November 07, 2007

ミーグ・ドヴァーッツァチ・ピャーチさん

Utd071107

・MiG25(ロシア語:МиГ-25)ミーグ・ドヴァーッツァチ・ピャーチさん
・出身地:旧ソ連ミコヤーン・グリェーヴィチ設計局
・1964年生まれ
・最高速:マッハ3くらい
・特技:迎撃戦闘、偵察、亡命

みっぐみぐにしてやんよ。

・ベレンコ中尉亡命事件〔Wikipedia〕

| | Comments (3) | TrackBack (0)

October 22, 2007

Gで始まるすばしっこくて黒くて平べったくてツヤツヤした網翅目の昆虫擬人化少女ローチちゃん

Gは核戦争を生き残ることができるのか?米放送局が検証番組を制作〔Technobahn/2007.10.21.〕

”科学実験目的に飼育された200匹のゴキブリを対象に、50匹は比較検証のために通常の環境に、50匹はヒトの致死量に相当する1000ラドの放射線を照射、50匹はヒトの致死量の10倍に相当する1万ラドの放射線を照射、50匹はヒトの致死量の100倍に相当する 10万ラドの放射線を照射することで実験を実施することに決定。”

Stressful Angelさんから。記事タイトルもStressful Angelさんからいただきました。

絵ヅラ的には大変アレな実験だと思うのですが、うっかりたくさん放射線を浴びせすぎて予想の斜め上方向に激烈に進化したりすると結構楽しげ。

Utp071022

対放射能日傘で照射実験に耐えるGで始まるすばしっこくて黒くて平べったくてツヤツヤした網翅目の昆虫擬人化少女ローチちゃん。長いよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2005

人工衛星擬人化

「しきしま・ふげん」さんのHP「■tear drop■~しきしま村立産業博物館~」

メニューの「exhibition」の中の「惑星探査機、人工衛星擬人化展示室」というのがとてつもなくステキ。

「人工衛星の擬人化」と聞くとネタ的な絵を思い浮かべがちですが、一つ一つの絵に成功に至るまでの試行錯誤や失敗に終わった経緯を語る物語があって胸に来ます。でもって可愛い(重要)。

コミティア73にも委託参加(H20a「暁式」)されてるので行かれる方は是非。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2005

(精神的)花粉症対策

今年は例年になくスギ花粉の飛散量が多く、花粉症の症状にお悩みの方も多いかと思いますが、そんな貴兄にお勧めの(精神的)花粉症対策を考えてみました。

utd050312

ちっちゃくて生意気でニクいスギ花粉ちゃんを鼻の粘膜で拘束して粘液ぷれいしているのだと思えば花粉症も(精神的には)辛くなくなるというかむしろなんだか楽しく思えてくるのではないでしょうか?人としてどうかとは思いますが。

あ、でもスギ花粉を飛ばすのは雄花だから半ズボン少ねnうわなにをするやm

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 22, 2004

続レス>アイコン化

さらに反応。

ファーストインプレッションは貞子。〔柊屋敷/2004.09.22.〕

柊さんのSSというのは初めて読んだような気がしますが、ほのかにせいるさんの毒素が(笑
主人公が男性で無いのが新鮮な感じ。それでもダメオタなお兄ちゃんは出てくるのですね。

…ところで、後書きの方で私に対するイメージが語られていますが、私はその辺によくいる中肉中背で髭面眼鏡でちょっと心臓が頻発性規外収縮してるだけのナイスガイ(笑)なんですけどねぇ。


某・網走る人(←和訳)に食い物にされないウチに、特許を!〔陰陽龍/2004.09.21.〕

万が一そういう事態になったら………『コマンド+オプション+エスケープ』に改名する予定です(笑

それ以前に、特許権を持っているのってデビッド・ブラッドレイ氏だと思うし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2004

レス>アイコン化

反応してみる。

i 罠 B wiθ U。/latest AFTERWORDS.2664.09.20.

>もちろんおりたくんの思惑としては、
>このHTMLファイルをブラウザで表示した誰かのWindowsが停止するように、
>要は他人に対して罠を仕掛けてるつもりだったワケですが、
>ちょうど画像を3枚全部貼り込み終えた絶妙のタイミングで、
>おーじぇ(おりたさんのPC)が例の画面再描画失敗から死に至る病の発作を起こして沈黙(爆)。
>随分長いこと発作起こしてなかったのに。

ああ、よくありますよね、そういう事。いわゆる身から出たさb(ry


>そんなこんなでいろいろ霊験あらたかなお三方のアイコン画像は
>UTさんとこにて絶惨絶賛公開中。

アイコンをシールにしてキートップに貼ると御利益が増すとか(笑


ちょっとだけフォロー/みしおにっき.2004.09.21.

