« 今日のラクガキ | Main | 今日のラクガキ »

October 07, 2005

こどもがのっています

「子供が乗っています」ステッカーというモノがある。

通常15cm四方くらいの大きさで、黄色地に黒で子供或いは赤ん坊を簡略化したイラストが描かれており、車のリアウィンドウに貼ることでその車には乳児あるいは幼児が同乗者として乗っている事を示し、周囲の車に対して注意を促すステッカーである。

このステッカーがいつ頃からあるのかは分からないが、2000年4月の道交法一部改正で6歳未満の幼児を乗車させる際のチャイルドシートの着用が義務化された事で運転する側の安全意識も高まったのか、どうもその頃から路上で目にすることが多くなったように感じる。

このステッカーは「若葉マーク」や「紅葉マーク」と異なり道路交通法で装着が義務づけられているわけではなく、あくまで自主的に運転者とその同乗者が交通社会における弱者である事を示すためのものでしかなく、これを装着することによって優先通行権が得られるという性質のものでもない。

つまり、「子供が乗っています」ステッカーを貼るという行為は、「この車には子供が乗っているので私は安全運転をしています」あるいは「もしかしたらご迷惑をかける事があるかもしれないのでご協力下さい」という運転者の意思表示であり、運転者とそれを見た第三者の善意に基づく安全な交通社会を築こうという意志の表れだと思うのだが、中には朝の通勤渋滞で混み合う国道一号線静清バイパス牧ヶ谷インターチェンジの上り口で、6歳未満と思われるお子さんを二人乗せながらも二人ともチャイルドシートを装着しておらずあつまさえ一人は運転席と助手席の間に立たせた状態でご自分はケータイでメールかなんか打ちながらまともな後方確認もせず割り込みをかけて来る「子供が乗ってます」ステッカーを装着した白いトヨタ・イストをご運転の若いお母さんなどもいて、「子供が乗っています」ステッカーを貼る意味をご再考願うと共に、いっその事「子供が乗っています」ステッカーをフロントガラスに内側に向けて貼ってみる事をお薦めしたい。子供が乗っているんだよ、あんたの車には。


なんて事を思いつつ「子供が乗っています」ステッカーについて調べていたら「子供が乗っていますスクリーンセイバー」というのを見つけたのでご紹介。

子供が乗っています"パロディ・スクリーンセーバー〔vector〕

けっこう前からあったモノらしいですがちょっとブラックで面白かったので。

|

« 今日のラクガキ | Main | 今日のラクガキ »

Comments

社会学を研究している友人に言わせると「募金活動・行動と免罪符の妥当性」というところか。初心者、シルバー、チャイルド他にも色々あるのだそうですが、自らのそのシンボルとなるものを身につける・内包することによって、自分自身の行動を正当化する・できる、また相手にその行動を半ば強制的に認識させることが出来ると錯覚してしまうのでしょうか。
何にしても独自のルールを持ち出し、自己正当性を主張することが多い昨今、自分も注意して様々な人たちと接していきたいものです。
>ぱろでぃ
ははは、これはなかなかブラック(^^;
少し頬が引きつるぐらいじゃないとブラックとは言えず、ですから。もんてぃ・ぱいそん早く来ないかな。ステッカー(デカール?)を趣味で自作している人が、メガネのマークで「眼鏡っ娘が乗っています」とかシャアの変態仮面のマークを赤地の白抜きで「シャアが乗っています!」とか作っていました。車体に貼ったら周囲はどんな反応を示すでしょうか? 

Posted by: 魚屋海乃輔 | October 08, 2005 09:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference こどもがのっています:

« 今日のラクガキ | Main | 今日のラクガキ »