« さいきょうのこうつうじゃくしゃ | Main | このさきだんさあり »

April 16, 2009

もしも、『ヱヴァンゲリヲン』が、劇場版じゃなくて伍拾弐話構成のTVアニメだったら。

6月に公開の迫っている『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』。『旧世紀版』とは異なる新展開やら新キャラやらも気になるところですが、せっかくそこまでやるのだったら大元のTVシリーズを4クール伍拾弐話構成でやり直してみたらどうなん?という単なる思いつきでとりあえず各話のサブタイトルだけ考えてみました。

第壱話:使徒、襲来
第弐話:初めてのときめき☆初めての出撃
第参話:見知らぬ、天井
第四話:俺の初号機はピッカピカ!!
第伍話:鳴らない、電話
第六話:ひとりぼっちのシンジ
第七話:雨、逃げ出した後
第八話:小さな逃亡者
第九話:レイ、心のむこうに
第拾話:碇君、手をどけて。
第拾壱話:決戦、第3新東京市
第拾弐話:異常な状況下で結ばれた男女は長続きせんじゃろう
第拾参話:人の造りしもの
第拾四話:発進!! 未完の最終兵器!
第拾伍話:アスカ、来日
第拾六話:顔が2つたあ生意気なッ!!
第拾七話:瞬間、心、重ねて
第拾八話:ショック! 私とシンジがパイロット!?
第拾九話:マグマダイバー
第弐拾話:てめえら全員湯あたりしやがれ!!
第弐拾壱話:静止した闇の中で
第弐拾弐話:不敵! 天才少女の挑戦!!
第弐拾参話:奇跡の価値は
第弐拾四話:俺にはさっぱりわからねえ!
第弐拾伍話:使徒、侵入
第弐拾六話:きらめいて、私の中のワタシ
第弐拾七話:ゼーレ、魂の座
第弐拾八話:もしかして!? 出会いは突然やってきた
第弐拾九話:嘘と沈黙
第参拾話:モラトリアムの贖罪
第参拾壱話:死に至る病、そして
第参拾弐話:ヒトっていったい何ですか?
第参拾参話:四人目の適格者
第参拾四話:あばよ、ダチ公
第参拾伍話:命の選択を
第参拾六話:総集片
第参拾七話:男の戰い
第参拾八話:俺が乗るって言ってんだ!!
第参拾九話:心のかたち 人のかたち
第四拾話:あなたは生き残るべき人だ
第四拾壱話:ネルフ、誕生
第四拾弐話:夜霧の!ネルフ橋☆ハードボイルド商店街
第四拾参話:せめて、人間らしく
第四拾四話:暁は光と闇のわかれめ
第四拾伍話:涙
第四拾六話:碇君のドリルは天を突くドリルなのよ
第四拾七話:最後のシ者
第四拾八話:お兄さまと呼ばせてください!
第四拾九話:終わる世界
第伍拾話:続く世界
第五拾壱話:Air
最終話:まごころを、君に


だいたい元ネタは分かるよね?分かれ。

ガイナックスの総力を無駄に結集すればこれくらいは出来るのではないかと思いますが、多分途中から作画崩壊とか手抜き寸前の実験的手法とかスタッフの暴言でブログ炎上とかのルーティーンな経緯を経て第四拾参話あたりで打ち切られて世界の中心でアイを叫ぶことになるのだろうけど、まぁ、それはそれで。

|

« さいきょうのこうつうじゃくしゃ | Main | このさきだんさあり »

Comments

オイラが思春期だった頃のアニメで巨大メカ3台が変形合体してロボになって異星人と戦う話がありましたが、放送が打ち切りにあったためその後のお話しが映画化され皆で観にいきました。結果、みんな死んでしまうお話で、帰り道どんな話をしたのかどうやって帰ったのか忘れてしまうほど魂真っ白になった思春期の1ぺいじを想い出してしまい切なくなります、イデのゲージの輝きとともに。
エヴァとイデは時間を越えた壮大なデジャブかもしんない(意味不明

世良満久

Posted by: 世良満久 | April 16, 2009 10:59 PM

トウジがエバをみて
「はーりぼてぇ、はりぼーてぇ」
って歌う回はどのあたりですか
それでわ

Posted by: T34/85 | April 18, 2009 08:30 PM

サブタイに統一感が無さ過ぎるのがアレですが、
同じようなことは「トップが2クールアニメだったら」という想定でガイナックス自体がやってる罠。

あと、最終回が月決戦になるなら「月は無慈悲な夜の女王」……はベタすぎるから「星を継ぐもの」にタイトル変更しそう。
「たった一つのさえたやり方」が企画段階の最終話タイトル案だったっけな?

Posted by: take | May 19, 2009 02:06 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference もしも、『ヱヴァンゲリヲン』が、劇場版じゃなくて伍拾弐話構成のTVアニメだったら。:

« さいきょうのこうつうじゃくしゃ | Main | このさきだんさあり »