« 軽自動車擬人化少女シリーズ『アルト、キャロル、ピノ』 | Main | 軽自動車擬人化少女シリーズ『ミゼットⅡ』 »

February 03, 2007

節分に

近年では『節分』と言えば、スーパーで買ってきた太巻きを食べてコンビニで買ってきた福豆を撒くイベントとして定着していますが、季節の分け目に訪れると言われる邪気(邪鬼)を払う厄払いをするための行事が節分の起こりだと言われています。

厄払いの方法としては先に述べた豆まきが全国的にも有名ですが、柊の枝に鰯の頭を刺した『柊鰯』と呼ばれる(地方によって呼び名は違うらしいが)厄除けの飾りをする地方もあります。私の住む静岡市の山間部でも以前は『柊鰯』を飾る習慣がありましたが最近ではほとんど見かけなくなり、そうえいば我が家でも最近飾った覚えがないなぁと思って玄関を見たら戸口の柱にちょこんと柊の枝が挿してありました。

Utd070203_1

柱の割れ目に挿した柊の枝。柱が割れているのは別に欠陥住宅だからではありません。木の柱は割れて当然のモノです。イキモノだから。

Utd070203_2

こちらは勝手口に挿した柊の枝。

家中見て回ったら、便所の戸や納屋の戸口にも同様の枝が挿してありました。母親に聞いてみたら、鰯を挿しておくと野良猫やカラスが寄ってきて仕方がないので数年前から柊だけ挿すようにしたとの事。まぁ確かに昨今の住宅事情では『邪鬼』のような得体の知れない迷惑より野良猫やカラスのような目に見える迷惑の方が逼迫した問題ではあるよなぁ。

ちなみに我が家でもスーパーで買ってきた太巻きも食べるしコンビニで買ってきた福豆も撒きますが、厄除けのための『柊鰯』を飾る習慣は続けていきたいと思います。柊だけだけど。

|

« 軽自動車擬人化少女シリーズ『アルト、キャロル、ピノ』 | Main | 軽自動車擬人化少女シリーズ『ミゼットⅡ』 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 節分に:

« 軽自動車擬人化少女シリーズ『アルト、キャロル、ピノ』 | Main | 軽自動車擬人化少女シリーズ『ミゼットⅡ』 »