« Re:Leftover | Main | かみがなくなった »

May 10, 2005

スローミュージック

「スローミュージック」と言っても、45rpmのEPを33+1/3rpmでゆっくり聞く、という事ではない。例えが古いが。

以前、本家の日記に「MP3で音楽を聴くことに対する違和感」について書いた事があって、その時の元テキストがHDDの隅から出てきたので多少加筆訂正してこちらに掲載してみました。

以下本文。


"ここ2,3年、買ってきたCDをMP3に変換してMP3ジュークボックスと化しているゲーム用PCから垂れ流しで聞くことが多くて、それはとても現代的で便利な音楽の聞き方だとは思うのですが、最近は少し思うところあってCDを直接再生して聴くようにしています。

いくつか理由はあるのですが、まずひとつは音質の問題。
CD-DAからMP3にエンコードされた音は、いかに優れたエンコーダを使っていようとも『圧縮された音』という印象が否めず、携帯MP3プレイヤのイヤホンで聞くのには支障は無いかもしれないけど、ちゃんとしたスピーカで音を出して聴くのには向いていない、ように思える。PCに接続しているスピーカが間に合わせのチャチなモノを使っているのも大いに影響があると思いますし、実際には環境次第でそんな事はないのかもしれないけど、総じてMP3の音はオリジナルの音源と比べて『貧しい』ように思える。

自分でお金を出して買ってきた音楽を、わざわざ『貧しい』音に変換して聞くのは、なんだか気持ちまで貧しくなる気がするのだ。

そしてもう一つの問題として、音楽に向き合う『姿勢』の問題。
HDDの中に存在する何千もの音楽ファイルから好きなモノを選んでワンクリックで再生出来るのは、とても便利な事だとは思う。先にPCがジュークボックスと化していると書きましたが、手持ちのCDが現在1,500枚くらいあって置き場にも困っているくらいなので、MP3に変換してCDの出し入れの手間を無くして聴きたい曲をワンクリックで選べるようにしてしたい、というのが私がCD-DA→MP3変換に興味を持ったきっかけだったように思う。

ところがそれが実現されて、好きな曲を椅子から立ち上がる動作すら無しに選べるようになったり、何百何千という楽曲をランダムに何時間もぶっ続けに再生できるようになってみると、『なんかこれは違うんではないか感』が否めなかったりする。

最近とみに何かをしながら、本を読みながらとか絵を描きながら音楽を聴くことが多くなって、音源に気持ちを正対させる機会が少なくなってきていて、MP3をランダム再生なんかしていると特にそれが顕著で、実際のところ今流れている曲が誰の歌で何という曲でどのアルバムに収録されているのかすら気にすることなく聞き流してしまっているように思う。例えば、絵描きの作業を効率よく進めるためのBGMとして音楽を垂れ流すという聴き方はアリだとは思うが、そればっかりというのは真面目に音楽を作っている方達になんだか申し訳ない。もっとちゃんと歌詞を噛み砕いて聴いたり、音と音の間にまで耳を傾ける機会があっても良いと思う。

かつてレコードというメディアで音楽を聴く際には、レコードをジャケットから出して、ターンテーブルに乗せて、レコードを痛めないように優しく針を落とす、という一種儀式めいた手順が必要だったが、その分音楽を聴くことに対して真摯であったように思う。
音楽を再生するメディアがどんどん多様化して便利になって来ている今だからこそあえて、CDをケースから出して、トレイに乗せて、再生ボタンを押すという、あと何年かすると旧式な音楽の聴き方になってしまうかもしれない作業をすることで、真っ正面から音楽を聴く機会が持てるのではないだろうか。

『スローフード』『スローライフ』と同様に『スローミュージック』という音楽の聴き方のスタイルがあっても良いのではないかと思うのだが。"

EOF


…PSPも含めると手元に携帯MP3プレイヤが3つもあったり、持っているCDのうち特によく聴く機会の多い300枚くらいはMP3に変換してPCで聴いたりもしてますが、絵描きのBGMとしてランダム再生してたりすると、以前は本当にその曲が好きだと思って歌詞カードを見ながら何度も繰り返し聴いた歌がかかった時に、一瞬、誰の、何て言う曲だったかすら思い出せない事すらあって、『なんかこれは違うんではないか感』をますます強く感じたりします。

私は家にいる時はほとんど音楽を流しっぱなしにしていますが、一枚のCDが終わった時に次は何を聴こうかとCDラックを眺め回してみたり、そこでちょっと息抜きしてコーヒーを淹れたりするのも音楽を聴く上で大事な儀式なのではないかと、この頃は感じます。

これからもメディアの変遷につれて音楽の聴き方楽しみ方も変わって行くのだろうけど、そんな「スロー」な音楽の聴き方を忘れないで行こうと思います。

|

« Re:Leftover | Main | かみがなくなった »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スローミュージック:

« Re:Leftover | Main | かみがなくなった »