June 26, 2012

こだわりのはまみしお2012

Utd120626

こだわりのはまみしお。

毎年恒例のネタですが、昼間ツイッタの方でリクエスト(?)があったので描いてみました。大きいサイズの絵は例によってpixivにあげてありますのでよろしければそちらもどうぞ。

こだわりのはまみしお2012 by UT on pixiv

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 06, 2011

こだわりのはまみしお2011

Utd110706_1

こだわりのはまみしお2011。

先日、twitterの方でカルビーの夏ポテトに関するツイートをいただいたので描いてみました。

Utd110706_2

ポテチの方はこんな感じ。『安曇野わさび』『紀州南の高梅』『対馬の浜御塩』と3種類あるうちの一品。

Utd110706_3

『えこそると』とかありますがどの辺がどうエコなんだか(笑

pixivの方に大きいサイズの絵もありますのでよろしければそちらもどうぞ。

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=20130514

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 30, 2010

こだわりのはまみしお2010

Utd100630_1

仕事帰りにコンビニで買ってきたカルビーの夏ポテト『わさび塩』と『紀州の南高梅』。夏ポテトのシリーズはさっぱりした味のモノが多いので毎年楽しみしているのですが、昨年、一昨年とあった『こだわりの浜御塩』味がなくなってしまったのが残念。せっかく二年続けたネタなので、カルビーがやらないなら自分でやるしかないなと今年も筆をとってみました。

Utd100630_2

こだわりのはまみしお2010。

このネタも続けている内に「はまみしお」の「はま」の部分がだんだんいい加減になってきて、今年はとうとう「はま」でもなんでもない絵になってしまいましたが、ネタにかこつけて水着絵を描きたかっただけなので「はま」の部分は最初から割とどうでも良かったというのはここだけの話だ。

・はまみしお

・こだわりのはまみしお

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 20, 2009

こだわりのはまみしお

Utd090920_1

Utd090920_2

カルビーの期間限定夏ポテト、『こだわりの浜御塩』。

実は去年も使ったネタなのですが、パッケージが微妙にマイナーチェンジしていたので改めて描いてみました。

Utd090920_3

こだわりのはまみしお。大きいサイズの絵はpixivでどうぞ。

Utd090920_4

『夏ポテト』の名の通り、6月くらいから店頭で売られていたのですが、うっかり描く機会を逃して残暑見舞いになってしまいました。賞味期限がありますのでお早めにどうぞ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 30, 2008

はまみしお

Utd080630_1

帰りにコンビニで買ってきたカルビーの期間限定夏ポテト。

Utd080630_2

謳い文句が「こだわりの浜御塩」とのことなので、こだわってみました。

Hamamishio

こだわりのはまみしお。

塩分とか胸分とかいろいろさっぱり控えめ風味。夏季限定ですのでお買い求めはお早めに。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 01, 2006

今日のラクガキ:061101

今日のラクガキ。

Utd061101

美汐さん。ふと思い立って久しぶりに描いてみたら難しかったですよ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 22, 2006

おばさんくささチューリング・テスト

・おばさんくささチューリング・テスト

祐一「天野は水曜の夜は何か予定があるか?」
美汐「いいえ、私はためしてガッテンなんて見ていません」

祐一「とっくりのセーターがよく似合っているぞ天野」
天野「これはタートルネックと言うのです。相沢さんこそチョッキがお似合いですよ」

祐一「『コナン』といえば?」
天野「『未来少年』と答えさせたかったのでしょう?甘いですね、『コナン・ザ・グレート』に決まって………それとも『キング・オブ・デストロイヤー』の方でしたか?」

・参考リンク:チューリング・テスト〔Wikipedia〕

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 13, 2006

今日のラクガキ:060513

今日のラクガキ。

Utd060513

ある企画のためにKanon関係をザクザク描いているのだけど、筆慣らしに描いたモノ。自分で描いてて思ったのだけど脳内イメージ優先で描いているため既に違う人になりつつある気がする。一般的に普及している彼女のイメージはもっとおばさnうわなにをするやめqあwせdrftgyみしおlp

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 09, 2006

今日のラクガキ:060509

今日のラクガキ。

Utd060509

本家トップ絵「なんちゃって民族衣装シリーズ」のボツ……ていうかアンデス少女みっしー。♪黄金のコンドルよ~<歌うな

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 14, 2006

阿吽

だいぶ前の話になりますが、昨年の10月に職場の旅行で沖縄に行った時バスガイドさんから聞いた話。

沖縄のお土産として有名なモノの一つに「シーサー(の置物とかストラップとかキーホルダ)」がある。

シーサーは沖縄に伝わる伝説上の幻獣で、その像を民家の屋根や門柱などに据え付けて厄除けとして用いられている。シーサーの像には二種類あって、大きく口を開けた方が雄でその大きな口で福を呼び込み、口を閉じた方の雌は災いを家に入れない、または呼び込んだ福を口から逃がさない役割を持っていると言われている(雌雄が逆の説もあり)。また同系統の幻獣である「狛犬」になぞらえて口を開けた方が「阿」の像、口を閉じた方が「吽」の像と呼ばれている(らしい)。

・参考リンク〔シーサー/Wikipedia

もともと素焼きや漆喰作りであったシーサーの像が民芸品として有名になるにつれ観光客向けのお土産物として様々な商品が生産されるようになったのだが、それらのシーサーも二体セットで生産販売されている物が多い。

ところが、旅行の時のバスガイドさんは、元来沖縄に伝わるシーサーの像は、口を開けた像の一種類しかなく、口を閉じた像が作られるようになったのは、戦後のとある事情からだと言うのだ。

そもそもシーサーの像が土産物として生産販売されるようになったのは、終戦後沖縄に進駐していた米軍やその家族が本国に帰る際に、オリエンタルでエキゾチックなシーサー・スタチューを土産にしたのが始まりで、元々民芸品として作られていたシーサーの像は口を開けた像の一種類のみが土産物として売られていた。しかし、ある日、本国に帰還予定だった基地勤務の米兵ボブ(仮名)が奥さんのキャサリン(仮名)と土産物のシーサーを選んでいたところ、キャサリン(仮名)が、

「なんてエキゾチックなガッジラシーサー・スタチューなの!イッツ・ソー・キュート!アイダホのママにも買って帰りましょう。ボブ(仮名)、あなたはオスのシーサーを買って。私はメスのシーサーを買うわ………え?メスはないですって!?サノバビッチ!女性差別だわ!訴えてやるわ!リメンバー・パールハーバー!これは人権問題よ!イエロー・モンキー!絶対にメスのシーサー・スタチューも作るべきよ!ジャパニーズだかタイワニーズだか知らないけどこれはあなた達の義務よ!ビバ!民主主義!」

と言ったかどうかは分かりませんが、だいたいそんな感じで土産物としてはオスメス両方あった方が喜ばれるとか、二体セットの方が商品価値が増すという事情から、雌の口を閉じたシーサーの像も造られるようになった、らしい。

他にも戦後沖縄の住宅事情が変わるにつれて、屋根に据え置いていたシーサーの像を門柱に置く家が増えたため二体セットの方が都合が良かった事もあり、シーサーの像は雄雌セットで作られるのが一般的になり、沖縄返還後、本土から観光客が訪れるようになる頃にはシーサーの像というのは二体セットで置き、二体セットで売られるモノだという認識になったそうな。

バスガイドさんのガイド・トークなのでどこまで本当か分かりませんが、40代後半と思しきガイドさんの、南方系の遺伝子を色濃く反映した風貌と、呵々と大きく口を開けて笑うある意味神々しい笑顔を見ると、何となく本当っpうわなにをするやm

・オマケ

utd0603014

まこみしーさー。

うんじょいっぺしーさーかーぎやいびーんさぁー。

| | Comments (1) | TrackBack (0)