« デスクトップファイヤーウォール | Main | ひめりり »

June 19, 2005

Re:眼鏡キャラによくあること

眼鏡キャラによくあること〔独り言以外の何か/2005.6.16.〕

なにやらこちらの記事にリンクが貼られていたので反応。まぁ、こんなネタ記事ばっかり書いているので世間的にはすっかりメガネスキーの人と思われているようですし、その風評もほぼ間違いはないのですが、実を言えばいわゆるエロゲーギャルゲーのキャラで「眼鏡っ娘だったから」好きになったキャラというのは今まで一人もいない、と思う。これはSu-37さんが言うように"書き手側が眼鏡キャラの個性を一定化してしまった"がためにステロタイプな眼鏡っ娘キャラにはいささか食傷気味であったのもあるが、それ以前に「眼鏡っ娘」であれ「妹」であれ「巨乳」であれ「メイド」であれ、キャラクタの属性値記号でしかないシロモノに「萌え」を感じたりするほど業の深い人間ではない。

無論、それら属性値記号を記述あるいは描写するに用いる文法の巧みさに、締め付けられるような感動を覚えるゲームやキャラというのも時折ありはするが、ゲームにある程度のボリュームを持たせるために複数の攻略対象を設定し、それら攻略対象の差別化のために与えられた属性値記号としての「眼鏡」には興味はないし、それは「お姉ちゃん」あっても「つるぺた」であっても「ツンデレ」であっても同じ事だ。

では何故に絵描きとしてのUTの人はメガネスキーであるのかと問われれば、初恋の人が眼鏡だったとか、はじめての相手が眼鏡でそれ以来眼鏡じゃないとたたないとかいう事実はまったくなく、二十ン年ギャル絵を描いてきてたまたまたどり着いたのが眼鏡だったからという他ない。

utd050619

…それもごもっともながら、眼鏡っ娘が怒っている顔を描くのがどうしようもなく楽しいというのはメガネスキーの立派な理由だと思うのだが<ダメな人


あ、それから「眼鏡の偉い人」という形容はこういう方にこそ相応しいと思う。溢れんばかりで実際かなり溢れている眼鏡っ娘好き振り(褒め言葉)をとくと見よ。

|

« デスクトップファイヤーウォール | Main | ひめりり »

Comments

>ダメな人その2

「あきれ顔でやや怒りながらもしょうがないと口調」で言われると心のスイッチがONになります。しかしあえて私は「メガネをすこしあろしながら上目使いで内角低めにえぐり込むように見る」眼差しを希望したいです。

メガネを発明したえらい方も時と場所を超えてこのような「アイテム」に変貌しているとはノスト●ダ●スもきがつくまいて。

Posted by: 魚屋海乃輔 | June 20, 2005 09:29 PM

UTさんの場合、脳内で自動的にメガネ化補正がかかってしまうために「差別化」しようにも不可能とかいうオチだったり?

Posted by: take | June 21, 2005 12:29 AM

いろいろともっともらしい事を書いたりしてますが、深く考えちゃダメです。感じるのです。眼鏡はココロの一部です。

Posted by: UT | June 22, 2005 12:12 PM

>感じるのです。
未だ未熟者ゆえ何時でもという訳ではありませんが、たまに「心眼」で見えることはあります……能動的に想像するというのとは違い、無意識に浮かんできます。

Posted by: take | June 22, 2005 11:35 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Re:眼鏡キャラによくあること:

« デスクトップファイヤーウォール | Main | ひめりり »