« もしも、ぴょん吉が、女の子につぶされていたら。 | Main | いたわりぞーん »

March 15, 2007

軽自動車擬人化少女シリーズ『ラパン』

「ラパン」は2002年に先代のアルトの派生車種として発売され、フランス語で「うさぎ」を意味する「ラパン」という可愛らしいネーミングからも分かるように主に20代から30代の若い女性をターゲットとするパーソナリティカー的な車である。

ベースが先代のアルトだけあって最近の軽自動車に比べれば運動性能は見劣りする点も多くうさぎのようにぴょんぴょんと軽やかなとはいかないが、エクステリアやインテリアのデザインはいまだに新鮮な存在感のある車だといえる。

そんな「ラパン」を擬人化するにあたって、名前から「ラパン」→「うさぎ」→「バニー」→「うさみみ」という安直な絵的な記号が思い浮かんだのだがいやそれは孔明の罠だこの周公瑾だまされはせぬぞいやしかしここはあえて罠に陥ったふりをして敵を欺き敵陣中央に近づいたところで一気に殲滅するこれぞ苦肉の計ははは孔明敗れたりと独り言を言う軍師の声がしたのであえてうさみみ装備で描いてみました。何処の国のダメな軍師だよそれは(ヒント:江蘇省)。

Utd070315

ツートーンカラーのモデルをイメージして描いたのだけどややウエスト回りが間延びしてしまっているのでいずれ描き直してみるかも。

|

« もしも、ぴょん吉が、女の子につぶされていたら。 | Main | いたわりぞーん »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 軽自動車擬人化少女シリーズ『ラパン』:

« もしも、ぴょん吉が、女の子につぶされていたら。 | Main | いたわりぞーん »