January 03, 2012

名刺の絵

Utd120103

年末のコミックマーケット81の3日目に参加した際に関係者に配らせてもらう予定だったのだけど、忘年会疲れと前日に半徹で麻雀なんかやっていたせいで朝起きたらとても出掛けられる体調ではなかったので潔く諦めて1日寝て過ごしたため使わずじまいだった名刺の絵。一応、本家サイトに掲載した喪中の挨拶絵の子の表情違い、で描いてあって、ネタ的に昨年末から三が日くらいまでしか使い途がない名刺なためおそらくこのまま燃えるゴミになる公算が高いので、絵の方だけこちらに掲載。

名刺の絵 by UT on pixiv

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2011

がんばろう、Chuable soft。

・チュアブルソフト新作「アステリズム」開発一時凍結・連絡業務等遅延のお知らせ

1ユーザーとしては、作品を買ってプレイして感想を言ったり応援をすることしかできないし、
1絵描きとしては、作品を買ってプレイして絵を描くことしかできない。

だから、とりあえず絵を描いてみた。

Utd110407

がんばろう、Chuable soft。
せめて、一沙が攻略可能な眼鏡っ娘に成長するまで。

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=17995639

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2009

神戸屋眼鏡黒ストッキング

Sumire000_r

P_sumire04_r

謎の連動企画絵のラフ絵2点。

それぞれ本家サイトとピンキー用ブログに掲載した絵のラフ絵。元々、ピンキーの子の絵を普通の等身で描いてみたら神戸屋で眼鏡だったのでピンキー等身でも描き直してみたというややこしい絵なのだが、神戸屋で眼鏡な絵であるとともに、諸般の事情によって黒ストッキングの絵でもあるのが特徴となっている。某所からの依頼のあった黒ストッキング絵の習作も兼ねているため足元を黒ストッキングで描いてみたのだが、改めて手元の資料や自身の記憶を探ってみたところ、神戸屋の制服で黒ストッキングという組み合わせを見た覚えが無いのだが如何なものだろう?以前は地元のJR静岡駅の駅ビル内に神戸屋が入っていたため、駅を利用するたびに観察をする機会があったのだが数年前に他の店に変わってしまったし、神戸屋の服飾規定における黒ストッキング着用の可否を確認するために上京してみるのも吝かではないが、丸の内店あたりで店員さんの足元ばかりをしげしげと観察した挙げ句にちょっとすみません神戸屋の服飾規定では黒ストッキングはアリなんですかナシなんですか白ストッキングとか肌色ストッキングも悪くないですけど絵柄的には黒ストッキングが一番引き締まって見えて最強だと思うのでちょっと穿いてみてもらえますかていうかむしろ踏んで(略)などと訪ねるのは些か紳士的すぎるので識者の見解を求む。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2009

レンズだけじゃない! メガネ全体を洗える泡シャンプー

・レンズだけじゃない! メガネ全体を洗える泡シャンプー〔家電Watch/2009.8.31.〕

”もちろん、汚れるのはレンズだけでなくテンプルや鼻パッドなど掃除するのが難しい小さなパーツ部分もしっかり汚れが溜まっている。そこでオススメしたいのが、泡をかけて洗い流すだけでキレイになっちゃう小林製薬「メガネクリーナ 泡シャンプー」である。 ”
”すごくお手軽便利な小林製薬「メガネクリーナ 泡シャンプー」は、レンズだけでなく、パーツの隅々までキレイにしてくれる。メガネ愛用者には文句なしでオススメの製品だ。”

ところで、『眼鏡は顔の一部です』という某CMのキャッチコピーにもあるように、眼鏡とは既に人体の一部であるという認識に基づけば、汚れが付着するたびに眼鏡を外して洗浄するよりは、装着したまま体の一部として洗浄してしまう方が望ましい。

Utd090908

次は是非こんな感じでお願いします>○林製薬さん

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2009

描き初め

Utd090106

本家サイトの新春トップ絵は実質昨年中に描き上がっていたので、この絵が本年の描き初め。

昨年末のコミケに参加してあちこちご挨拶に伺う中で、本家サイトの更新が滞っている事よりも眼鏡っ娘の絵を描いて無いことに対して体調でも悪いのではないかと心配してくださった方がいたので生存証明を兼ねて更新してみました。本家サイトともども今年もよろしくお願いします。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

November 02, 2008

めがねみずぎ

8月の下旬から10月の下旬にかけて、本家サイトで「眼鏡水着シリーズ」という週替り(?)トップ絵企画を行い、都合8枚の絵をトップ絵として掲載させてもらったのですが、その間にいただいた数々の生暖かいウェブ拍手の中に、

> 眼鏡水着とみて、眼鏡の形をしたビキニを想像したのは秘密です

というのがあったので描いてみました。

Utd081103

こんなか?

