« 今日のピンキー:110221 | トップページ | 今日のピンキー:110222 »

2011/02/22

デジカメ遍歴

先日、某所で『ピンキーの撮影にはどんなカメラを使ってますか?』という質問をいただきました。その時は現在使っている機種を答えておいたのですが、このブログもこのカタチになってから約5年半、ピンキーの写真を撮りだしてからは6年以上、ふと思い返してみると結構いろんなカメラを使ってきた事に気づいたので、家中から持ってるカメラを全部引っ張り出して来てみました。

Dcm01

手元に残っているカメラは全部で7機種。ピンキー撮影用(笑)ではないカメラもいくつかありますが、私の『デジカメ遍歴』を振り返ってみようと思います。

Dcm02

・CANON PowerShot A20

私にとって最初のデジカメがこれでした。2003年の正月にパソコン屋で1万円の福袋を買って中に入っていたのがコレ。今調べたら発売は2001年のモデルなので、買ったときは既に2年落ちだったわけですね。画素数は約200万画素、単三電池4本で駆動するタイプでした。デカくて重いです。

Dcm03

裏面。液晶画面の小ささが目を惹きます(笑)。でもこの頃はみんなこんなモノでした。むしろ光学ファインダーを覗いて撮る方が一般的で、撮った画像の確認のための液晶画面という位置づけだったと思います。ちなみにこのカメラではピンキーの写真は一枚も撮っていません(笑)。ていうかピンキー以前のカメラなので。すでに10年近く経つカメラですがいまだに完動品で、現在は父親が使っています。

Dcm04

・CANON PowerShot S50

2005年頃に買った機種で、このブログの初期の写真もこのカメラで撮りました。画素数は約500万画素。特にCANONにこだわりがあったワケではないのですが、前の機種がCANONだったので次もCANONを買ってみたのだと記憶しています。ちなみに記録メディアはA20もS50もCF(コンパクト・フラッシュ)。

Dcm05

スライド・シャッターを開いたところ。スライド・シャッターが電源スイッチの代わりにもなっています。

Dcm06

裏面。この機種も光学ファインダーを備えています。約2年ほどピンキー撮影用として活躍した後、職場で現場用カメラとして使っていましたが、駐車場でうっかり落として中のレンズが割れてしまい現在は机の上でオブジェとして余生を過ごしています。

Dcm07

・OLYMPUS CAMEDIA FE-240

随分と最近のカメラっぽい外観になってきました。2007年9月頃に買ったカメラ。ピンキーの撮影の際には『マクロ機能』を用いて撮影する事が多いのですが、先のS50はそのマクロが非常に残念な感じだったので、何か良い機種はないかなとカメラ屋の店頭で眺めていたら『1cmまで寄って撮れる』のを売りにしていたのがこのカメラでした。実際にはそこまで寄る必要はないのですが、マクロの強力さに惹かれて買ったカメラ。

Dcm08

裏面。光学ファインダーがなくなり液晶がかなり大画面化しています。『手ぶれ補正』機能を持ったカメラが出始めたのもこの頃で、FE-240にも手ぶれ補正がついているのですが、手ぶれ補正を入れるとピントは合うのだけど妙にノイズが出る事があってピンキー撮影の際にはOFFにして使っていました。OLYMPUSのカメラの中ではエントリー機的な位置づけの機種ですが、軽いし小さいし、なによりウチのピンキー撮影環境には合っていたようでほとんど狙った絵の撮れるカメラだったので長らく愛用していました。ただしエントリー機という位置づけのためかマクロのON/OFFやフラッシュの設定が電源を切る度にリセットされてしまうのが難点と言えば難点。

Dcm09

・RICOH R8

この辺から趣味に奔ります。2008年7月頃に買ったカメラ。職場の同僚でRICOHのR6というカメラを持っている人がいて、旅行の時に一度貸してもらったら実に味のある絵の撮れるカメラだったので、後継機のR8が出てしばらくして値段が落ち着いてきたのを見て買いました。画素数1000万画素、光学7倍ズーム。マクロも強力で望遠でも余裕で寄れるため、一時期アホのようにピンキーの顔アップばかり撮っていました(笑

Dcm10

裏面。ボタン配置等はシリーズ共通でRICOHのカメラが好きだという方は操作性も評価している方が多いように思います。

Dcm11

・RICOH GR DIGITAL III

更に趣味に奔ります。R8で味を占めすっかりRICOH好きになった私が当然のようにステップアップ(笑)していったのがこのカメラ。買ったのは2010年3月頃。いわゆる『高級コンパクト・デジカメ』というカテゴリに分類されるカメラで、タモリさんが『ブラタモリ』で首に提げてるカメラとしても有名。ピンキーのおでかけ写真はこのカメラで撮る事が多いです。

Dcm12

単焦点28mm、F1.9という、分かる人には分かるとんがった性能のカメラで、シャッタースピードやら露出やらホワイトバランスやら絞り値やら自分で設定できて、正直全部の機能を使いこなせているとは思いませんがなにしろ楽しいカメラです。液晶画面のキレイさも特筆モノで、撮った写真をパソコンに取り込んでモニタで見ると逆にがっかりすることもあるくらい(笑

Dcm13

・OLYMPUS Optio W80

これは私物ではなくて会社の備品のカメラ、なんだけどウチの職場はほぼ一人一台のカメラを持っているので事実上私物。普段はカラビナを付けてベルトにぶら下げて持ち歩いています。防水防塵耐衝撃が売りで、実際これまで沢に落としたり作業着と一緒に洗濯したりもしましたがまったく問題無く作動しています。男のギアっぽい外観も気に入ってるカメラです。

Dcm14

・RICOH CX3

RICOH3台目。ピンキー撮影用カメラとしてR8に不満があったわけではないのですが、R8→R10→CX1→CX2→CX3と半年に一度新しい機種が出るとやはり気になるモノで、2010年9月にCX4が出て型落ちのCX3の値段がだいぶこなれてきたのを見て買ってみました。現在ピンキー撮影用カメラとしてメインに使っているのがコレ。R8に不満がなかったと書きましたが、さすがに4機種も世代交代するとスペックの数字以上に細かいところがブラッシュアップされていて使いやすいカメラになっていました。先日のWF2011[冬]のレポート写真もCX3で撮ったのですが、イベント会場のような光の条件が場所によってまちまちな環境で何枚も写真を撮っていると、R8の場合はどうしてもぼけていたり色の被った写真があるのに、CX3ではほぼ自分の目で見たまんまの写真が撮れる、という印象でした。

Dcm15

裏面。R8とほぼ同じ配置のボタン類。R8ですっかりこの配置に慣れていたのでCX3を買ってもまったく迷わず操作できました。ちなみに画素数は1000万画素ですが、普段ピンキーの写真を撮る際には300万画素(2028*1536)の設定で撮っています。ブログ用に480*360に縮小するのでこれくらいで充分。

Dcm16

CX3に付けて使っているストラップ。「ULYSSES」というカメラケースやストラップのメーカーのスプートニクという革製ストラップ。丸い革紐の部分に手を入れて手首に締めて使います。超お薦め。

という感じにデジカメ遍歴でした。途中からすっかりRICOH好きになってしまったので、次はCX5かCX6辺りかな(笑)などと考えてますが、これからもいろいろなカメラでピンキーを撮っていきたいですね。

web拍手

|

« 今日のピンキー:110221 | トップページ | 今日のピンキー:110222 »

その他」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ遍歴:

« 今日のピンキー:110221 | トップページ | 今日のピンキー:110222 »