« February 2006 | Main | April 2006 »

March 27, 2006

CYCLE HIT

スピッツのシングルコレクションアルバム、「CYCLE HIT 1991-1997」と「CYCLE HIT 1997-2005」を買ってきました。

私にとっての「はじめてのスピッツの曲」というのは1993年の「君が思い出になる前に」で、実は1991年の7月から1993年の6月にかけてとある研修プログラムに参加してアメリカで生活していて、帰国後に2年間のブランクを埋めるように邦楽を聴きまくり買いまくりしてた中でアンテナに引っかかって来たのがスピッツの曲、特に「君が思い出になる前に」でした。

当時はまだスピッツはさほどメジャーではなく、知っている人は知っているくらいの存在で、4枚目のアルバム「Crispy!」からシングルカットされた「君が思い出になる前に」をカラオケで歌っても「それ誰の曲?」と聞かれる事すらありました。

1995年の「ロビンソン」のヒットで一気にブレイクしたスピッツの、メジャーじゃない頃を知ってる人が当時を懐かしんで聴くも良し、メジャーブレイク以降しか知らない人が入門用に聴くも良し、単純にヒット曲集として聴くも良し、な内容なので興味のある方は是非。

 


…ところで、「CYCLE HIT」を買おうと立ち寄ったCD屋でこんな光景が。

utd0603027

新譜が出た際に旧譜も並べておいて少しでも売り上げを伸ばすのはCD屋さんの常套手段だし、並べておいてあるのが他のアルバムだったら私も何も思わなかったのだけど、「解散するまでベスト・アルバムは出さない」と言っていた彼らの、「RECYCLE」という名の実質的ベスト・アルバムが発売された経緯や、今回改めて「CYCLE HIT」という形でシングル・コレクションが発売されるに至った経緯や彼らの心情を思えばこういう並びはどうなんだ。在庫がたくさんあって少しでも掃かせたいのも分かるが、そっと倉庫にしまってなかった事にしておいてあげるのが大人の対応というものではなかろうか。

見解を求む>スピッツァー諸氏

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2006

私が「ATOK」を手放せないワケ

・なぜ日本語入力のために、わざわざお金をかけるのか──私が「ATOK」を手放せないワケ〔ITmedia PCUpdate/2006.3.20.〕

Stressful AngelさんIT系っぽいニュースのメモ 3/22から。

私がATOKを使い始めたのは「ATOK10」からで、実は最初に買った自分用のパソコンが一太郎プレインストールマシンだったから。初めてパッケージ版を買ったのは「ATOK14」。二台目のPCを買うまではずっとATOKの入力環境が標準なのだと思ってました。二台目のPCで初めてMS-IMEに触れたときはそらもー驚きましたよ(遠い目

紹介した記事は流石に褒めすぎだと思うし、ATOKにもATOKなりにアホなところがあったり変な癖があったりしてそこがまた可愛いのですが、自分好みの、ストレスのより少ない入力環境/作業環境を整えるための投資と考えれば、1万1550円(電子辞書セット:税込み)という金額も決して高いものではないと思います………もっと安ければ言うことありませんけどね<本音

utd0603022_atok

PCを買う時にモニタやHDDやメモリや光学ドライブを予算や使用目的に応じて選んで買うように、あるいは買ったPCで使うメールソフトやブラウザやテキストエディタやグラフィックローダやファイル交換ソフトを使い勝手や自分の好みに応じてインストールするように、「日本語入力環境」というモノもまた自分好みにコンフィギュレートして使うべき項目の一つであり、その選択肢の中で自分の手に合っていたのがATOKだった、と私は思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Re:最近のデスクトップ壁紙

Re:最近のデスクトップ壁紙。[latest AFTERWORDS./2666.3.21.]

