February 18, 2005

今日のラクガキ

踊っている人。

utd050218

線の流れとかシルエットだけで動きが読めるような絵を描いてみようと思ったのだけど、イマイチ。ギャル絵描きの癖が抜けてないなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 15, 2005

今日のラクガキ

サラ

スクールランブルからサラ・アディエマス。
衣装はラトビアだかリトアニアの民族衣装。

本家サイトでそのうち展開予定の企画絵の習作として描いていたモノですが、これはこれで色塗ってみるのも良いかもしれない。

…ところで、先日某Mさんとメッセンジャーで話をしていたらスクールランブルの話になり、

Mさん「UTさん八雲とか好きそうですよね」
UT「うん。でも一番好きなのはサラ」
Mさん「………ああ、なるほど
UT「いや、そんな微妙な間を置いて納得されても」
Mさん「つくづく脇役好きなんですねぇ

当たっているだけに大きなお世話です(爆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2004

今日のらくがき

今日は一日絵描きして過ごしました。
頼まれている絵とか、急いで描く必要のある絵があるわけでもないので、
筆の赴くまままざくざくと。

utd040918.png

カタログの写真を見ながら描くのも好きですけど、
脳味噌からにじみ出してくるモノを描き留めてみただけみたいに描くのも好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2004

Toketie

本家のトップ絵のラフ。

Toketie

民族衣装・・・というかカナディアン・インディアンの地方服みたいなモノで、割と普段着っぽい衣装らしい。トップ絵で描いてあるブラウスの細かい模様は省略してあります。

『Toketie』は(多分)インディアンの女性名で、10年ほど前にアメリカで研修していた時に知り合った自称インディアンのクォーターの女性が名乗っていた名前である。発音は多分『トーケティ』というのが一番近いように思うのですが、西海岸のアメリカンイングリッシュだと『トゥカーティア』とか『トカチヘーヤ』みたいに聞こえた。

そのインディアンクォーターのトカチヘーヤさんとは大学の同じ寮に住んでいたので時々話をする機会もあったのですが、彼女の話で一番面白かったのが、アメリカ合衆国の州名や都市名はネイティブアメリカン、つまりインディアンの部族名や酋長の名前から取ったモノが多いという話でした。

特に中西部ではその傾向が強いようで、『シアトル』『オレゴン』『コロラド』等の州名も元々はインディアンの部族名だという事でした。私が住んでいた町は『ウェナッチ』というワシントン州中部の小さな町でしたが、それもまた昔その地方にいた酋長の名前で、周囲の町も『オカノガン』『ワラウェク』『ファイフ』等英語っぽくない地名が多く、どうもそれらもインディアンの単語が元になっているようでした。

アメリカンインディアンは文字を待たないため、移民してきた白人に土地を奪われる前の記録というのは口伝でしか残っていない場合も多いらしいのですが、確かにそこに彼らがいたのだという事実が、自ら語らずとも地名というカタチでそこに刻まれて残っているのだと、アメリカの地図を見るたびに思うのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2004

中央アジア風

本家で展開予定の企画絵の練習。

utd040510.png

中央アジア風。
帽子に付いているリボン(?)が動きに合わせてヒラヒラ舞うのが面白い衣装です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2004

the dance

モダンやミュージカルみたいに飛んだり跳ねたりする踊りよりは
もっと地面に足のついた踊りの方が好き。

img/utd040424

タイトルの「the dance」はガース・ブルックスの93年のデビューアルバムに納めれれている曲から。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 07, 2004

なんちゃって中国少数民族風

■ラフ絵ノートから一枚

img/utd040407

ある企画絵のために各地の民族衣装っぽい絵を何枚か描いているのですが、
中国少数民族はバリエーションが多すぎて、細かいところを混同していると思うので
どの民族なのか分からない衣装になってしまってます。
だから『なんちゃって』(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)