« December 2006 | Main | February 2007 »

January 29, 2007

軽自動車擬人化少女シリーズ『セルボ』

Cervo

スズキ・セルボ。

実車はカタマリ感のあるマッシヴなデザインであまり「擬人化少女」企画向けじゃないかなと思ってたら、せいるさん『なんかボーイッシュというか、 ボクっ子っぽいかおしてると思いません?』とか言うのでこんな感じに。

カタマリ感はあるけどゴツゴツしているわけでもなく、ルーフラインからリアウィンドウに滑らかに繋がるラインもとてもキュートなので後ろ側の絵を描く際には上手く活かして描きたいところ。ドアミラーが楕円形で可愛い感じだったので付け耳風にしてみました。

絵を描く参考にしようと思って仕事で付き合いのあるスズキ系列店に(仕事中に)立ち寄ってカタログをもらったり展示車をまじまじと観察してきましたが、お店の人の期待に充ち満ちた視線が痛かったです。まさかこんな頭の悪い絵を描くためにカタログもらっていくとは夢にも思わないだろうなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2007

究極超人あ~るイメージアルバム復刻

・究極超人あ~るイメージアルバムがっっ〔田園調布の裏通り/2007.1.27.〕

特定の年代の人達にとってはある種せーしゅんのバイボー的存在であった「究極超人あ~る」のイメージアルバム(懐かしい響きのする単語だ)復刻のお知らせ。詳しいニュースソースはこちら↓。

・好評アニメ廉価シリーズが再び登場!『究極超人あ~る』他〔CDJournal.com/2007.1.26.〕

2005年11月に復刻されたイメージアルバムvol.1、vol.2に続いて今回は『究極超人あ~る どらまSPECIAL』『究極超人あ~る 真夏の一夜漬』『究極超人あ~る アニメ・オリジナル・カラオケ』『究極超人あ~る BOX』の4タイトルが復刻されるとの事。

なにしろ私、「笠原弘子の代表的な役柄は?」と聞かれて「大戸島さんご」と応えてしまう人なのでいろいろ思い入れもありますが、故塩沢兼人さんの元気な無気力な声や、故風亭柳昇師匠の高座以外でのお声を聴くことが出来るのはあ~るのイメージアルバムだけなのでファンの方は是非。

それから『BOX』に収録されている山本正之さんの『飯田線のバラード』は、この一曲のためだけに二枚組CD買う価値があるくらいの名曲なので未聴の方は是非。電車の旅の必需品。

   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2007

眼鏡新調しました。

Utd070120_1

眼鏡新調しました。

二年くらい前に替えた仕事用眼鏡のレンズ表面のコーティングがひどく傷ついて視界に靄がかかったような感じになってしまい、レンズだけ交換してもらおうかとも思ったのですが、源泉徴収の還付金を金曜にいただいたのでそのお金をもって『弐萬圓堂』に行ってきました。

Utd070120_2

せっかくなので新調した眼鏡をモデルに本家サイト用の絵を描いてみました。体の線をざっと描いてそのまま仕上げてしまったので服を描くのを忘れましたが必要最低限の着衣はしているのでまぁいいかと(ヒント:眼鏡)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2007

軽自動車擬人化少女シリーズ『ムーヴ三姉妹』

『軽自動車擬人化少女』といういろんな意味でアホな企画を立ち上げて以来、街角ですれ違う軽自動車や駐車場に停まっている軽自動車をまじまじと見つめて脳内変換する習慣がつき、おかげで軽自動車の車種やグレードについても必要以上に詳しくなりましたが、擬人化を前提に軽自動車を眺めているとダイハツの『MOVE(ムーヴ)』という車種は非常にバリエーションが多いのに気がつきます。

ダイハツの主力商品であり販売台数も多く昨年モデルチェンジしたばかりなので先代のムーヴもいまだによく走っているし、ムーヴには「ムーヴ・カスタム」と「ムーヴ・ラテ」という派生車種があり、更にその中でグレードによってグリル周りのデザインが違うため現行車種に限っても10パターンくらい顔付きの違うグレードがある事になります。

実は「ムーヴ・カスタム」と「ムーヴ・ラテ」はあくまで「ムーヴ」という車のグレードの一つだとずっと思っていて、実際「ムーヴ・カスタム」は「ムーヴ」の上級グレードとして誕生したのだと記憶しているのですが、この企画を始めてから気になって調べてみると販売店側やメディアの扱いはそれぞれ別車種になっているようで、ダイハツでカタログをもらってきたら別々のカタログをくれました(ただし、国土交通省の販売台数調査では『ムーヴ』という一車種扱い)。

ムーヴを擬人化するにあたってどのグレードを採用したものかなぁと悩んでいたのですが、それならいっそ『ムーヴ』『ムーヴ・カスタム』『ムーヴ・ラテ』で三姉妹にしてしまえばいいじゃないかと天の声がしたのでそのように描いてみました。