3月20日の「今日のスパム」に関連して。
ネタに対する直接の反応ではないのですが、いろいろツッコミどころに溢れているので。

“元絵はUTさんとこ。‥‥‥元絵というか、デュアルディスプレイでは左右の壁紙を別々にできないので、メイン画面(2048x1536)にめいっぱいに表示させると、右側の小さな画面は勝手にこうなってしまう、というだけなんだけど。”

壁紙使用ありがとうございます………ていうかデュアルディスプレイの仕様云々の前に壁紙としてあの絵柄はどうなんだ?いっそ拡大無しでタイル表示させてみるとか。

“境目に縦に走っているのはWindowsのタスクバー。右側に縦置き、がラヴィせんせぇの基本スタイルなので。”

私は左側に縦置きがデフォルト。こんな感じ(1024x768/52,282byte)。壁紙はソニエリのオフィシャルサイトから。
絵描きPCのモニタがまだ15インチだった頃に作業領域を少しでも広く確保するために縦置きにしてみたところ割と都合が良かったのでそれ以来ずっと左縦置きで使ってます。

“ところで、『「サクラ」という名の妹を持つ全国のお兄ちゃん』及び『「サクラ」という名の妹』に心当たりが全然ないので、これが誰の絵なんだか実はよくわからない。”

ラヴィせんせぇは「FATE」未プレイでしたか。
絵のキャラについて知りたい場合は「黒桜」でググると吉(吉?)


よく考えてみたら元絵は2500x2500くらいあるので、デスクトップを一面桜の呪詛の声日記で埋め尽くした壁紙も出来ないこともnうわなにをするやめqあwせdrftgyさくらlp

| | Comments (1) | TrackBack (0)

「恋のバカンス」「宇宙戦艦ヤマト」宮川泰氏死去

・「恋のバカンス」「宇宙戦艦ヤマト」宮川泰氏死去〔YOMIURI ONLINE/2006.3.21.〕

あれは確か私が小学生5年生の時だった。

私の通っていた小学校のPTAのエライ人が、たまたま当時の静岡市消防署のエライ人と懇意だったかなんかして、消防署のブラスバンド(通称ラッパ隊)が小学校の体育館で演奏会をするというイベントがあった。

なにしろ田舎の小学校の田舎の小学生だったから、ブラスバンドの生演奏を聴くなんてのも初めての体験で、目の前のトランペットやトロンボーンから吹き出てくる音の大きさや臨場感(なにしろ生演奏だ)に、子供ながらいたく感動を覚えたモノだった。

ただ、演奏会は正味一時間くらいだったと記憶しているのだが、演目のほとんどはクラッシックの楽曲や音楽の教科書に載っているような曲、ちょっと気が利いたところでディズニーアニメの主題歌くらいのモノ。後半になると生演奏の感動も薄れてきて集中力の短い小学生にとってはちょっとダレ気味だったのも事実だ。

体育館に立ちこめるそんなダレ気味の空気を吹き飛ばしたのが「宇宙戦艦ヤマト」のイントロだった。

もともと「ヤマト」というアニメは好きだった。主題歌ももちろん好きだった。だが、その時聴いた「宇宙戦艦ヤマト」は、イントロを聴いた瞬間に誇張抜きで背中に電気が奔るのが分かった。ラッパ隊の演奏レベルがどの程度のモノだったかは知るよしもないが、掛け値無しに私が聴いた中で最高の「宇宙戦艦ヤマト」だった。児童だけではなく、先生方も一緒になって雄叫びをあげていた。音楽というモノが、年齢も肩書きも関係なく問答無用に人を感動させられるカッケエェェェェェーッ!モノであることを、鼓膜から直接脳髄にたたき込んでくれたのが、「宇宙戦艦ヤマト」という曲だった。

「宇宙戦艦ヤマト」の作曲者が故宮川泰さんであった事を知ったのは、もっとずっと後の事だったが、あの時聴いた「宇宙戦艦ヤマト」は、私の「音楽を聴く」という趣味の部分にとてつもなく大きなインパクトを与えたモノだったのだ。

故人のご冥福をお祈りいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 20, 2006

今日のスパム

今日のスパム。

> From: info@****.com
> Subject:☆サクラ徹底排除☆

utd0603020

スパマー諸氏及び、「サクラ」という名の妹を持つ全国のお兄ちゃん、くれぐれもスパムの文面には気をつけましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2006

ヘリに乗りました

今日は仕事でヘリコプターに乗ってきました。

車で行けないような山間部の現場に、山に植える苗木や資材を運ぶ依頼を取りまとめ、航空会社と契約して運んでもらうという仕事を年に一度私の職場ではやっており、今日がその作業日でした。

