« Re:最近のデスクトップ壁紙 | Main | CYCLE HIT »

March 22, 2006

私が「ATOK」を手放せないワケ

・なぜ日本語入力のために、わざわざお金をかけるのか──私が「ATOK」を手放せないワケ〔ITmedia PCUpdate/2006.3.20.〕

Stressful AngelさんIT系っぽいニュースのメモ 3/22から。

私がATOKを使い始めたのは「ATOK10」からで、実は最初に買った自分用のパソコンが一太郎プレインストールマシンだったから。初めてパッケージ版を買ったのは「ATOK14」。二台目のPCを買うまではずっとATOKの入力環境が標準なのだと思ってました。二台目のPCで初めてMS-IMEに触れたときはそらもー驚きましたよ(遠い目

紹介した記事は流石に褒めすぎだと思うし、ATOKにもATOKなりにアホなところがあったり変な癖があったりしてそこがまた可愛いのですが、自分好みの、ストレスのより少ない入力環境/作業環境を整えるための投資と考えれば、1万1550円(電子辞書セット:税込み)という金額も決して高いものではないと思います………もっと安ければ言うことありませんけどね<本音

utd0603022_atok

PCを買う時にモニタやHDDやメモリや光学ドライブを予算や使用目的に応じて選んで買うように、あるいは買ったPCで使うメールソフトやブラウザやテキストエディタやグラフィックローダやファイル交換ソフトを使い勝手や自分の好みに応じてインストールするように、「日本語入力環境」というモノもまた自分好みにコンフィギュレートして使うべき項目の一つであり、その選択肢の中で自分の手に合っていたのがATOKだった、と私は思っています。

|

« Re:最近のデスクトップ壁紙 | Main | CYCLE HIT »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 私が「ATOK」を手放せないワケ:

« Re:最近のデスクトップ壁紙 | Main | CYCLE HIT »