画像の一部に不自然に透過光がかかったように見えるのは仕様です。心眼視力1.2以上の方なら見えるはず。どうしても見えない方は心に眼鏡をかけてご覧ください。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 31, 2008

「ぱんつじゃないから恥ずかしくない」メソッドの応用

先日ニュースサイトを巡回していて「ぱんつじゃないから恥ずかしくないもん!メソッド」というモノを提唱されている方がいました。

言うまでもなくこれは、TVA「ストライクウィッチーズ」における登場人物達の着衣の一部が一見するとぱんつのように見えるけどじつはそれはぱんつではないので見えていても恥ずかしくないという設定と、その設定を活かして「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!キャンペーン」という大変頭の悪い反則販促キャンペーンを角川書店が行った事により普遍化したフレーズとメソッドである。

このメソッドは主に「ストライクウィッチーズ」を題材とした二次創作絵のジャンルで用いられる事が多く、「ストライクウィッチーズ」の絵すなわち「ぱんつに見えるけどぱんつじゃないから見えても恥ずかしくない」絵という図式からやがて「ぱんつに見えるけどぱんつじゃないから描いてあっても(描く方も)恥ずかしくない」絵というパターンを生み出しさらには「ぱんつじゃないからはいてなくても恥ずかしくないもん」というバリエーションを生むに至りどうせだから思い切り拡大解釈した応用編を描いてみました。

Utd080831

「全裸じゃないから眼鏡だけでも恥ずかしくないもん!」

描かれている対象にとっても描いている絵描きにとっても羞恥に値する絵を堂々と掲載するための免罪符としては都合の良いメソッドであるが、唯一都合が悪いのは公共の場とか職場でうっかり画像を開いてしまうと閲覧者が恥ずかしい点であろうか。更に改良されたメソッドが開発される事を望む。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 11, 2008

しょうじょとめがねとねこみみ

本家サイトトップ絵のボツ。

Utd080511

ボツにした理由:属性値記号の過配合。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2008

しょうじょとめがねとまお

本家サイトトップ絵「少女と眼鏡と猫」シリーズのボツ案。

Utd080315

ボツにした理由:漢字の読み違い。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 01, 2008

さとうとすぱいすとめがね

先日、本家サイトの突発企画として「Sugar+Spice+Glasses」という一連の日替わりトップ絵を描いた。

これはチュアブルソフト「Sugar+Spice!」という作品の中で用いられる

"What are little girls made of?
What are little girls made of?
Sugar and spice.
And everything nice.
That's what little girls made of."

というフレーズ(マザーグースの一節らしいが。実はこのタイトルを聞いて私が最初に思い浮かべたのはスタートレックだった(笑))をネタに、ヒロイン全員の眼鏡をかけた絵を描いてしまおうというネタ企画だった。

おかげさまで企画そのものは順調に終わり、一部で非常に濃ゆいウェブ拍手なんかもいただいた。が、実は企画の中で描こうか描くまいかなやんだ挙げ句に結局見送った一枚の絵がある。

ヒロインの一人、南條寺夢路の妹「一沙(いちさ)」だ。ちなみに保育園児。

実は私、普段描く絵や言動がアレなので眼鏡をかけた女の子ならなんでもいいと思われがちだがそんなことはなく、割と眼鏡と女の子は選ぶ方である。また、眼鏡が似合わないというのも個性の一つだと思っている。

だから、いくらネタ企画の一環で、「案外似合うのではないか」とか内心思わないでもなかったが、一応ラフ絵を描いてはみたものの日替わりトップ絵として掲載するまでには至らなかったのがこの絵。

Utd080301_1

まぁ、保育園児で眼鏡かけている子も見かけないでもないが、絵ヅラ的にもそれほどガッと来るモノではなかったので一時的にボツになった。

ところで「Sugar+Spice!」のファンディスクとして「Sugar+Spice Party★Party」という作品が発売される予定で、この手のファンディスクのお約束として攻略対象外だったサブヒロイン達のエピソードなども収録されるらしい。でもいくらファンディスクとはいえ保育園児はないだろうなぁ、いろんな意味で。特に人として。などと思っていたら、チュアブルソフトのメールマガジンで、

"複数の方からファンディスクにおけます南条路一沙の攻略の可否に
ついてお問い合わせを頂戴しておりますが、こちらに関しましては
「攻略不可」となっております。悪しからずご了承下さい。"

との告知が。よほど問い合わせが多かったんだろうなぁ。

さて、同じそのメールマガジンで、「スピンアウト作品がP☆Pに収録されます!」という旨の告知があった。「Sugar+Spice!」の作品サイトには自分の考えたエピソードをオフィシャルの素材を使って発表できる「S+Sスピンアウト」という企画があって、その企画の投稿作品を可能な限りファンディスクに収録するという事らしい。もともと「Sugar+Spice!」はSS的なエピソードを積み重ねていくようなゲームシステムなので「S+Sスピンアウト」という企画自体が作品と相性がいいのだろうなと思っていたのですが、ファンディスクに収録と聞いて気になった点が一つ。

実は「S+Sスピンアウト」の中で「ゲームのシナリオの10年後。学園に入学した一沙が……」というシチュエーションで一連の作品を投稿されている方がいて、オフィシャルの素材には当然「10年後の一沙」はあるわけないのでその作品の中では姉である「夢路」の画像を用いているのだが、「10年後の一沙」の画像描き下ろしは「可能な限り」に含まれるのだろうか?作品の感想の中にも「ぜひ黒髪で見たかった」的な事も書かれていたので、せっかく収録されるなら是非新規描き下ろしをと思うのだが、とりあえず自分で描いてみた。絵描きだし。

Utd080301_2

眼鏡は勢いで。

10年後の一沙の新規描き下ろし画像も含めていろいろ楽しみな作品です。

Sugar+Spice Party☆Party 応援バナー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