« January 2007 | Main | March 2007 »

February 28, 2007

ちょっとお知らせ

アクセス解析を覗いてみると日曜辺りからワンダーフェスティバル2007[冬]のレポートを探してきたと思しきアクセスがチラホラ。

過去何回かピンキー関連のレポートを掲載させてもらったのでそれを覚えていた方のアクセスか、検索で過去ログにヒットした方のアクセスだと思うのですが、数ヶ月前からピンキー関連のエントリはP is for Pinkyというピンキー関連専用のブログに掲載させてもらっています。今回のWF2007[冬]のピンキー関連記事もそちらに掲載させてもらってますので、よろしければそちらをご覧下さい。


ワンフェス2007〔冬〕ほとんどピンキーレポート〔P is for Pinky/2007.2.27.〕

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2007

今日のスパム:070218

今日のスパム。

> From: メガネっ娘
> Subject: 空、りな、まゆ、舞美、あいみとメガネの似合う愛らしい女子○生5人姉妹が揃い踏み!勉強だけでなくエッチな事にも興味津々なお年頃の彼女達のそれぞれの秘密とは?

こんなか?

Utd070218

もしこんなだったら騙されてみるのもいいなぁなんて少ししか思ってませんホントです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 10, 2007

ATOK2007手描き入力精度試験

『ATOK2007』買ってきました。

Utd070209_1

私が正規のパッケージ版を買い始めたのが『ATOK14』からで、新しいバージョンが出ても買わなかった時は何度かあるものの、バージョンが『200X』表記になってからは毎回買っている事になります。

ユーザー辞書そのものは私の最初のPCにプレインストールされていた『ATOK9』の頃からずっと引き継いで使っているので、いろんな意味で強まってしまっていてもはや他の入力環境には戻れないため買い続けているというのもありますが、近年ではこのブログに掲載している『ATOK手描き入力精度試験』というネタ企画が一部で異様に好評なためやはり後戻りが効かないので買い続けている次第です。

そんなわけで早速新バージョンの手描き入力を試してみました。

「狸」
Utd070209_2

「狐」
Utd070209_3

『ATOK2007』になって『ATOKハイブリッドコア』という変換エンジンが採用され、それに伴い手描き入力の機能強化もされているようですがあまり芳しい結果とは言い難く………というネタはともかく、今回は少し真面目に記号の手書き入力をいくつか試してみました。

「@(アットマーク)」
Utd070209_4

「&(アンパサンド)」
Utd070209_5

「㎥(立米)」
Utd070209_6

「♪(音符)」
Utd070209_7

「@」や「&」のような標準的な日本語キーボードには必ずある記号はともかく、私達が日本語入力を行う上で使う記号のいくつかは日本語キーボードには無く、上の例の「♪」ならば、「おんぷ」→「♪」のように読み方を入力して変換してやるか、手書き入力で音符の形を描いて認識させるかの二つの方法があります。現状ではキーボードで「O・N・N・P・U・スペース」と入力するのと、手書き入力のパレットを呼び出してマウスなりタブレットで音符を描くのではキーボードで入力した方がラクだと思いますが、仮に手書き入力がもう少しシームレスで洗練されたインターファースを備えていれば記号入力のために手書き入力を使うケースは増えてくると思います。

また、手書き入力という機能には、なんらかの理由で10本の指でキーボードを扱う事の出来ないハンディキャップを持った方の日本語入力を支援する機能としての可能性もあるのではないかと思います。日本語入力の支援機能としては『音声入力』というモノもいくつか開発されていますが、表記言語としての文語と口語の違いや個人の訛りなど克服すべき点も多く、実用性に乏しい製品が多いのが現状です。むしろ、タブレットPCのような入力インターフェースにスタイラスや自分の指先を用いて文字入力を行う方が実用的なモノが出来るのではないでしょうか。

現在「手書き入力」という機能は、読み方の分からない漢字の読みを調べたり、旧字体で変換候補に無い漢字を入力するのに使ったり、ギャル絵を描くために用いたりされていますが、先に述べたような記号の入力の簡易化やハンディキャップを持った方のための入力支援の可能性も考えられます。また、現状では一度に一文字の入力にしか対応していませんが、複数の文字を続けて入力し変換する機能を備えられれば、アプリケーションの日本語入力エリアに直接タブレットペンや指で文字や文章を書いて入力するという方法も考えられます。

今のところFEPのオマケ的機能として搭載されているに過ぎない手書き入力ですが、日本語入力の新たな可能性を秘めた機能である事を認識し、更なる機能強化が図られる事を期待しています。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 07, 2007

ぱんつ検定

・グンゼ、ネットで「パンツ検定」 3月から〔asahi.com/2007.2.7.〕

”下着をよく知ってもらい、愛着を持ってもらおうと、グンゼは3月からインターネット上で「パンツ検定」を始める。肌着にまつわる問題を100問出題し、解答した人には、成績に応じて1級から4級の認定書をネット上で発行、印刷できるようにする。”

ぱんつは五感で味わうモノ。むしろ触診香りのテイスティングの検定を設けるべきだと思います。くんくんふにふに。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 04, 2007

軽自動車擬人化少女シリーズ『ミゼットⅡ』

Midget2

ミゼットⅡ。

一言で言うと、うちの職場の近くに花屋さんがあって配達の車にミゼットⅡを使ってるんだけどそこのアルバイトの子が結構可愛くてでも花屋なんだけど観葉植物も扱ってる植木屋さんのような店なので仕事中の服装はエプロンに軍手にゴム長で20号くらいの鉢植えを両手で抱えてよたよたと歩いていたりするのがなんとも微笑ましくつきじ花木店というのはあくまで仮名であってちっちゃい荷台に2メートルくらいある観葉植物をみっちり積んで走り回っているミゼットⅡはカワヨイなぁという絵です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 03, 2007

節分に

近年では『節分』と言えば、スーパーで買ってきた太巻きを食べてコンビニで買ってきた福豆を撒くイベントとして定着していますが、季節の分け目に訪れると言われる邪気(邪鬼)を払う厄払いをするための行事が節分の起こりだと言われています。

厄払いの方法としては先に述べた豆まきが全国的にも有名ですが、柊の枝に鰯の頭を刺した『柊鰯』と呼ばれる(地方によって呼び名は違うらしいが)厄除けの飾りをする地方もあります。私の住む静岡市の山間部でも以前は『柊鰯』を飾る習慣がありましたが最近ではほとんど見かけなくなり、そうえいば我が家でも最近飾った覚えがないなぁと思って玄関を見たら戸口の柱にちょこんと柊の枝が挿してありました。

Utd070203_1

柱の割れ目に挿した柊の枝。柱が割れているのは別に欠陥住宅だからではありません。木の柱は割れて当然のモノです。イキモノだから。

Utd070203_2

こちらは勝手口に挿した柊の枝。

家中見て回ったら、便所の戸や納屋の戸口にも同様の枝が挿してありました。母親に聞いてみたら、鰯を挿しておくと野良猫やカラスが寄ってきて仕方がないので数年前から柊だけ挿すようにしたとの事。まぁ確かに昨今の住宅事情では『邪鬼』のような得体の知れない迷惑より野良猫やカラスのような目に見える迷惑の方が逼迫した問題ではあるよなぁ。

ちなみに我が家でもスーパーで買ってきた太巻きも食べるしコンビニで買ってきた福豆も撒きますが、厄除けのための『柊鰯』を飾る習慣は続けていきたいと思います。柊だけだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

軽自動車擬人化少女シリーズ『アルト、キャロル、ピノ』

先日、日産自動車から「ピノ」という軽自動車が発売されました。

発売されて間もないのでまだ街中で見かける機会は少ないと思いますが、TVCMを見たり販売店の店頭でご覧になった方もいるかと思います。見て分かるようにニッサン「ピノ」という車は、スズキ「アルト」をOEM供給された車種になります。「MRワゴン」のOEMである「モコ」に続きスズキからは二車種目のOEM車種(「オッティ」はミツビシ「EKワゴン」のOEM)で、フロントグリル周りのデザインを変えるだけで車のキャラクタの差別化を図り、どうかすると供給元の車種より上手にまとまったデザインに見せるニッサンのセンスが発揮されたデザインではないかと思います。

さて、「ピノ」の供給元である「アルト」はマツダにも供給され「キャロル」という名前で売られています。最近は「ワゴンR」や「ムーヴ」のようなハイト系ワゴンの軽自動車が売れ筋で販売台数も鈍っているとはいえ、「軽自動車擬人化少女」企画としては「アルト」という車種は外せないだろうなぁとは思っていたのですが、いかんせんモデルライフの半ばを過ぎデザイン的にも最近の軽自動車に見劣りする上、職場で使っている商用車クラスの「アルト」にあまり良い印象を持っていなかったため今ひとつ筆が進みませんでした。

が、「ピノ」が発売されたのを機に改めてカタログを見直してみたり三車種を並べてみたりするうちになんとなく浮かんできた絵柄をそのまんま描いてみました。

Alto_carol_pino

OEM三人娘。

基本的に三車種とも同じ顔でグリル周りのデザインで差別化するのは実車と同じ。「アルト」「キャロル」「ピノ」と揃いも揃ってオンナノコっぽい名前が与えられているようにキャラクタ的にも大差ないのだけど、「キャロル」の方がちょっとだけオトコノコっぽかったりとか「ピノ」の方がちょっとだけオシャレだったりとか。姉妹ではなくて従姉妹同士という設定で、「キャロル」は広島育ちでおとーさんはアメリカ人、「ピノ」はヨコハマ育ちでおとーさんはフランス人(笑


…ところで、「ピノ」という名前を聞いた時すぐさま「ピノ子」という安直なあだ名が脳裡に浮かんだのだけど、その名前だと走行中にタイヤとかハブとかアッチョンブリケてミツビシの二の舞になうわなにをするやm

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« January 2007 | Main | March 2007 »