« ATOK2007すいすい省入力データ 2007年11月版公開 | Main | ♪太り上手と呼ばないで »

November 26, 2007

軽自動車擬人化少女シリーズ『シゲタさんちのモコ』

私の家の近所にシゲタさんというおじいさんがいて、ニッサンのモコに乗っている。

お年寄りの方でも軽自動車に乗っている方はそう珍しくもないのだが、シゲタさんの乗っているモコはピンク色(モコルージュという設定色らしい)で、随分若い車に乗っているなぁと近所でも評判になっている。なんでも、本来は孫娘の大学卒業と就職の記念に買ってあげた車らしいのだが、当の孫娘が就職先の研修を終えて配属されたのが関東圏で、通勤には電車で十分だしかえって駐車場料金などの維持費が就職したての新社会人には負担が大きいということで、ほとんど新車のモコは実家であずかることになり、維持管理を兼ねてシゲタさんが乗っているということらしい。

さて、そのシゲタさんがピンクのモコにいやいや乗っているかというと、そうでもないらしい。

そもそも、シゲタさんは近所のガソリンスタンドを定年まで勤め上げた方で、整備士の資格も持っており、更に若い頃(と言っても50代だと思うが)にはケンメリのスカイラインで街道をブイブイ言わせていたという逸話の持ち主である。すでに70をこえているはずだが背筋もぴしっと伸びて白髪交じりの髪をきっちりと刈り揃えた、いかにも「ロマンスグレー」という風情の人物で、定年退職後に町内会の役員をやっていて諸々の書類を作るのに「60の手習い」でパソコンを使い始めたという豪の者でもある。

そんなシゲタさんがピンクのモコに乗っているのはなにやら微笑ましい光景ですらあるが、元々の車好きに加えて、「孫娘の車」というのはそれだけで慈しむに足るのだろう。ましてやその孫娘が遠い武蔵野の地に離れて暮らしているとあっては。

シゲタさん家のモコはいつもピカピカだ。決して大事にしすぎて車庫で眠っているわけではない。巨木巨樹の写真を撮るのが趣味なシゲタさんはモコに乗って県外まで撮影に出かけることも珍しくない。元整備士のシゲタさんはジャケットの内懐にいつもエアゲージを忍ばせていて、出かける前の空気圧チェックを怠らないくらいモコの調子には気をつかっている。

Moco01

そんなシゲタさんを乗せて走るピンクのモコも、とても幸せそうだ。

|

« ATOK2007すいすい省入力データ 2007年11月版公開 | Main | ♪太り上手と呼ばないで »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 軽自動車擬人化少女シリーズ『シゲタさんちのモコ』:

« ATOK2007すいすい省入力データ 2007年11月版公開 | Main | ♪太り上手と呼ばないで »