっとりとした舌触りを楽しみながら、 栞の『元』彼氏に向かってにっこりと微笑んだ。"

utd050508_1


かおりん、黒いよ、かおりん。

祐一君には姉妹丼ルート発生するくらいのフラグ管理を期待したいところですが、「残り物」にそこまでの甲斐性は無いか(笑

| | Comments (2) | TrackBack (0)

めいしのえ

最近、というかここ二年ほどですが、いわゆるオフで誰かと会う際に必ず名刺を持っていって渡すようにしています。

初対面の方に自分を印象付ける一つの手段というのもありますが、実はその都度名刺裏にネタ絵を描いていってウケを狙うという意味合いもあって、回を重ねる毎にウケ狙いの方が強くなっている感じもします。本家のギャラリーに今までの名刺の絵も置いてありますので興味のある方はご覧になってください<宣伝

さて、先日名古屋でせいるさんとせあらさんにお会いした際も新しい名刺を作って持って行きました。お二人とも何度かお会いした事があるので今更名刺を渡す意味があるのか?と言われても仕方がありませんが、良いんです。ウケ狙いだから。

今回の名刺(の裏の絵)はこんなでした。

お渡しした名刺をせいるさんが恐る恐るめくって裏の絵を見ては何故か言葉を詰まらせていたのには何か意味があったのでしょうか?

さて。

今回の名刺は昼食を食べたのが「ラケル」だったのであんな絵柄になりましたが、当初の予定では「ラケル」で昼食は変わりないものの夕食を「月天」で食べるはずでした。が、お二人にお会いしたのは月曜日であいにくその日は「月天」の定休日との事。もし首尾良く「月天」で夕食を採る段取りがついていたら名刺の絵柄はこんな感じ↓になっていたはずでした。

utd050508

どっちもどっちと思った方。正解。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 06, 2005

なごやみやげ

先日、出張と私用を兼ねて名古屋に行ってきたわけですが、その時のお土産がコレ↓

utd050505_1

お土産というか全部せいるさんからもらった品なわけですが。

左上、せいるさんのサークル「MasterKey(ES)」のクラナド二次創作SS文庫「Lumiere2.5」および「Lumiere2」。
クラナドはまだコンプリートしていないのでこれらはコンプしてからのお楽しみ。

左下、「ひぐらしのなく頃に」。
せいるさんと話をする中で一つ頼まれ事をされたのですが、ソレの参考にしてみてくださいと渡されたモノ。興味が無かったわけではないけど、なんとなく手を出してなかったのでありがたくいただきました。

右、「YUGMIX2004」。
…ええと、もちろん嫌いな絵柄ではありませんし、いただけるモノは何でも遠慮せずいただく浅ましい人なのでありがたくいただいておきましたが、世に数限りなく出版されている同人誌の中から一体どんな意図をもってしてせいるさんはこの一冊をお土産に選んでくれたのか是非とも問うてみたいところ。答えるまでぱんつ禁止。

いろいろとありがとうございました>せいるさん

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 05, 2005

今日のラクガキ

本家のキリ番アイコンリクエストに『「こころナビ」のキャラから誰か』というリクエストをいただいたので、練習がてら久しぶりに凛子なんか描いてみる。

utd050505

ざっと描いてみたものの、

髪型が謎。
触角が謎。
ちょっとタレ目、キリッとした眉。
ちょっと不機嫌そう。
糸目で照れてる顔とかも好きだ<私情
服装は適当。

リクエストのアイコンはアイコンっぽい絵でちゃんと描き直す予定………とか言いながらうっかり描き上がったのが鳴海くん実光のアイコンだったらゴメン、Hさん(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2005

人は何故…

人は何故、出張帰りの新幹線に乗ると缶ビールの一本も空けずにはいられないものなのでしょうか?

utd050502

1日から2日にかけて出張で名古屋に行ってました。
2日目の今日は午後からフリーだったので、せいるさんとラケルで飯食ったり、夕方からせあらさんも交えて飲んでみたり。いろいろセッティングありがとうございました>せいるさん。またどこかでゆっくり飲みましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »