« 静岡ホビーショーというか主にピンキーレポート | トップページ | 湯茶式ピンキー改造計画(その2) »

2005/05/22

湯茶式ピンキー改造計画

一般的なピンキーの楽しみ方としては、着せ替えて楽しむ、写真を撮って慈しむ、名前を付けて可愛がる等がありますが、それらを全てこなした上でついに飽き足らなくなった中毒患者の行き着く先は、そう、改造。

私もご多分に漏れずこれまでネタ写真を撮ってみたり、自分でリペインティングしたせきぐちさんピンキー等を制作してきましたが、やっぱ改造ってのはパテ盛って削ってなんぼという事で本格的に手を出してみました。

改造のネタとしてはいわゆる「キャラクター物」が一般的ですが、ちゃんとした計画無しにそんなモノに手を出すと改造どころかフルスクラッチになってしまって途中で二進も三進も行かなくなる割とありがちなパターンに陥りがちなので、今回は微妙に弱気に最小限の改造で出来そうな題材をオリジナルの絵の中から選択。オリジナルだから多少元イメージと違ったモノが出来上がっても無問題という利点も考慮した題材がコレ↓

utd050522_1

元々は本家のトップ絵だった女の子をなんとなくデフォルメして描いてみただけの絵ですが、これならそれほど無茶な掘削作業をしなくても何とかなりそうだったので。

主な改造ポイントを挙げると、

・上半身パーツのワンピース化
・腕にちょっと表情を入れる
・ブーツを膝上まで伸ばして脚の開きも角度を入れる
・他のピンキーと最低限の互換性は保つ
・細かいところはその場のノリで

そんな感じで一日半かけてパテ盛ったり削ったり切断したり接着したりした途中経過がコレ↓

utd050522_2

思いついて勢いで作業してしまったので作業途中の写真を撮っておかなかったのですが、どのパーツが原型になっているかお分かりでしょうか?腕は一度胴体から切り離して肘の角度を入れたりした後で仮留めした状態。

顔と髪はとりあえず余ってた既存パーツを付けてますが、元絵は黒髪でもうちょっと前髪が軽いイメージなので適当なパーツがあれば差し替えて色塗ってみる予定。

utd050522_3

ブーツのラインが綺麗に見えるように、肩幅くらいに脚を拡げ左脚を軽く引いて立つ、いわゆる「ヒーロー立ち」にしてみました。手にバスターソードでも持たせると似合いそうな感じ(笑

表面にコンパウンドをかけてさて塗装を、と思ったら使いたい色が切れていたのに気がついたので、「湯茶式ピンキー改造計画その2」に続く。

|

« 静岡ホビーショーというか主にピンキーレポート | トップページ | 湯茶式ピンキー改造計画(その2) »

イラスト」カテゴリの記事

改造」カテゴリの記事

コメント

>ピンキーさん
私も数人と同居をしていますが、そろそろ着替えを自作したいところ。
プラモはそれなりに作製していますが、この種の造形はやったことが無く、さてどうしたモノか?
申し訳ありませんが「参考文献」をご存じの方ご教授下さい。

ゲームキャラのピンキーさん作りたいな

投稿: 魚屋海乃輔 | 2005/05/28 13:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯茶式ピンキー改造計画:

« 静岡ホビーショーというか主にピンキーレポート | トップページ | 湯茶式ピンキー改造計画(その2) »