もちろんヘリを運転するのは航空会社から来る専門のパイロットで、私がする仕事は一緒にヘリに乗って荷吊り場や荷下ろし場を確認する作業、荷を吊ったり下ろしたりする順番の指示等です。

utd0603017_01
作業に使用したヘリ。
約500kgの荷物を運べます。

utd0603017_02
荷下ろし場確飛行中の機内から。

今日は風も無く良い天気だったので確認飛行も比較的ラクでしたが、ヘリの中はエンジン音と風切り音で滅茶苦茶うるさいです。ヘッドセット無しでは会話できません。

utd0603017_03
荷釣り作業中。

機体の下からぶら下がっているワイヤーロープの先に電気式のフックがありそこに荷をかけます。

utd0603017_04
こんな感じで荷を吊って山の中の荷下ろし場まで運搬します。

utd0603017_05
作業中、ちょうど私の住んでいる辺りの上空を通ったので記念に一枚。

utd0603017_06
燃料補給中。

荷物の重さや荷下ろし場までの高低差、距離にもよりますが、作業中はホバリングしながら上昇下降する事が多いので非常に燃料を食います。作業時間40分でドラム缶1本200リットルくらいの燃費でした。

utd0603017_07
昼休みに機体整備中を撮影。

正面から。

utd0603017_08
キュートなリアビュー。

utd0603017_09
メインローター。
揚力と推進力を生み出す力の風車。

utd0603017_10
テイルローター。
メインローターの回転力を打ち消し、機体の舵取りをする技の風車。

utd0603017_11
コクピットも撮らせてもらいました。

コクピット感溢れる読み方の分からないメーター満載。惚れそう。

utd0603017_12
荷吊り用フック。

丸くてオレンジ色の可愛い奴ですが、結構重いので荷吊り作業中に勢いよく頭に当たったりすると軽く死にます。

utd0603017_13
作業再開。

再び空へ。

utd0603017_14
作業終了して撤収中。
ヘリはこの後県内の別の現場の作業に向かいました。ご苦労様。

utd0603017_15
飛び去っていくヘリ。
ヘリの作業は音がうるさいし段取りもお天気次第でいろいろ気を使うしなにしろうるさいし大変な作業ですが、仕事とはいえ遊覧飛行じゃなしに1時間くらいヘリに乗りっぱなしで、おまけに仕事だから本職パイロットの結構本気のマニューバリングという滅多に出来ない体験ができるので個人的には毎年楽しみにしている仕事です。また来年もよろしくお願いします>○日本航空さん

| | Comments (5) | TrackBack (0)

March 14, 2006

阿吽

だいぶ前の話になりますが、昨年の10月に職場の旅行で沖縄に行った時バスガイドさんから聞いた話。

沖縄のお土産として有名なモノの一つに「シーサー(の置物とかストラップとかキーホルダ)」がある。

シーサーは沖縄に伝わる伝説上の幻獣で、その像を民家の屋根や門柱などに据え付けて厄除けとして用いられている。シーサーの像には二種類あって、大きく口を開けた方が雄でその大きな口で福を呼び込み、口を閉じた方の雌は災いを家に入れない、または呼び込んだ福を口から逃がさない役割を持っていると言われている(雌雄が逆の説もあり)。また同系統の幻獣である「狛犬」になぞらえて口を開けた方が「阿」の像、口を閉じた方が「吽」の像と呼ばれている(らしい)。

・参考リンク〔シーサー/Wikipedia

もともと素焼きや漆喰作りであったシーサーの像が民芸品として有名になるにつれ観光客向けのお土産物として様々な商品が生産されるようになったのだが、それらのシーサーも二体セットで生産販売されている物が多い。

ところが、旅行の時のバスガイドさんは、元来沖縄に伝わるシーサーの像は、口を開けた像の一種類しかなく、口を閉じた像が作られるようになったのは、戦後のとある事情からだと言うのだ。

