« 「ATOK 2006」予約開始 | Main | 私信 »

January 15, 2006

メディアミックス・ミスマッチ

昔は「レコード屋」に置いてあるモノといえば、レコードと録音用のカセットテープと、どうかすると店主の趣味でギターが2,3本というのか相場だったが(そうか?)、昨今の「CD屋」はさにあらず、実にいろいろな商品が置いてある。

これは商品とされるコンテンツそのものがメディアミックス展開によって様々なメディアの商品を生み出している事も大きな要因であるし、それを扱う店舗たる「CD屋」が郊外大型店舗化しているのにも関係があるだろう。昨今では「CD屋」に書籍が置いてあったり、「本屋」にCD、DVDのコーナーがあるのも珍しくなく、特に意識しなければそこが「CD屋」なのか「本屋」なのか分からない「複合メディア店舗」が増えつつある。

さて、昨年末に新装開店された静岡市内にある「○みや流○通り店」は書籍こそ扱っていないものの、CD、DVD、各種録音録画用メディア、ゲーム、模型、最近ではブームにあやかって「iPod nano はじめました」なんてポスターが店内外問わずベタベタ貼ってあるありがちな郊外型複合メディア店舗の一つであるが、店内を隅々まで廻ってみたら妙な光景が。

utd060115

普通この手の複合メディア店舗では、書籍-CD-DVD-ゲーム-模型のようになるべく親和性の高いメディア同士を並べて店内に配置するものであるが、「世界の国歌」や「ロシア民謡」の隣りに「模型用工具」という並びはどうなんだ?>フロア担当者

売れ筋のジャンルから配置を決めていったら、あぶれたニッチ同士でニッチもサッチも行かなくなってしまったのであろう事は想像に難くないが、安易なメディアミックスも考え物な光景ではある。

|

« 「ATOK 2006」予約開始 | Main | 私信 »

Comments

そのつながりで最近、薬局(調剤薬局ではなく量販薬局)でぺーさんこと「ぺ・四巡主演の映画DVDver」がやたら売ってる。
くすりと「ぺ・四巡」ですか、それだけ松清とかサン・度ラックには女性客が多いということなのでしょうか?
メーカー&小売店の販売戦略恐るべし。

Posted by: 魚屋海乃輔 | January 15, 2006 03:04 PM

いや、意外な効能があるのやもしれませんぞ、北四巡様。あの笑顔で痔疾症とか白癬菌とか前立腺肥大とか癒されちゃうかも。

Posted by: UT | January 17, 2006 11:49 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference メディアミックス・ミスマッチ:

« 「ATOK 2006」予約開始 | Main | 私信 »