>わたしはそういうネタだとは分かってますが、
>そういう書き方をすると誤解される方が絶対出るのでフォローを。

>問題が発生するのはあくまで不具合を突く不正なデータを含むJPEGファイルであって、
>そういうものを含まない正常なJPEG画像ファイルは読み込んでも大丈夫です。

フォローありがとうございます>おざきさん
もちろんあの一文は分かっている人向けのネタだったのですけど、『JPEG 強制終了』とかで検索して来た方もいるようなので、やはりフォローはしておいた方が良かったもよう。

それ以前に、今回のアイコン化の記事を扱ってくださったニュースサイトの方が何ヶ所かあって、そちらから流れてきた訪問者の方も結構いらしたのですが、ネタの流れが分からない方にはさぞかしわけの分からないアイコンだったに違いないよなぁ。おそらく、『Ctrl+Alt+Delって何ですか?』っていう、ある意味とてもシヤワセな疑問を持った方もいるのでは。もちろん、知らない方がシヤワセな事ってのも世の中にはたくさんあって、『強制終了三姉妹』のお世話にならずにすむのが一番シヤワセにちが…うわなにをするやm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アイコン化

ふと思いついてアイコン化してみました。

・Ctrl
ctrl_icon.gif

・Alt
alt_icon.gif

・Del
del_icon.gif

一応、本家掲示板の企画に準拠して90*90ピクセルのGIFで作成しましたが、政治的理由でGIFを使えない方やもっと大きい/小さいサイズのアイコンが欲しいという方は、下にあるJPEG画像を加工して利用するのも可。

『ICON』というコンテンツが本家にあるので、本来はそちらで展示公開すべき内容であるようにも思うが、あっちのサイトの訪問者層の大部分はこの手のネタは興味無さそうなのでこちらで公開してみる。一応、本家掲示板には『管理者用アイコン』として登録してありますが、もし利用されたい方はこちらから持っていかれるのが望ましい。

利用規程を示しておくと、

・アイコン式掲示板等の顔アイコンとして利用可。
・使用報告不要。してくだされば嬉しいですが。
・特別不都合が無い限りファイル名はそのままで。
・90*90以外のサイズを希望する方はJPEG画像からリサイズして使用可。
・その際にリサイズ以外の加工を行わない。
・GIF画像はともかくJPEG画像を利用する際は、ネタがネタだけに万が一の事態が起こっても当方は一切関知しない。

こちらが大きいサイズのJPEG画像。

ctrl_icon.jpg
alt_icon.jpg
del_icon.jpg

それから、こちらの捕捉力が足りなくて気がつかなかったのですが、『強制終了三姉妹』ネタでSSを書かれている方が他にもいるよと教えていただいたので、遅まきながらご紹介。

おりはさんのSS『こまんど・おるたねいしょん』双曲線天使(仮題)2004/9/15

やまぐうさんのSS『三戸物語』やまぐうのページ2004/9/14

『ヴァーチャルネット天使ちゃんアルト100,000,014才』を含む『強制終了三姉妹』は過去何度か絵を描いたりはしていたものの、ネタ自体は一発ネタなので、実のところ私自身の中では『もう終わったネタ』として扱われていたのですが、せいるさんSSを書かれた事で『強制終了三姉妹』という文字列のイメージが一人歩きしていろんな方に伝播してカタチを為して行くのを見るのはとても興味深い現象でした。

Ctrl+Alt+Delというキーボード操作を開発したデビッド・ブラッドレイ氏の言葉に、

『Ctrl+Alt+Delを考えたのは私だが、有名にしたのはビル・ゲイツ氏だ』

というのがありますが、差詰め、

『強制終了三姉妹をを考えたのは私だが、萌え擬人化したのはせいる氏だ』

と言ったところか。なにしろ数枚のラクガキがあっただけの『強制終了三姉妹』にぱんつ描写まで組み込んでしまったくらいだし。

もう終わったネタだと思ってた『強制終了三姉妹』でしたが、思わぬところでウケたりしているようで、もうこうなったら『萌え擬人化』キャラとして目指すのは○ッ○○○○ーに無許可で使用されるくらいメジャーになる事だろうか?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 17, 2004

ぁぉうと

更に反応してみる。

「Alt」の続き。/latest AFTERWORDS.2664.09.16.

「Alt」の続きの続き。/latest AFTERWORDS.2664.09.16.