そもそもシーサーの像が土産物として生産販売されるようになったのは、終戦後沖縄に進駐していた米軍やその家族が本国に帰る際に、オリエンタルでエキゾチックなシーサー・スタチューを土産にしたのが始まりで、元々民芸品として作られていたシーサーの像は口を開けた像の一種類のみが土産物として売られていた。しかし、ある日、本国に帰還予定だった基地勤務の米兵ボブ(仮名)が奥さんのキャサリン(仮名)と土産物のシーサーを選んでいたところ、キャサリン(仮名)が、

「なんてエキゾチックなガッジラシーサー・スタチューなの!イッツ・ソー・キュート!アイダホのママにも買って帰りましょう。ボブ(仮名)、あなたはオスのシーサーを買って。私はメスのシーサーを買うわ………え?メスはないですって!?サノバビッチ!女性差別だわ!訴えてやるわ!リメンバー・パールハーバー!これは人権問題よ!イエロー・モンキー!絶対にメスのシーサー・スタチューも作るべきよ!ジャパニーズだかタイワニーズだか知らないけどこれはあなた達の義務よ!ビバ!民主主義!」

と言ったかどうかは分かりませんが、だいたいそんな感じで土産物としてはオスメス両方あった方が喜ばれるとか、二体セットの方が商品価値が増すという事情から、雌の口を閉じたシーサーの像も造られるようになった、らしい。

他にも戦後沖縄の住宅事情が変わるにつれて、屋根に据え置いていたシーサーの像を門柱に置く家が増えたため二体セットの方が都合が良かった事もあり、シーサーの像は雄雌セットで作られるのが一般的になり、沖縄返還後、本土から観光客が訪れるようになる頃にはシーサーの像というのは二体セットで置き、二体セットで売られるモノだという認識になったそうな。

バスガイドさんのガイド・トークなのでどこまで本当か分かりませんが、40代後半と思しきガイドさんの、南方系の遺伝子を色濃く反映した風貌と、呵々と大きく口を開けて笑うある意味神々しい笑顔を見ると、何となく本当っpうわなにをするやm

・オマケ

utd0603014

まこみしーさー。

うんじょいっぺしーさーかーぎやいびーんさぁー。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 12, 2006

今日のラクガキ

本家トップ絵のラフ。

utd0603011

アルファさん。

トップ絵では「Welcome to Cafe' Alpha」と文字が入れてあって、連載終わっちゃったのにいまさら「ようこそ」もないだろうとは思いましたが、漫画の連載は終わってもアルファさんの人生はこれからもずっと続いていって、どんなに時間が経ってもそこに行けば変わらない笑顔で迎えてくれる、「カフェ・アルファ」ってのはそんな場所なんじゃないだろうかという願いを込めて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2006

迷惑メールの本文が消失する不具合

・Yahoo!メール、迷惑メールの本文が消失する不具合〔ITmedia News/2006.3.10.〕

”ヤフーは3月9日、同社のWebメールサービス「Yahoo!メール」で、迷惑メールフォルダに振り分けられたメール本文が消失する不具合が、3月2日から4日にかけて発生したと発表した。”

創意溢れるステキスパムを日夜送り続けるスパマーの皆さんご愁傷様です(乾いた笑い

不具合には間違いないのだろうけど、必要なメールが迷惑メールフォルダに振り分けられちゃう可能性を心配される方と、スパムを日記のネタにするネタブロガー以外の人には不具合でもなんでもないのではないだろうか。そもそも迷惑メールフォルダの確認してる人ってどの程度いるのやら。

むしろ、この不具合によって他の機能に支障が出ないようなら、迷惑メールフォルダに振り分けられたメール本文が消失する不具合を選択できるサービスを検討すべきだと思うのだがどうだ?>Yahoo

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 08, 2006

今日のラクガキ

今朝、出がけに母が、

「今日はお祖母ちゃんの誕生日(92歳)だから帰りにケーキ買ってきて」

と言うので定時ちょい過ぎに仕事を終えて通勤路途中にあるあまり流行ってなさそうな落ち着いた店構えの洋菓子屋に寄ってウチのばーちゃんはモンブランが好きだから一つはモンブランをおさえておくとして家族4人分で予算1,000円くらいかなぁなどと考えながらケースの中を覗き込んで何を買おうか選んでいたらカウンターで対応してくれた店員さんがデコっぱでポニテで太眉の眼鏡っ娘でした。

utd060308_1
今まで一度も立ち寄った事がありませんでしたがさすが洋菓子の「○ラン」、いい仕事されてます。

「どれがお薦めですか」とか「コレってどんなケーキですか」とか会話を楽しみつつ、ついうっかり予算200%オーバーの2,000円以上買い込んでしまいましたが、家族は大事にしておくもんだなぁと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2006

