« ATOK2008手描き入力精度試験 | Main | しょうじょとめがねとまお »

March 01, 2008

さとうとすぱいすとめがね

先日、本家サイトの突発企画として「Sugar+Spice+Glasses」という一連の日替わりトップ絵を描いた。

これはチュアブルソフト「Sugar+Spice!」という作品の中で用いられる

"What are little girls made of?
What are little girls made of?
Sugar and spice.
And everything nice.
That's what little girls made of."

というフレーズ(マザーグースの一節らしいが。実はこのタイトルを聞いて私が最初に思い浮かべたのはスタートレックだった(笑))をネタに、ヒロイン全員の眼鏡をかけた絵を描いてしまおうというネタ企画だった。

おかげさまで企画そのものは順調に終わり、一部で非常に濃ゆいウェブ拍手なんかもいただいた。が、実は企画の中で描こうか描くまいかなやんだ挙げ句に結局見送った一枚の絵がある。

ヒロインの一人、南條寺夢路の妹「一沙(いちさ)」だ。ちなみに保育園児。

実は私、普段描く絵や言動がアレなので眼鏡をかけた女の子ならなんでもいいと思われがちだがそんなことはなく、割と眼鏡と女の子は選ぶ方である。また、眼鏡が似合わないというのも個性の一つだと思っている。

だから、いくらネタ企画の一環で、「案外似合うのではないか」とか内心思わないでもなかったが、一応ラフ絵を描いてはみたものの日替わりトップ絵として掲載するまでには至らなかったのがこの絵。

Utd080301_1

まぁ、保育園児で眼鏡かけている子も見かけないでもないが、絵ヅラ的にもそれほどガッと来るモノではなかったので一時的にボツになった。

ところで「Sugar+Spice!」のファンディスクとして「Sugar+Spice Party★Party」という作品が発売される予定で、この手のファンディスクのお約束として攻略対象外だったサブヒロイン達のエピソードなども収録されるらしい。でもいくらファンディスクとはいえ保育園児はないだろうなぁ、いろんな意味で。特に人として。などと思っていたら、チュアブルソフトのメールマガジンで、

"複数の方からファンディスクにおけます南条路一沙の攻略の可否に
ついてお問い合わせを頂戴しておりますが、こちらに関しましては
「攻略不可」となっております。悪しからずご了承下さい。"

との告知が。よほど問い合わせが多かったんだろうなぁ。

さて、同じそのメールマガジンで、「スピンアウト作品がP☆Pに収録されます!」という旨の告知があった。「Sugar+Spice!」の作品サイトには自分の考えたエピソードをオフィシャルの素材を使って発表できる「S+Sスピンアウト」という企画があって、その企画の投稿作品を可能な限りファンディスクに収録するという事らしい。もともと「Sugar+Spice!」はSS的なエピソードを積み重ねていくようなゲームシステムなので「S+Sスピンアウト」という企画自体が作品と相性がいいのだろうなと思っていたのですが、ファンディスクに収録と聞いて気になった点が一つ。

実は「S+Sスピンアウト」の中で「ゲームのシナリオの10年後。学園に入学した一沙が……」というシチュエーションで一連の作品を投稿されている方がいて、オフィシャルの素材には当然「10年後の一沙」はあるわけないのでその作品の中では姉である「夢路」の画像を用いているのだが、「10年後の一沙」の画像描き下ろしは「可能な限り」に含まれるのだろうか?作品の感想の中にも「ぜひ黒髪で見たかった」的な事も書かれていたので、せっかく収録されるなら是非新規描き下ろしをと思うのだが、とりあえず自分で描いてみた。絵描きだし。

Utd080301_2

眼鏡は勢いで。

10年後の一沙の新規描き下ろし画像も含めていろいろ楽しみな作品です。

Sugar+Spice Party☆Party 応援バナー

|

« ATOK2008手描き入力精度試験 | Main | しょうじょとめがねとまお »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference さとうとすぱいすとめがね:

« ATOK2008手描き入力精度試験 | Main | しょうじょとめがねとまお »