トピックが『Alt』キーの呼び方に関する話題から瀬戸内海地方における英語発音の特徴にシフトしつつあります(笑

それはともかく、各所での『Alt』キーの呼び方の違いの話題を見ていて思うのは、英語発音の代替表記としてカタカナを使う事の問題性です。

「Alt」の続きの続き。の中に『Alt』の発音を

>{「あ」と「お」の中間音}ると。

>「ぁぉると」?(笑)

と表記して笑いを取っている一節があります。
上の例の場合はひらがなを用いていますが、私たちが日本語の文章を記述する際に、日本語の中に取り入れられた英語(をはじめとする全ての外国語)の単語をカタカナで表記するのが当たり前になっています。これは文章の中で用いられる外来語が外来語であることを明確に示すために取られるようになった手法で、記述言語としての日本語の柔軟性を示す証拠でもありますが、日本人が外国語を、特に発音を学ぶ上での阻害要因の一つになっていると私は考えます。

例えば英語の「a」の発音は、実際の音に近いカタカナ表記をすると

「ェア」

であったり、

「ェヤ」

であったりするのですが、日本語の中でカタカナ表記される場合は単純に「ア」と表記されるのが一般的です。さらには日本語の中で「ア」と表記される発音には「o」や「u」も含まれる事ありますが、これを実際の音に近いカタカナ表記をすると、

「ォゥア」

であったり、

口と鼻から同時に息を吐きながら「ア」(表記不能)

であったりします。
また英語の「th」の子音は日本語にはありませんし、「r」と「l」の発音の違いもカタカナでは表記できません。他の外国語に目を向けると、スペイン語の巻き舌で音を転がすように発音する「r」の子音や、フランス語の唇を突き出して発音する一連の母音など、カタカナ表記の不可能な音は数多くあります。中国語の「シ」の発音など4種類か5種類あるとも言われています。

このように日本語には無い様々な母音や子音を持つ全ての外国語を、十把一絡げにカタカナで表記してしまう、してしまえるというのは、記述言語としての日本語の優れた特徴の一つではありますが、物心ついた時からカタカナ表記された英語をはじめとする様々な外国語に触れて育ち、中学生くらいから義務教育で英語を習い始めた頃にはテキストブックにカタカナでルビ振って「ジス イズ ア ペン」と発音するのが当たり前になっている日本人には、なるほど正しい英語発音が身に付くはずはないよなぁ、と思う次第です。

正しい(というか最も近しい)発音の表記としては『発音記号』というモノもあって、英和辞書などを見ればちゃんと単語毎に音節の区切りまで分かるように記載してあるのですが、実際の教育の現場における『発音記号』のないがしろにされっ振りは目に余るモノがあります。おそらくは中高6年間英語を学んでも「発音記号ってナニ?」という学生サンも多かろうと思われます。

外国語をカタカナ表記するという手法は大変合理的な一面もあるし、今更変えようとしても変えようがないのでしょうけど、せめて『Alt』キーの呼び方についての微妙な祖語が無くなる程度には、発音中心とする外国語教育の重視と外来語のカタカナ表記の見直しをしても良いのではないかと、一連のトピックを通じて感じました。

………もっとも、瀬戸内海地方の方やせいる読みをされる方の事までは文部科学省でも面倒見きれないと思いますが(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2004

萌え擬人化キーボード

もう少しだけ『強制終了三姉妹』ネタを引っ張ってみる。

独り言以外の何か(仮)/2004-09-14 から、

>もはや萌え擬人化は一つ一つのキーにまで及んでいる!という話。
>擬人化というのは日本人ならではの文化なのかな。万物に神は宿るとか。

我々の属するオタ・カルチャーにおいて、無生物である『物』を萌えの対象とするために『女の子』に擬人化して『○○たん』などと呼称する事を『萌え擬人化』と言うそうですが、なるほど『強制終了三姉妹』も確かに『萌え擬人化』に含まれるのかもしれない。
ネタを思いついた当初は、『Ctrl+Alt+Del』のキーボード操作によって実行される任意のタスクを強制終了させるソースコードの擬人化、のつもりでいたのだけど、せいるさんのSSおりたさんのSSから受ける印象は紛れもなく一つ一つのキーとそのファンクションの擬人化であるように思う。ぱんつ描写まであるくらいだし。

だとすれば他のキーの萌え擬人化というのも可能なのだろうか?
日本には古くから『万物には八百万の神が宿る』という考え方がありますが、キーボードの場合はさしずめ『百八の神』だろうか?いや『百九』だっけ?

全てのキーを萌え擬人化してキートップに顔アイコンを貼り付けたキーボードとか作ったら………無刻印のHappy Hacking Keyboardより使いづらいだろうなぁ、きっと(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2004

強制終了三姉妹

奇しくもせいるさんおりたさんが『強制終了三姉妹』をネタにしたSSを書いて下さったのでご紹介。

せいるさんのSS「例外エラーが発生しました」
おりたさんのSS「Wと悲劇。」

もともとは本家サイトのトップを入れ替える『一日HP』の企画として『ヴァーチャルネット天使ちゃんアルト100,000,014歳』というネタを思いついて一日だけ某ヴァーチャルネットアイドルサイトの真似事をしてみた事があったのですが、その時に描いたアルトの絵が自分でも割と気に入っていて、企画終了後も何度かラクガキを描いてみたりしているうちに、キーボードの『Alt』キーからとった名前だからついでに『Ctrl』という姉と『Del』という妹がいる事にして三人揃って『強制終了三姉妹』というネタにすれば、Windows使いにとっては身につまされるネタだけに一部の人の痛くて乾いた笑いが得られるに違いない、と考えて作ってみたキャラでした。

ただ、各キャラの人格付け等を考えていたら、『Alt』は元ネタのVNIを踏襲して天真爛漫で毒舌家、『Ctrl』はおっとりしていて包容力があって毒舌家、『Del』は世間知らずで恐いモノ知らずで毒舌家と、ボケ役のいない漫才トリオみたいになりそうだったので、ネタとしては保留しておいて時々描いているラクガキを本家サイトやこちらのブログで公開するに留めておきました。

お二方の書かれたSSを読ませていただくと、元ネタを考えた私以上に人格付け等を考えられていて、公開されている数少ない絵からあれだけの発想ができるSS書きさんていうのは流石だなぁと思います。それともよほど身につまされた経験があるのか。

お二方のSSを読み比べてみると、どちらも『モニタの中から女の子が出てくる』という描写があるのが興味深いです。

漫画の分類において『ドラえもん』等を原典とする、平凡な主人公のところに、異世界からトラブルメーカー的なキャラが現れ、居候なり同居生活をすることにより主人公の日常に非日常が持ち込まれ、それによって巻き起こるドタバタを描く『居候漫画』と呼ばれるモノがありますが、これはライトノベルやPCゲームなどにもよく使われるテンプレートとして捉えることができます。お二方ともそちらの方面には深い造詣をお持ちでしょうし、『Ctrl』『Alt』『Del』というPCに関わるネーミングからも『PC或いは電脳世界にいるキャラ』という連想もしやすかったのだと思いますが、正直私自身は彼女達が『外に出てくる瞬間』というのは考えた事が無かったので、二人のSS書きの方が、主人公のキーボード操作を通じて彼女達が具現化する過程を書かれているのがとても印象に残りました。

せいるさんは『Alt』に『ボク属性』を付加して書かれてますが………やられました。盲点でした。今後の『Alt』の人格(?)形成に影響がありそうです。ヘンな口癖とかついてたり特定の食べ物に異様に執着するようになってたり。

それから、どんな時にもぱんつ描写を忘れないせいるさんの姿勢はある意味立派だと思います。

おりたさんはコントちゃ…『Ctrl』姉さんを書いて下さって、私は『Ctrl』姉さんの事を『おっとりとした上品な口調でサックリ黒い発言を撒き散らす○ル○○○○』だと考えていて、脳内ではCVに○○喜○○さんのお声をあてているのだけど、でもそれだといろんな意味で恐いので、CVは長崎みなみお姉さんにしておこうかなと思っているのですが、おりたさんの書く『Ctrl』姉さんもいろいろ鬱屈したモノがありそうで楽しげです。こういう人は普段めったに怒ったりしないけど怒り出すと怒りのあまり自分の怒りの指向性すら見失ってしまって、はたから見てればそこが可愛かったりするのだろうけど、怒られている本人にとってはなすすべもなく怒られるしかない天災みたいなモノなのだろう、きっと。でもCVが○○喜○○さんだったら怒られるのもいいかもしれない(爆

元々「どうせ一日しか使わないネタだから」と、あまり細かい事を考えず筆任せに描いたところのあるキャラ達で、後から細かい部分を考えてもテキスト化したりせず「こんな感じかな」と時々ラクガキを描いてみたりするだけで、考えている事の全部が絵で表現できているわけでもなく、そんな中途半端なイメージの羅列とおそらくは『強制終了三姉妹』という文字列のインパクトだけでSSを書いて下さるのは絵描き冥利につきます。
改めて、せいるさん、おりたさん、ありがとうございました。

きょうせいしゅうりょうさんしまい

| | Comments (1) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