今日のスパム

今日のスパム

> Subject:柏木茜です。
> From:柏木茜

> 本文:
> すいません・・・アドレス帳を整理していたんですが、
> 心当たりのないアドレスがあったんでメールしました。
> 昔にアドレス帳の方に名前も何も残さないまま登録して
> しまっていたようなので…。
> 本当に失礼だとは思うのですが、あなたのお名前とか、
> どちらの方だったかなど…ご迷惑にならない範囲で結構ですので
> 教えてもらえませんか?
> 普段は自分の名前を英字でハンドルネームにして
> 「akane」って言っているのですが、覚えてらっしゃいますか?
> もしかしたらあなたのお名前だけでもわかれば思い出せるかも知れないので。
> 多分、ずいぶん前にアドレスを交換したんだと思うんですが…。


申し訳ありません。
「柏木」という苗字には、千鶴さんと梓と楓ちゃんと初音ちゃん以外心当たりがありません。多分それは茜さんが違うゲームの登場人物なのか、茜さんの職業がスパマーなのではないかと。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 02, 2006

着メロ遍歴(中編)

D207には携帯電話端末としての機能には特に不満は無かったものの、使用期間が2年を超えた頃からバッテリーの持ちが悪くなり毎日の充電が欠かせなくなったり、液晶のバックライトが着かなくなったりしてきたため、そろそろ機種変更しようかなぁと思ってたら仕事中に沢に水没させてしまい目出度くも機種変更をする事になった。

次に私が選んだのはSO211i

変更機種に行った店に、展示用モックアップではなくてデモ用実機が置いてあっていろいろいじらせてもらったところ、ジョグダイアルとメニューの使いやすさに惚れて選んだ機種である。

蛇足ながら書いておくと、最近の製携帯電話端末のメニューはアイコンを多用したグラフィカルなものが主流であるが、ソニーエリクソン製端末のメニューはテキスト表示のメニューが縦に並んでいるだけのシンプルなモノになっている。一見すると使いづらそうなのだが、メニューの構成自体が非常に整理されて分かり易いモノになっており、ジョグダイアルとの組み合わせによって各社のメニューの中で最も使い易いモノになっているのではないかと個人的には思っている。FOMA系の機種は実機を触ったことがないので分からないが、是非とも正常進化させていってもらいたい部分である。

さて。

この頃になると、ケータイの着信音も3和音だとか5和音だとか16和音だとか言い始めて音質的にも向上し始め、ネットを通じた着メロ配信サービスも一般的になって来る。また、ケータイに保存できる着メロの曲数も大幅に増えたり、着信音の個別設定やグループ設定なども出来るようになって来たため、よほどの事が無い限り誰かと同じ着メロという事は無くなったが、「個性的な自分のケータイ」を演出する手段の一つとしての着メロはいまだ有効であったし、着メロを「聞いて楽しむ」使い方も現れた。

私もとりあえず某大手の着メロ配信サービスと契約してみたのだが、最初にダウンロードしてみたのは実は、ディープ・パープルの「Smoke On The Water」で、実はこれはSO211iの3和音の音でいくらキミが篠原涼子のファンでも東京パフォーマンスドールの「Smoke On The Water」はコピーなんだよということをS崎に納得させるためだった。

洋楽の着メロにはイントロのメロディーだけでもインパクトが強いモノが多く、バグルスの「Video Killed The RADIOSTAR(邦題:ラジオスターの悲劇)」とか、EW&Fの「September」とか、デレク&ドミノスの「Layla(邦題:愛しのレイラ)」とか、ザ・ナックの「My Sharona」なんかも好んで使った。特に「Layla」はクラプトンの楽曲としても有名で、リコール隠し事件直前までのミツビシ・モータースのTVCMに使われていたりもして非常にメジャーな曲だったので、私のケータイから「♪でれでれでれでーん、でーでーでーでーでーん」というイントロが流れると「おっ」という顔をして振り向くオジサンとかもいて面白かった。