Move

ムーヴ。次女。

基本となる車種ですが昨年のモデルチェンジで先代のボクシーな外観からかなり丸みを帯びたデザインになりました。Aピラーからヘッドライトのアイラインまでが一つのラインで処理されているフロント周りのデザインは先代ゆずりなので上手く擬人化絵にも活かしたいところ。運動神経も良くて力持ち(大容量)でちょっとオトコノコっぽいけどモデルチェンジで少しオンナノコっぽさも出てきた人気者の次女、のイメージ。

Move_custom

ムーヴ・カスタム。長女。

ムーヴとはフロント周りのデザインが違ってヘッドライトが角目で二灯。上着(?)のポケットの部分にドアノブのデザインを取り入れているのはムーヴと共通。性格やスペック(?)は次女とよく似ているけどオシャレにも気を使っている長女、という感じか。

Move_latte

ムーヴ・ラテ。三女。

実車のデザインも20~30代の女性をターゲットにした丸みを帯びたカワイイ系のものなので少し幼い感じに描いてみました。ヘッドライトは大きな丸目。ムーヴ・ラテという車種の中でもグリル周りの違うグレードがいくつかあって「自分好みの顔が選べる」というのがムーヴ・ラテのウリの一つのようですが、スポーツなグレードのメッキグリルとかは三女のイメージではないので、楕円形の小さい穴がメッシュ状に開いている一番安いグレードを採用。実はムーヴ・ラテだけはモデルチェンジ前の先代のムーヴがベースなので(そのうちモデルチェンジする?)、スペック的には姉二人に及ばないけど親しみやすさと性格の良さで可愛がられている末っ子の三女、がイメージ。


こうして何車種かまとめて描いてみると、『軽自動車擬人化少女』と謳いつつも『自動車』の部分の比重が軽くて単なる『自動車っぽい服(?)を来たオンナノコ』の絵になってしまっていて、それはそれでいいのですがネタとしてのインパクトを増すためにも、いずれ発行予定の『軽自動車擬人化少女本(仮題)』までにはもう少し細部のデザインを煮詰めて行きたいところ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2007

goo流行語辞書2006年キーワード編 for ATOKを公開

・goo流行語辞書2006年キーワード編 for ATOKを公開しました〔ATOK.com/2007.1.9.〕

”2006年1月~12月までに「goo」の検索サイトで入力された流行語、人物名、経済・時事用語などを収録。 「ハンカチ王子」「エビ売れ」などが最初の数文字を入力するだけで、推測変換候補として表示されるため最新の言葉も効率よく入力できます。”

早速導入してみました。試しに「あ」と一文字入力してTabキーで省入力変換候補を表示させてみると、「AKB48」「あのね商法」「ぁたしゎ文字」等々。美しくて正しい日本語入力に役立つかどうかはともかく、省入力変換候補を見るだけで無闇矢鱈と面白いので登録ユーザーの方は是非。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2007

軽自動車擬人化少女シリーズ

けいじどうしゃぎじんかしょうじょ。

改めて平仮名で書くと実に頭の悪い響きがしますがまだまだ続きます。

Mr_wagon

スズキの「MRワゴン」。

先日ニッサンのモコを描いたときに、OEMの供給元であるMRワゴンは従兄かなぁなどと考えていたのですが、実車を見たらどう見ても女の子にしか見えなかったので従姉ということで。

体格から顔つきまで基本的には同じでグリル周りのデザインで差別化するのは実車と同じですが、販売実績でOEM先のモコに負けてたりスズキ家の中でも年長にワゴンRがいるので立場的に微妙な感じのする不遇キャラ不幸キャラっぽさを反映して眼鏡っ娘に。実車の顔つきも眼鏡っぽいし。

Sonica

ダイハツの「ソニカ」。

そもそもの発案者であるせいるさんのイメージでは「庶民派成金お嬢様でファミレスチェーンの社長の孫娘」みたいな感じらしいのですが、実車をまじまじと視姦観察したら全高の低いフラットなデザインを反映してこんな感じに。さらになんとなく勢いでツインテールに。イメージカラーは多分青。アイのライバルキャラ的存在?

Copen

ダイハツの「コペン」。

実は「軽自動車擬人化少女」という企画(?)が持ち上がった時にすぐ思いついたのがコペンでした。スポーティなんだけどタイトでソリッドでギンギンな感じのしない明るいキャラクター。上着がパーカ状になっていてフードを被ることでアクティブトップも再現。お椀型スカートと合わせて気に入っているデザインです。 ところでコペンってまだ生産してるのか?

最初は一発ネタのつもりで描いたミツビシ「アイ」の擬人化から始まった「軽自動車擬人化少女」シリーズですが、いろいろ描いているうちにコピー本くらいなら作れそうな気もしてきました(笑)。せっかくなので「軽自動車擬人化少女」というカテゴリも作ってみたので、ネタが続く限り描いてみようと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 01, 2007

描き初め

元旦の行事もつつがなく終わったので夕食後にサクサクと鉛筆を走らせてみたり。

Utp070101

今年もこんな感じでやっていこうと思いますのでよろしくお願いいたします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »