« 今日のフェチ:061107 | Main | 二千円札をもっと使おう »

November 17, 2006

アイたん誕生秘話

ちょっと前のせいるさんの日記に、「アイラブ・アイラブ」 というオリジナルSSがあって、そのSSに挿絵(のようなモノ)を描かせてもらった。正確を記すならば、チャットでせいるさんが車を買い替えて三菱の「i(アイ)」を買うかもしれない、と話をしていて車にまつわる与太話から軽自動車擬人化に推移し至極当然の如く軽自動車擬人化少女に辿り着いてしまった結果を絵にしたモノにせいるさんがお話をつけた、と呼ぶのが正しい。

お話そのものはまだ序章が開けたのみだが、お話の生まれた背景を記したチャットログを以下に掲載しておくので物語を理解する一助としていただきたい。


せいる 「アイにのってきましたよ」
せ 「売れ行きが鈍ってるので今月中に契約してくれるとすごくありがたいとか」
せ 「営業のひとがいってた(苦笑」
UT 「そこで粘っていろいろまけさせるのです(笑」
せ 「とりあえずフロアマットただでくれ、と言ってみるべきか(笑」
UT 「メーカーオプションじゃなくてディーラーオプションの方が値引きしてくれやすいので狙い目。」
せ 「ふむう」
せ 「スバルのR2もみたんですが」
せ 「どうも前面フォルムが気にくわない」
せ 「後ろはすきになれそうんですが。」
UT 「R2たんにバックからくんくんふにふにするせいるさん。」
せ 「いまそれぼくもいおうとおもった。
せ 「UTさんが擬人化してくれないかなぁ。アイたんとR2たん」
せ 「それみてきめるから。笑」
UT 「あーうー、」
UT 「なんとなく描けそうな気がするのが怖い。
せ 「お。期待してますよ」
せ 「ネタがないときのネタにでもしてください」
せ 「あ、ふたりともこっとんぱんつですからね。
UT 「R2の方は半ズボンキャラのような気がする。」
UT 「アイは分からんけど。」
せ 「半ズボンというかキュロットじゃないです?」
UT 「そんな感じ。」
せ 「なんかこうリアのタイヤのあたりなんか。」
せ 「前を見ると……真琴がきてた吊り式ジーンズみたいな」
せ 「ボーイッシュキャラなのか?」
せ 「アイはなんだろうなぁ。こうちっこくてまるっこいけどきびきびしてるかんじの……」
せ 「小型高性能なかんじ」
UT 「…あー、先日天野さんのサイトの日記を昔の方からごっそり読ませてもらったんだけど、」
せ 「うぃ?」
UT 「天野さんの乗ってたクルマの擬人化ってのがあったなぁと。」
UT 「名前までついてたし。」
せ 「そんなのありましたっけ?」
せ 「天野さんの古い日記は実はあんまりよんでないんですよね」
せ 「私が弄られ出したぐらいから、かなぁ」
UT 「コレ。」
UT 「日記そのものは物凄くいい話なんだけど、イラストのはっちゃけ振りに吹いた。」
UT 「あんな感じの絵で描いてみようかと思ってますが、色は何色がいいですか?」
せ 「アイはシルバーかアッシュグレイでなやんでるんですが」
せ 「シルバーで。R2はスポーツタイプの青いやつがカックイーかなぁとおもうのですがどうでしょうか。」
UT 「ああ、良かった。「こっとんほわいと」とか言い出したらチャットのログごとネタにしてやろうかと思いましたが(笑
せ 「utさん……」
せ 「うわぎをぬいだら二人はこっとんほわいとなんですよ!
せ 「りあふぉるむをふにふにくんくんですよ!
せ 「たぶん。笑」

断っておくが、誤字脱字を修正した以外は一切文章には手を加えていない。一部単語に強調表現が用いられているのは仕様です。

UT 「typeSだとボンネットにインテークがあくのか…」
せ 「かっくいーですよねー。S」
せ 「それ以外にもインテリアがおきにがおおいんだけど。」
UT 「ボディカラーに「シルキーホワイト・パール」ってのがありますね。」
UT 「綿じゃなくて絹。」
せ 「そこがコットンホワイトなら買いなんだけどなぁ。
UT 「ディーラーの人に「コットンホワイトなら買う」って言ってみれば。」
UT 「何年か乗るとちゃんと経年劣化で黄ばんでくるの>コットンホワイト
せ 「それ黄砂のせいじゃないよね。笑」
UT 「それにしてもR2のリアフォルムは絵柄が浮かんでくるリアフォルムだよなぁ(笑」
せ 「リヤはグっとくるんだけど」
せ 「フロントがいまいちかぁいくないんだよねぇ」
UT 「スバルは他にR1っていうクセの強いのがあるからねぇ。」
せ 「フロントをまるっこくしてくれたらR2なんだけど。」
せ 「Smartなんかはどこみてもかわいいしょうがくせいのおにゃにょこ
せ 「ってかんじなんだけど。ハーフの。」
UT 「ドイツ人ハーフですね、きっと>スマート」
せ 「そですね。じゃーまんくおーたー?」
UT 「まぁソレ言ったらアイもドイツ系の血が混じってる事になりますが。」
せ 「あれは鬼子だからどっちかというと」
せ 「おじいさんがドイツ人なんだってー。『あ、あう、それはわたし、し、しらなかった……』ってかんじ?」
せ 「銀髪のさきっちょを手で弄びながら『わたし、みつびしの子だから……で、でもがんばるっ』ってかんじ?」
せ 「うわーなんかモエー」
UT 「不幸キャラだったのか(笑」
せ 「みつびしの子は風当たりが強いもん(笑
UT 「むしろ、お母さんがドイツ人、お父さんが日本人で、」
UT 「お父さんの会社でいろいろ不祥事があって家庭内不和で離婚して父子家庭。」
せ 「うんうん」
せ 「家庭のためにがんばるんだけどあんまり上手くいってない状態なんですなw」
UT 「学校では『おめーのとーちゃんリ○ール隠し!』と苛められている(笑」
せ 「カワイソスw」
せ 「すごい萌キャラができあがってしまった……」
UT 「恨むならミツビシお父さんとふそう叔父さんを恨め。
UT 「まー、今のミツビシの業績じゃどう擬人化しても不幸キャラにしかならないでしょうしねぇ。」
せ 「ですねぇ。」
せ 「営業所のひともがんばってたとおもうんだけど。」
UT 「でも、スバルのR1なんかアイ以上に売れてないんじゃないかと思うくらい見かけないんだけどなぁ(笑

そんな会話を交わしつつ描き上がったラフ絵がコレ。

I00

せいるさんの「しょうがくせいおにゃのこ」発言が色濃く反映されてます。この絵に加え、更に何枚か絵を描いて与太話は続きます。

UT 「お兄ちゃん取り合う話なのか。」
せ 「もう右腕と左腕にぶらさがって薄い胸をぐいぐい押しつけたりして
せ 「「買って…」「買ってーっ」」
せ 「って言う話。笑」
UT 「 お兄ちゃん争奪キャノンボールレースをやるとか(笑」
せ 「実際走るんですな笑」
せ 「乗せるモードのときはひょいとお兄ちゃん持ち上げて走る(笑
せ 「下ろすと非力なおにゃにょこモードに。笑」
UT 「それか、峠のダウンヒル勝負。」
UT 「タイトルは「頭文字K」
せ 「イ○シャルケーキター笑」
せ 「でも普通に考えたらアイたんとR2たんがお兄ちゃんの腰の上でどっちが乗りこなせるか勝b……
せ 「ってそれ乗せられてるやんけー。てなR18話。」
せ 「なんですけど笑」
UT 「けいじどうしゃによくじょうできるせいるさんはりっぱだとおもう(ほめことば)
せ 「ほめられてるのカナ? カナ?w」
UT 「文法上は褒めてます。」
せ 「わぁい」

重ねて断っておくが、誤字脱字を修正した以外は文章には一切手を加えていない。こんな与太話から生まれたアイたんの明日はどっちだ。ついでにカーオブザイヤー受賞おめでとう、アイたん。

|

« 今日のフェチ:061107 | Main | 二千円札をもっと使おう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アイたん誕生秘話:

« 今日のフェチ:061107 | Main | 二千円札をもっと使おう »