« December 2005 | Main | February 2006 »

January 31, 2006

ATOK辞書配信システム

・ジャストシステム、ATOKの変換辞書の配信や共有ができるシステムを発売〔CNET Japan/2006.1.31.〕

“ATOK辞書配信システムIVは、社内独自の用語を収録したATOK変換辞書を配信・共有することで、社内用語のスムーズな変換や、表記統一に役立つほか、通常の入力操作で人名から内線番号を検索したり、商品名から価格に変換できるなど、企業内情報の検索ツールとして利用できる。”

これによって端末毎に異なる入力環境を統一するとともに、使う度にアホさ加減が増してるような気がするMS-IMEの徹底駆jo…いや、普段MS-IME使ってないからアホな子のままでいるというのは十分承知しているのだが、業界用語や社内用語の辞書が共有管理できるというのは魅力だよなぁ。なにしろ極端にカタカナ英語に弱い上司がいたりして社内用語の統一表記すらままならん状態なので。

お値段の方が、

“価格は「ATOK 2006」100ライセンスをセットにした年間契約式の「ATOK Business Solution辞書配信システムIV 100(年間)」が20万円/年。100クライアントまで配信可能な配信システムのみの「ATOK Business Solution辞書配信システムIV」が10万円で、こちらは別途ATOKが必要だ。”

となっているんだけど、私の職場は10数人の小さな事業所なので配信システム10ライセンスこみで10万円くらいのプランってないだろうか。そうすればATOKパッケージ版×端末数+αくらいの費用で収まるので、小規模なネットワークを使用している事業所にも魅力的なプランだと思うのだが。如何でしょう、ジャストシステムさん?

・JUSTSYSTEM HP

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 25, 2006

今日のラクガキ

パースを意識して描いてみる練習の一枚。

utd060125

斜め後ろから見下ろしてる感じ。
アタリを取るために描いておいた斜め線に手を加えて階段に腰掛けてる風味に。
そして眼鏡。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2006

「もしもシリーズ」DVD化希望

下のエントリで久しぶりに「もしもシリーズ」のネタを描いてみたのだが、この「もしもシリーズ」というタイトルは言うまでもなく栗田貫一さんのものまね出世作である「もしもシリーズ」からいただいている。「ものまね王座決定戦」というTV番組で披露された、「もしも細川たかしが救急車のサイレンだったら」、「もしも西城秀樹がウシガエルだったら」、「もしも所ジョージがイカ釣り船だったら」等のネタを聞けば思い浮かぶ方もいるだろう。30代の方は特に。

さて、最近はお笑い番組が次々とDVD化されているので栗田貫一さんの「もしもシリーズ」を含めた「ものまね王座決定戦」がDVD化されないかなぁと密かに期待しているのだが、今のところリリースの情報はない。「ものまね四天王」をはじめ数々の芸人を輩出した番組なので是非ともDVDで記録に残してもらいたい、残しておくべきであると私などは思っている。が、しかし、ほとんどのネタは歌モノであるだけに、もしかして例のアルファベット6文字の広域指定利権搾取団体が障害になっているか、あるいは清水アキラのセロテープ芸があまりにも多方面に配慮が必要なためDVD化出来ないのではないかと勘ぐってみたりもするのだがどんなものだろう?

前者の理由で無いことを切に願うばかりである。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

もしも、セイバーが、王様ではなくてお姫様だったら。

もしも、セイバーが、王様ではなくてお姫様だったら。

utd060124

たぶん違うゲームの主人公になっていたでしょう。
でもやっぱり食いしん坊。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 19, 2006

今日のラクガキ

本家サイトトップ絵のラフ絵。

utd060119

もともと右向きの顔(と体)を描く練習の一枚だったので、ご覧のようにざっくりと右向きで描いておいてPC上で左右反転させたり回転させたりして歪みを矯正して描いたのだが、ふと見ると右向きのままでは上着の前合わせが反対(普通、婦人服は右側が上に来る)な事に気がついて塗りつぶして描き直しちまおうかとか、いっそのことユニセックスな服装という設定にしてしまってでもこんな服着る漢の子いないよ、いたらむしろ萌えるよとか思ったのでトップ絵バージョンでは左右反転して左向きになっている。こういう時CGは便利だ。最初から左向きで描いておけば何の問題も無かったような気もするが。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 18, 2006

今日のラクガキ

最近のラフ絵ノートから一枚。

utd060118

みしおさん。久しぶりに描いたら難しかった。
ヘッドフォンは適当。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

私信

K.I.さんへ。

(預金残高がマイナスに)落ち込んだりする事もあるけど、私は元気です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2006

メディアミックス・ミスマッチ

昔は「レコード屋」に置いてあるモノといえば、レコードと録音用のカセットテープと、どうかすると店主の趣味でギターが2,3本というのか相場だったが(そうか?)、昨今の「CD屋」はさにあらず、実にいろいろな商品が置いてある。

これは商品とされるコンテンツそのものがメディアミックス展開によって様々なメディアの商品を生み出している事も大きな要因であるし、それを扱う店舗たる「CD屋」が郊外大型店舗化しているのにも関係があるだろう。昨今では「CD屋」に書籍が置いてあったり、「本屋」にCD、DVDのコーナーがあるのも珍しくなく、特に意識しなければそこが「CD屋」なのか「本屋」なのか分からない「複合メディア店舗」が増えつつある。

さて、昨年末に新装開店された静岡市内にある「○みや流○通り店」は書籍こそ扱っていないものの、CD、DVD、各種録音録画用メディア、ゲーム、模型、最近ではブームにあやかって「iPod nano はじめました」なんてポスターが店内外問わずベタベタ貼ってあるありがちな郊外型複合メディア店舗の一つであるが、店内を隅々まで廻ってみたら妙な光景が。

utd060115

普通この手の複合メディア店舗では、書籍-CD-DVD-ゲーム-模型のようになるべく親和性の高いメディア同士を並べて店内に配置するものであるが、「世界の国歌」や「ロシア民謡」の隣りに「模型用工具」という並びはどうなんだ?>フロア担当者

売れ筋のジャンルから配置を決めていったら、あぶれたニッチ同士でニッチもサッチも行かなくなってしまったのであろう事は想像に難くないが、安易なメディアミックスも考え物な光景ではある。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 11, 2006

「ATOK 2006」予約開始

・「ATOK 2006 for Windows」本日より予約受付開始〔Just MyShop/2006.1.11.〕

「ATOK 2005」の発売が2005年2月10日だったのでちょうど一年でバージョンアップ。私は前回「ATOK 15」から「ATOK 2005」にバージョンアップして辞書も適度にこなれて快適になってきているので今回は見送ろうかなとも思ってますが、いまだにMS-IMEを使っている会社のマシン用に買ってみようかな。経費で落とせるし。

とか言いながら、このブログの名前の元ネタである「ATOK手描き入力精度試験」のためだけに買ってしまうかもしれませんが(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2006

小栗さんの新作

小栗秀幸さんの新作SSが久方振り(4年半振り?)に掲載されていたので早速読みに行ったらこころナビの凛子のお話でした。

・いちばん遠い恋〔Monochrome/2006.1.10.〕

♪└|∵|┐♪└|∵|┘♪┌|∵|┘♪←望外の喜びに小躍り中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2006

描き初め

正月も二日目になってようやく落ち着いて座って絵を描くヒマが出来たので筆の勢いのままガリガリと描いた絵からいくつか。

utd060102

ちょっと年が明けたくらいで描く絵がそうそう変わるものでもなく、今年もこんな感じでよろしくお願いいたします<挨拶

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »