« 「ガッチャマン」「ヤッターマン」実写映画化 | Main | 軽じゃない自動車擬人化少女『セイバー』 »

April 16, 2007

軽自動車擬人化少女シリーズ『さよなら、アルト』

私の職場では社用車としてスズキのアルトを一台使っている。

年式は平成16年式、色は白。仕事用のクルマなので必要最低限の装備しかない一番安いグレードだ。燃費も良くて小回りが効いて荷物もある程度載るものだから様々な使われ方をしているクルマで、営業の外回りから長距離の出張、後部座席を倒して荷物を満載して配達用にも使われている。年間走行距離でいえば私の職場で一番の働き者のクルマだ。実質二年半で7万㎞もの距離を走っている。

ただ、私の職場の人達が愛情を持ってこのクルマに接していたかというとそれほどでもなかったような気がする。

何しろ事故歴が多い。

バンパーをこするくらいはまだいい方で、駐車場内の排水溝の蓋の無いところに落っことしてみたり、電柱にぶつけて片目を潰してみたり、オカマを掘られたり、トラックの跳ねた小石がフロントウィンドウに当たり直径5㎝ほどの放射状のヒビが入ったままだし、未舗装の林道を走っていてアンダーパネルに石が当たりギアケースを割ってしまい、しかもそれに気付かずしばらく走り続けてギアオイルが抜けてトランスミッションが焼き付き、同じ型の廃車のアルトからギアボックスごと移植という大手術までしている。

さらにはほとんど毎日走り回っているのでちゃんと洗車してやる機会が年に1,2度しかなくていつも水垢で汚れているし、このクルマをよく使う人でヘビースモーカーの人が何人かいていつも灰皿から吸い殻が溢れているしシートに焦げ跡はあるし車内はヤニ臭いしいつのだか分からない弁当のゴミがシートの下から出てきたりするわで年式以上に古びて見えてしまっている。

そういう私もこの「スズキ・アルトというクルマ」があまり好きではなかった。年式は平成16年でもベースになっているのは先代のワゴンRなので最近の軽自動車に比べれば基本設計が古くさいのは否めないし、上品さを目指したのかもしれないがちょっと外した感もあるエクステリアもイマイチ好きになれなかった。「♪緑の中を走り抜けてく真っ赤なアルト」と替え歌にまで歌われるように「アルト」といえば軽自動車の代名詞的存在であったのが、低価格路線の影響で各所に造りの安っぽさが目立つようになり社用車のグレードだとそれが顕著で「いかにも軽」という乗り心地も好感の持てるものではなかった。だから、今まで丁寧に洗車をしてやった事もなかったし、そもそも他のクルマを好んで使っていたのでアルトを運転する機会そのものが少なかった。

そのアルトを、4月いっぱいで他のクルマに買い替えるという決定が先日下された。

度重なる事故や使用頻度の激しさからかあちこちにガタが来ていてホイールアライメントは狂っているし窓からは雨漏りがするため車検を待たずに買い替える事にしたらしい。おそらく下取りに出しても買値が付かないであろうからそのまま廃車になるだろう。

せっかくこうして「軽自動車擬人化少女」という(頭の悪い)企画をやっているので、今のうちに絵を描いておかなくてはと思い、以前掲載したラフ絵を参考に職場のアルトを描き下ろしてみた。

Alto01

最初はもっとネタっぽく何度も事故って傷だらけの絵を描こうと思ったのだが、「彼女」に申し訳なくてやめた。彼女は、こんなにも愛らしいクルマだったのだ。

スクエアなフォルムにタイヤハウスの丸いアーチを組み合わせたデザインも、うちの職場の駐車場でなければもっと見栄えがしただろうし、私の職場の人達がもっと綺麗に、もっと大切に彼女を扱ってやればこの先何年も活躍してくれただろう。中も外も汚れて傷だらけなのはほとんどが運転する私達の責任だ。

今回擬人化絵を描くにあたってカタログやら軽自動車関連の雑誌を集めたり、ネットで資料を集めたりもして、彼女にも良いところ、魅力的な部分がたくさんある事に気がついた。ただ、それらのほとんどが、クルマに対して厳しい使用条件と運転者が揃っている私の職場では発揮しにくいモノだっただけの事だ。

今日も彼女は雨の中営業に走り回っている。残り2週間ほどの付き合いになってしまったけど、この雨が上がったら、彼女をピカピカに洗車して車内も掃除してスモーカーの人が辟易するくらいに芳香剤を振り撒いてやろうと思う。

そして新しい軽自動車が来たら、彼女の分まで可愛がって………え?新しいクルマはカローラ?聞いてないよ?大変実用的で無難な選択だと思うけど、それだと「軽自動車擬人化少女」の企画からは外れちゃうんで、今からでも車種変更しませんか?ホンダのライフとかスバルのステラとかまだ絵を描いてない娘だとじっくり観察して絵を描くのに都合が良くてお薦めなんですけど?

|

« 「ガッチャマン」「ヤッターマン」実写映画化 | Main | 軽じゃない自動車擬人化少女『セイバー』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 軽自動車擬人化少女シリーズ『さよなら、アルト』:

« 「ガッチャマン」「ヤッターマン」実写映画化 | Main | 軽じゃない自動車擬人化少女『セイバー』 »