映画の主題歌なども着メロ向きのモノが多く、映画「ロッキー」から「ロッキーのテーマ」とか、ブルース・リーの「燃えよドラゴン」のテーマなんかも、イントロだけでウケが取れる優れた着メロだった。ケータイが腕時計や目覚まし代わりという方もいようかと思うが、「ロッキーのテーマ」や「燃えよドラゴン」をアラーム音に設定しておくと目覚めた直後からアドレナリンが大量に分泌されそうでお薦め。

映画「007」シリーズの「ジェームス・ボンドのテーマ」をメールの着信音に設定してみたりもしたが、「♪でんでれででーっでででーん、でんでれででーっでででーん」というイントロが流れると妙にスリリングな気分になってみたり、読み終えたメールが自動的に消滅するんじゃなかろうか?とふと思ったりして味わいのある着メロだった。

「ケータイの個性化」を考えると自分の場合オタっぽい要素も入れておかなければと思い、グループ指定で消防団関係者からかかってきた電話の着メロを「翔べ!ガンダム」にしたが「♪燃え上がれ~、燃え上がれ~、燃え上がれ~、ガンダム」という歌い出しがいささか不穏当であったためいろいろ考えた結果「サンダーバードのテーマ」に落ち着いた。「ワンダバ」で有名な「MATのテーマ」を使いたかったのだが、着メロサイトをいくつか回ってみても見つからなかったのである。もし所在をご存知の方がいたらUTまでご一報を。

着メロには曲のイントロ部分から着メロ化されているモノとサビを中心に着メロ化されているモノがあるが、邦楽のポップ/ロックの楽曲は後者が多い、ように思う。邦楽のヒット曲はTVCMとのタイアップでサビの部分のみが繰り返しオンエアされる事が多く、カラオケ等の場でも「出だしは歌えないけどサビだけは歌える」という人もいるように、サビというのはその楽曲のキモの部分であるから、そこだけを着メロ化する事自体は間違ってはいないと思うのだが、先に述べたように邦楽の着メロの場合、日本語の歌詞に合わせて音符を切っているモノも多く見受けられて本来のメロディーラインの美しさを損ねている事も多々あるため、個人的には邦楽の着メロを好まない。

逆にイントロ部分が印象的な楽曲は着メロにも優れたモノが多いが、その最たるモノは「宇宙戦艦ヤマト」の主題歌であろう。実は、大手の着メロ配信サイトをいくつか見て回っても「宇宙戦艦ヤマト」をイントロ部分から着メロ化しているところが見つからず、個人のケータイサイトでイントロ部分から一曲丸ごと着メロ化されているところを見つけ、ダウンロードさせてもらう際に掲示板でそのサイトの管理者の方にイントロ込みの着メロを探していた事を告げると、その方も「やっぱ、ヤマトはイントロですよね!」と熱く頷いてくださったのもいい思い出である。着メロとしての出来も非常に優れたモノだったので長らく愛用させてもらったが、電話がかかってきても「♪ぱーぱっぱぱーはっぱっぱっぱぱー、ぱらぱっぱっぱぱぱぱーぱらぱっぱー、ぱーぱーぱっぱぱーぱーぱーぱっぱぱーぱー、ぱらぱっぱらぱっぱらっぱっぱぱっ、ぱらぱっぱらぱっぱらっぱっぱぱっぱー」というイントロに聴き惚れているうちに相手が諦めて切ってしまう事が度々あるのが難点といえば難点だった。切るならせめてイントロを聴き終わってから切ってもらいたいものである。

こんな風にいろんな着メロを楽しんだり笑いを取ったりしたSO211iであったが、ソニー製品の宿命なのか2年ほど使った頃にこちらからの声は相手に聞こえているらしいのだが、相手からの声がまったく聞こえない片道通話専用機になってしまったのでまた機種変更をすることになった。


思ったより長くなったのでもう一回続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »